データマネジメントサービス | TIS Enterprise Data-Driven Innovation

複雑化し増加するデータを分析し、ビジネスの課題解決やイノベーションに活用する

膨大かつ多種多様なデータが蓄積されるようになった今、データを管理・分析・活用するニーズが高まっています。しかし、「何から手を付けて良いかわからない」「社内に散在しているデータを把握できていない」「分析スキルを持つ人材が社内に居ない」といった課題が企業のデータ活用を阻んでいます。こうしたデータ活用の課題を解決するのが「TIS Enterprise Data-Driven Innovation」です。データ活用における下記のような“バッドサイクル”を解消し、貴社のデータマネジメントを強力に支援します。

データ活用の推進を阻む課題の「バッドサイクル」

図

こうした課題をTISが解決!

ビッグデータ分析の課題・要件に応じて適切なサポートを
ワンストップでご提供します。

TISのデータ分析コンサルティングサービスは、下記のようにフェーズ別のソリューションで構成されています。「データの活用でどんな効果が得られるのか?」といった疑問から、「データ分析のシステム基盤を構築したい」といった具体的なデータマネジメント導入まで、お客様の課題や要望に応じて、最適なサポートをご提供します。

図

本格的なデータマネジメントを始める前にデータ分析を簡単!クイックに試せる!「Quick Data Assessment」はこちら

TISのデータ分析 3つのポイント

日本特有の業界・業種知識とコンサルティングスキルを活用

TISは国内企業へのITサービス提供を通じ、日本特有の業種業界知識とコンサルティングスキルを保有しています。これらを活用し、お客様の経営・業務の課題抽出から、最適な分析方法の選定、改善施策の立案・実行までをトータルでサポートします。

さまざまな業界・業種に関する豊富な知見

図

適切なデータ分析手法をご提供

データマネジメントに必須となるシステム部門との“橋渡し”も

データ活用は現場でビジネスに携わる事業部門主導で進められます。しかし、システム部門の協力がなければ、必要なデータの収集やデータ統合などは行えません。システムと業務に関する知識と経験を併せ持つTISは、事業部門とシステム部門の橋渡しの役割を担い、データ分析・活用のライフサイクル形成からデータマネジメント基盤の構築までをワンストップでご支援します。

データ分析のリーディングカンパニーとのパートナーシップ

TISは国内外のデータ分析ソリューションベンダーとの協業により、高度なデータ分析基盤とデータサイエンティストによる高水準の分析コンサルティングを提供します。TISのコンサルティングノウハウに各社の分析実績や知見を組み合わせ、企業のデータ活用強化を共同で支援します。

協業ベンダー

カテゴリー 提携パートナー/取り扱いソリューション
データ分析/解析
クイックPoC環境提供
Hadoopソリューション
DMP/分析プラットフォーム
高度な
データ分析スキル
icon

経験豊富なデータサイエンティスト陣がさまざまな分析手法を駆使し、データ分析結果を提供します。

日本企業に最適な
分析手法
icon

海外事例やリファレンスモデルをもとに、日本の企業に最適な分析方法にテーラリングし、効果的な分析を実施します。

世界水準の
分析基盤
icon

TISが提供するクラウド上の高度な分析基盤を利用すれば、早期に低コストでデータ分析を開始できます。

業界別 ビッグデータ分析による効果例

  • オムニチャネル顧客分析

    ID保有顧客の行動パターンを分析。店舗/モバイルを活用した最適なプロモーションによる効果アップを実現。

  • コールセンターにおける顧客行動分析

    お客様からの問い合わせを適切な担当者への転送し、オペレータからの折り返し連絡を削減することでコストを大幅に削減。

  • 複数病院における患者の入院期間分析

    入院患者の入院期間の最適化により、コスト削減を実現。

  • オムニチャネル顧客分析

    クレームなどによる“自動車の買い戻し”の10%を削減。

データ分析を“簡単!クイック”に試してみる! Quick Data Assessment

「Quick Data Assessment」は、お客様のデータを活用し、短期間・低料金でデータ分析を行い、分析結果をご提示するサービスです。どんな分析結果が得られるのか?
自社の経営・業務上の弱点は何?など。本格的なデータマネジメントを導入する前に、お客様の目でお試しいただけます。 テーマのご検討(右記の4テーマの中から1つ選択)から、分析結果ご報告までは約2カ月という“クイックな分析”です。

※データのご提供方法や分析を行う場所などについてはご相談に応じます。

「Quick Data Assessment」 標準的な進行スケジュール

スケジュール

※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、
米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。