• その先の経営へ教育で解決
  • 欲しいのはダイバーシティ経営の第一歩
  • 欲しいのはITやセキュリティの知識
  • 欲しいのはコンプライアンスの知識
  • 欲しいのは業界や業務に特化した教育

生産性を上げること。
それは組織に対してコミットすること。

人材不足、経営課題として取り上げられている昨今、
特定のスキルの教育だけではなく、
総合的な社員教育の必要性が増してきています。

  • 従業員同士の
    多様性を受け入れる
    意識や風土改革
  • 近年猛威をふるっている
    標的型メールや
    サイバー攻撃
  • 厳密に法律を守るべきという
    社会的要請が
    強まっている
  • 業界や業務スキルは常識
    知識と経験から

従業員教育を改めて考えてみませんか?

多くのお客さまに選ばれているのには理由があります

効果的な学習や研修で理解度が高まり
業種を問わず多くのお客さまから選ばれています

  • ダイバーシティ研修後の
    受講者の意識の変化

    「ダイバーシティ」についての
    意識が変わった

    0

  • 標的型攻撃メール耐性
    訓練サービスのリピート率

    0以上

  • 導入実績

    • 日本郵政株式会社
    • 株式会社ニチレイ
    • サントリーホールディングス株式会社
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 阪神電気鉄道株式会社
    • 大阪高速鉄道株式会社

    0以上

    ※楽々てすと君

お客さまの欲しいに
答えを出します

  • 欲しいのはダイバーシティ経営の第一歩
  • 欲しいのはITやセキュリティの知識
  • 欲しいのはコンプライアンスの知識
  • 欲しいのは業界や業務に特化した教育

専門家が監修した
「女性活用や育児休業、障がい者雇用」などの人事・経営系や、
情報セキュリティや個人情報保護法などのIT・コンプライアンス系、
また業界や業務に特化したeラーニングコンテンツ及び、
集合研修等の教育サービスをご提供いたします。

お客さまにぴったりの教育環境作りなら
TISにご相談ください

Q&A

教育サービスはどのように提供されますか?
当社eラーニングシステム「楽々てすと君」形式、SCORM形式、オンサイトおよびオンライン形式など教育サービスの内容によってさまざまな提供形式がございます。
カスタムメイドの教育サービスは提供可能ですか?
可能です。
お客様のニーズやご予算に応じてさまざまな形態でのご提供が可能です。
教育コンテンツ作成を支援するツールやサービスも提供可能です。
eラーニングでSCORMという言葉を聞きますが、対応していますか?
SCORM(Shareable Content Object Reference Model)は、eラーニングのプラットフォームとコンテンツの標準規格です。アメリカの国防省系の標準化団体ADL (Advanced Distributed Learning Initiative) が制定しています。当社eラーニングシステム「楽々てすと君」ではSCORM1.2および2004(3rd Generation)形式の教材の取り込みが可能です。
掲載のないコンテンツやサービスの提供は可能ですか?
当社は、現在さまざまなコンサルティング会社やコンテンツベンダー様と協業を進めています。
まずは、お問い合わせフォームにてお気軽にご連絡ください。
てすと君シリーズとは何ですか?
eラーニングシステム「楽々てすと君」をはじめ、コンテンツ提供及びオンサイト教育サービス「学べるてすと君」、eラーニングに関わる各種運用支援サービス「おまかせてすと君」をラインアップしたTISの教育サービスのブランド名です。