どうやって365日24時間稼働のシステムをほぼ無停止で安全・スムーズにサーバー移行できたのか!?

とある昼下がり・・・私は上司に呼び出されました。時々発生するサーバートラブルによる呼び出しだと思っていたのですが・・・
今すぐ詳しい資料をダウンロードする

OX製造株式会社 DBAマネージャー 岡田 孝之 35歳

マンガを読みながら答えを探してみましょう!

マンガ1

データ連携における課題

  • 1 異種システム間でもデータを連携したい
  • 2 リアルタイムにデータを連携したい
  • 3 連携によって既存のDBに影響がでないだろうか?
  • 4 国内・海外拠点でバラバラに管理しているデータを連携したい
  • 5 連携にバッチ処理やカスタマイズで、コストをあまりかけたくない
  • 6 ビッグデータを活用する上で、データ統合基盤を整える必要がある

7 DBの乱立で運用負荷が増えてる。見直せないだろうか?

マンガ2

Oracle GoldenGateで低負荷でリアルタイムなデータベース連携を実現

異種連携性
異なるデータベース環境をもったシステム間での連携が可能
異なるデータベース環境間での連携をサポート
低負荷
データベースやネットワークへの負荷を最小限に抑えることができる
Oracle GoldenGateが低負荷である理由
リアルタイム性
リアルタイムでスピーディーな連携ができる
リアルタイムに伝播することで、障害発生時のデータ損失を最小限に抑えたり、リモートサイトで最新のデータを分析することが可能

マンガ3

TISが移行業務を全面サポートします!

TISのメリット・強み

1 『TIS Enterprise Architecture Laboratory(EAラボ)』にて投資対効果の事前検証が可能

お客様のITシステム更改による投資対効果をより確実なものとするための研究・検証施設としてOracleのエンジニアド システムズを活用した『TIS Enterprise Architecture Laboratory(EAラボ)』もご用意しています。

「顧客のビジネスに貢献」することを目指し、単にハードウェアのパフォーマンスだけではない、ビジネスのパフォーマンスを検証することを目的とした施設です。

データ活用というテーマでは、「経営指標のリアルタイム分析や決算早期化などの経営課題・業務課題に対するITシステムの最適化検証」や「ビッグデータやクラウド活用のための、ITシステムデザインの概念実証」が可能です。

EAラボでは、第一弾として、「データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine」や分析専用マシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine」などのオラクルのエンジニアド システムズを活用したソリューションの検証環境を提供します。

2 企業内の情報を分析して経営に役立てるBI/DWHソリューションのIT戦略立案~システム構築・運用保守のノウハウ

TISは金融、製造、流通・サービス、通信、公共など、様々な業種のシステム構築・運用保守の実績があります。

長年にわたり、数多くの企業のシステム構築・運用を手がけてきたTISが様々な業界・業種の業務知識や技術力、マネジメント力などを活用し、企業内の全ての情報をデータウエアハウス(DWH)に連携させる各種ソリューションを用意しています。

また、BI/DWHのシステム構築だけでなく「戦略」「活用」など、人の判断が介在する部分についても支援いたします。

3 Oracleソリューションの豊富な実績による経験と知識

TISは、Oracleのアプリケーションからデータベース、ハードウェアまでフルスタックでOracleソリューションを提供しています。

TISはオラクルプラチナパートナーです。

オラクル認定コンサルタント FIN、SCM、Hyperion含め約400名

オラクル認定DBエンジニア Oracle Master Platinum 10g/11g含め約100名

Oracle GoldenGateを活用したデータ統合や連携、Oracle Exadataなどのエンジニアド システムズを活用したビジネスインテリジェンス(BI)活用基盤構築のご支援は、認定コンサルタント・DBエンジニアたちがサポートしますので、安心して導入していただけます。

マンガ4

  • 今すぐ詳しい資料をダウンロードする
  • お問い合わせはこちら

  • 今すぐ詳しい資料をダウンロードする
  • お問い合わせはこちら

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※Oracle とJava は、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、
いかなる契約にも組み込むことはできません