TIS

Excel作業からの脱却で働き方を変える“成功の鍵”を課題別の事例から読み解く!

クラウドサービスOracle PBCS※なら、グループ予算管理サイクルの早期化・業務負荷軽減、および多軸分析による経営管理の高度化を実現します。

  • 各社の課題解決事例集
  • 無料Web診断実施中

確実な経営計画達成に欠かせない予算管理業務。Excel集計を駆使した手作業中心…
という企業がまだまだ多いようですが、柔軟性が高く手軽で使い勝手がよい反面、
様々な不満や課題を抱えているようです。

Excelではそろそろ限界!でもシステム化は大変…
企業が直面する課題・悩みとは?!

  • 分析に時間がかかりすぎ!
    スピードアップ&高度化していかないと
    勝ち残れない

    「ブランドごとの収支を可視化して、Excelで1日かかっていた作業が10分になりました」

  • 部門ごとの予算執行状況等の
    データ管理、入力ミスやデグレ発生など
    とにかく効率が悪い

    「データを一元管理。ワークフローも実現。変更履歴管理でデグレリスクも減少しました」

  • 営業/施工/経理や各支店など
    関連部門が多くデータ収集や
    定型資料配布が大変

    「各部門がシステムに入力&閲覧でき、Excelシート収集や定型資料配布の手間がなくなりました」

  • 社内システムは時間もコストも
    かかる…自分たちのペースで
    少しずつ導入したい

    「クラウドならではの特長を生かし、まずは入れてみて“やりながら拡張していく”ことにしました」

「Oracle PBCS」で、一歩先の予算管理業務を実現しました!

  • 各社の課題解決事例集
  • 無料Web診断実施中

お問い合わせはこちら

TISによる4つの導入事例

分析に時間がかかりすぎ!
スピードアップ&高度化していかないと勝ち残れない

「事業の急成長と、それに対応するための組織再編で、増え続けるカードブランド別収支など“数字”の把握が困難になっていました。 そんな中、TISの支援により、クラウド型管理会計/予算管理ソリューション「Oracle PBCS」を導入した結果、Excelで1日かかっていた作業を10分に短縮することに成功。目まぐるしく変化するブランド別経営状況をタイムリーに把握できるようになり、営業部長からも『まさにこういう情報が欲しかったんだ!』と言われました。」

信販業

部門ごとの予算執行状況等のデータ管理、
入力ミスやデグレ発生など、とにかく効率が悪い!

「私たち情シス部門では、エクセルを活用して手作業で全社IT予算を部門ごとに管理していました。 その中で、『複数シートにまたがり運用が複雑』『シート共有によるデグレやファイル損傷』『手作業によるミス』などのリスクが課題となっていました。 これらを迅速に解決するために、スピード導入が可能なクラウド型のOracle PBCSを導入。
ワールドワイドで大きなシェアをもつHyperion※のエンジンによる多軸分析を見て、『これなら課題を解決して分析を効率化できる!』と直感しました。
※ Oracle Hyperion Planning

保険業

営業/施工/経理や各支店など関連部門が多く、
データ収集や定型資料配布が大変!

「支店ごとに予算予測や受注高・施工高シミュレーションなどのデータを入力、それらを本社の営業部門や施工部門がとりまとめ、経理部が調整入力・科目振替などを行い、経営企画部が経営向け帳票や決算資料を作成する…など関係部門が多岐に及び、Excelデータの収集や定型資料の配布が大変でした。
Oracle PBCSを導入したことでExcelデータ収集の手間がなくなり、浮いたリソースを分析業務にシフトすることができるようになりました。

建設業

社内システムは時間もコストもかかる…
自分たちのペースで少しずつ導入したい!

「各部門でOracle PBCSに数値を投入し収支が把握できるようになるのが最終目標ですが、現場の業務フロー変更には時間がかかるので、まずは経営管理室で試験的に導入し収支分析を始めました。
3年後、5年後のビジネスがどうなっているのか予測できない中で、まずは入れてみて『やりながら拡張していく』ことができるのはクラウドならではのメリットだと思います。
引き続きTISに支援してもらいながら、部分最適から全体最適に向けて活用を拡大していく予定です。」

製造業

  • 各社の課題解決事例集
  • 無料Web診断実施中

お問い合わせはこちら

Oracle PBCSの特長

特長1クラウド型オールインワン・アプリケーション

「ERP連携」「多次元データベース」「データ入力画面」「ワークフロー」「レポート作成」「データ分析」など、管理会計・予算管理で必要となる機能をクラウド型で提供。Excel中心の業務から脱却し付加価値の高い業務へのシフトを実現します。

特長2国内外でシェアNo1の
「Hyperion Planning」がベース

グローバル6,000社/国内300社以上の実績を誇り、予算管理・管理会計領域において世界で最も使われている「Hyperion Planning」をベースとしており、大切なデータは万全の物理セキュリティを誇るOracle Cloud Data Centerで運用されます。

特長3Excelとの高い親和性で、現場社員が使いこなせる!

Excelに近い形式のWebフォームに入力、Webで登録したオブジェクトは追加設定なしでExcelからも利用できるなどExcelとの高い親和性で、現場社員でも直感的に使いこなせます。

特長4多軸(多次元)管理による高度な分析がカンタンに!

多次元構造のデータ管理により、様々な軸を組み合わせ、必要な粒度で多角的にデータ分析できます。分析結果は、定型帳票/ダッシュボード/Excel分析など様々な手段で出力・閲覧して活用が可能です。

TISでは、全体の設計を考慮した
最適なご提案を行い、
システムの導入実施をサポートしております。

導入後の拡張支援システムの全体支援
も対応可能

  • 強み1
    経営管理領域の
    ノウハウを生かした
    システム構築実績
  • 強み2
    業種・業態に合わせた
    テンプレートを保持し
    短期導入が可能
    (例:IT予算執行管理)
  • 強み3
    国内トップクラスの
    オラクル認定資格
    取得者数

TISでは、金融業を含め幅広い業種での「Oracle PBCS」導入で培ったノウハウを元に要件定義からトレーニングまで、トータルサポートする「TIS予算管理ソリューション」を提供しています。低コスト(200万円~)&短期(最短1.5ヵ月)で「Oracle PBCS」導入を目指すなら、TISにご相談ください。

  • 各社の課題解決事例集
  • 無料Web診断実施中

お問い合わせはこちら

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、 いかなる契約にも組み込むことはできません。