RPAの導入なら実績豊富で安定感のあるTISにお任せください

RPA|TISが提供するRPAソリューション

デジタルレイバーに
よる生産性改革・
働きかた改革の決め手

ホワイトペーパー|ダウンロードはこちら

WHAT IS RPA?
RPAとは

RPAによる自動化の5つのメリット

RPAによる自動化の
5つのメリット

既存のIT資産に手を加えることなく、複数のアプリケーションを跨いだ、入力、突合、条件判断、承認などの処理を自動化することで大きなメリットを得ることが出来ます。


RPA自動化のメリットを知る

RPA適用業務

RPA適用業務

RPAの導入に適した業務としては、デジタル化された情報を扱う業務、ルール化が可能な業務、費用対効果を望むことができるボリュームのある業務などが挙げられます。さらに詳しい具体的な適用業務をご紹介します。

RPAの適用業務を知る

RPA導入・展開で注意すべきポイント

RPA導入・展開で
注意すべきポイント

RPAは従来のシステム開発に比べ安価ですが、大規模なシステム投資にならないからといって、深く考えずに自動化を進めてしまうと、思ったように展開が進まない、投資対効果が得られない、といった場合も有ります。注意すべきポイントをご紹介します。

注意すべきポイントを知る

Why TIS?
TISのRPA

フルサポートRPA

フルサポートRPA

基幹システムとの連携や、導入後の運用を意識し、RPAの構想策定・PoCから本格展開までをワンストップでサポートします。

フルサポートRPAを知る

ニーズに合わせて選べるRPA

ニーズに合わせて
選べるRPA

国内外で多くの稼働実績を持つ製品をラインナップに揃え、お客様のニーズ・利用用途に応じて最適なRPA製品を提供します。

ニーズに合わせて選べるRPAを知る

豊富な実績と業界ノウハウ

豊富な実績と
業界ノウハウ

大手製造業や金融機関をはじめとして多数のRPA導入実績があります。多様な業種業界での実績とノウハウを活かして生産性向上を支援します。

豊富な実績と業界ノウハウを知る

APPLICATION CASE
業務適用事例

SHOW CASE
導入事例

COMING SOON

RPAによる業務自動化で定型オペレーションの作業時間『8割削減』に成功
横河電機株式会社

COLUM
コラム

なぜ、いまRPAなのか?

RPAで実現できること

RPAがめざす未来

PRODUCT LINEUP
プロダクト⼀覧

UiPath Robotic Process Automation

UiPath

導入実績は国内外でトップクラス。分かりやすい画面、ERP等との連携、デスクトップ型からサーバ型まで幅広い品揃えで全社の業務効率化を実現する。

詳しく見る

RPA Smart

RPA Smart

わかりやすいUIで、早く・簡単に定型業務の自動化が可能。国内導入実績の豊富な製品をベースとした、一定額で際限なく構築可能なTISオリジナルソリューション。

NICE

NICE

全自動ロボと、人の判断操作と組み合わせるアシストロボがある。ユーザー業務の計測ツールを活用でき、単なる自動化ではなく業務改善に効果を発揮。

詳しく見る

WinActor

WinActor

NTTグループで培った技術を基に開発されたスモールスタートに最適なRPAツール。日本語GUIやマニュアルを完備し、低価格で提供が可能。サポートも充実。

詳しく見る

SERVICE MENU
サービスメニュー

01|クイックPoC サービス

構想に時間をかける前に、短期間のPoCを通じて、RPAで何ができるのかを体感し、適用可能性を判断する。

02|RPA コンサルティング ソリューション

内部統制、統合管理、開発標準等のルール整備や運用設計までを含め、RPAツールの導入を実施する。

03|RPA構想支援 コンサルティング ソリューションサービス

他組織への展開や将来のAI活用も意識しながら、RPAの導入意義明確化、効果試算、展開ロードマップの作成を行う。




ページトップへ戻る

受注情報の登録

営業

顧客毎に異なる紙の注文書をOCRで読み取り、受注システムに自動登録する。

日報の集計

営業

営業各担当者が営業活動情報を登録した結果を、集計して翌朝速報値としてメール配信する。

全般

営業

実行中処理の進捗、判断や指示のRPAからのポップアップをタブレットやスマホで確認し、後続処理の指示を出す

受注、検収

営業、業務

得意先からの証憑受領をFAXや郵送から、クラウドファイル共有に変え、受領ファイルのOCR変換、基幹システムへの登録、返信書類の返送(格納)までの一連のプロセスをRPAで自動化する。 証憑は電子保存。

支払伝票登録

経理

大口顧客からの電子データによる精算(請求)情報から、支払伝票として計上すべき金額を取得し、会計システムに伝票登録する。

請求書の作成及び確認依頼

経理

基幹システムに登録されている請求情報を元に、Excelで請求書を作成し、上長に対して確認承認依頼のメールを送信する。

入出金明細のデータ連携

経理

グループ管理システムから子会社を含む関連会社の入出金データをダウンロードして各会社単位にデータを振分けて、各各社システムにインポートする。

請求(の電子化)

経理

郵送物を廃止すると共に、同封の明細や関係部署が作成する付属資料を、共有フォルダに集めた後、相手方へメール送信する。

発注

購買

API開発できない、大手仕入先メーカーのEDI画面に、基幹システムから発注情報を転記入力する。

納品確認・売上

購買・物流

納品時の受領書をスマホで撮影し、クラウドフォルダへアップロード。これをトリガーに売上処理と支払処理を起動

音声データへのインデックス付与

コールセンター

顧客管理システム上の情報を元に、顧客属性情報を通話録音システムのインデックス付与画面へ登録する。

マスタ登録

システム

事業部門からExcelなどで提出された取引先、品目、勘定科目等のマスタ情報を自動で基幹システムに登録する。

派遣社員管理台帳作成

人事

社員データ一覧から派遣元管理台帳、就業条件明示書を作成する。

受注生産情報の登録

生産

固有の受注管理システムに登録された内容を基幹システムの受注生産指図として登録する。

申し込み内容登録

入力センター

紙等で申し込まれた内容をOCRでデジタル化し、申込内容をチェックしシステムに登録する。

会員登録

入力センター

会員として登録された顧客の情報を、基幹システムの取引先マスタに登録する。

出荷指示

物流

3PL先の倉庫管理への出荷指示入力を基幹システムへ連携する。

SNS、ブログ登録

マーケター

Excel等で作成した投稿原稿を読み取り、SNSやブログに登録作業を行う。

経費精算

営業

日々の交通費等はExcelに入力しておき、月でExcelをフォルダに格納しておくと、自動で経費精算システムに登録する。

コールセンターアウトバウンドリスト作成

コールセンター

複数のシステムから顧客情報を抽出し、Excelファイル形式のアウトバウンドリストにマージし一覧化する。

変更住所整合性チェック

コールセンター

複数のシステムに入力した変更住所データの照合および住所マスターデータ上存在する住所かチェックする。

通話明細書作成

コールセンター

顧客毎にフォーマットや明細表示要求項目が異なる通話明細表を自動作成する。

工数一覧表作成

コールセンター

複数のプロジェクトに従事するコールセンター要員の工数を集計し、プロジェクト毎の工数集計一覧、オペレータ毎の給与支給マスターデータを作成する。

不正チェック

システム

インサイダー取引に関わっていないか、退職予定者が社外秘情報を社外に提供していないか等をメールアーカイブシステムでチェックと行う。(秘匿情報のため、上位権限者しかすることができない、煩雑な業務を代替する)

システム利用状況モニタリング

システム

各拠点のシステム利用状況をモニタリングし、結果をExcelで一覧化する。

検収リマインド

調達

購買システムの未検収情報を抽出し、営業担当者に対して検収リマインドメールを送付する。

取引先情報のアップデート

調達

下請法対応を考慮し、定期的に資本金情報、および外部審査会社の評点をチェックし取引先マスタに更新する。

競合他社調査

経営管理

競合他社の株価、ニュースリリース等を各社サイトにアクセスに情報を一覧化する。

競合製品の市場価格調査

マーケター

自社の競合製品をWeb上で検索し、どのサイトでいくらで販売しているか、評価点等を一覧化する。

勘定明細のダウンロード

経理

勘定科目が締まった日の夜間に、勘定明細をダウンロードし指定のフォルダに格納する。決算担当者は朝一から本締め作業に着手することが可能になる。

入金消込

経理

個人のクレジットカード入金のような大量な明細数になる場合に消込作業を行う。

長時間労働者のチェック

人事

長時間労働者の一覧化と担当部署管理職へのアラート連絡を行う。