Oracle WebLogic/Oracle Fusion Middleware

背景と課題

現在のITシステムの役割は、収益拡大や新たな価値を生み出す仕組みを提供することです。

1分1秒でも早く市場にITシステムを投入する事が重要

インターネット時代の激しい競争を勝ち抜くためにはサービスの開発スピードが競争優位を導きます。

従来の開発の問題点
  • 新しいITシステムを開発するには、多大な開発期間を必要とする。
  • 既にITシステム(サービス)があるのに有効利用できない。
  • 市場は常に変化するのに、ITシステムが変化に追従できない。
  • さまざまなシステムは、標準化が考慮されておらず、システム連携も容易に実現することができない。
  • 新サービスの開発コスト・営業コストが膨らむばかりで、収益に影響し続けるという悪循環。

SOAソリューションは、開発期間を劇的に短縮し、あなたの会社のIT戦略を成功へと導きます。ビジネスの変化とITシステムを常に同調させ、3年後には埋められないほどの大きな競争優位性を実現します。

  • ※1 SOA(サービス指向アーキテクチャー)
    さまざまなシステムの機能、コンポーネントがサービスとして利用できるように公開され、サービスを柔軟に組み合わせシステムを構築する手法。

Oracle Fusion Middleware/WebLogicの概要

TISでは、 Oracle Fusion Middleware/WebLogicを利用してSOAソリューションを実現します。Oracle Fusion Middleware/WebLogicは、システム構築の柔軟性や俊敏性を高めることができるサービス指向アーキテクチャー(SOA)を実現するための、製品ファミリです。
Oracleの製品ファミリを利用することにより、SOAを実現するためのさまざまなWeb中間層サービスおよびその実行基盤が提供されるので、開発者は柔軟にサービスを組み合わせることが可能になり、ビジネスの変化対応力を向上させることができます。

Oracle Fusion Middleware

統合型アプリケーション中間層製品群

Oracle WebLogic

Oracle Fusion Middlewareの基盤となるアプリケーション実行基盤

特長

Oracle Fusion MiddlewareのSOAテクノロジー

  • ITに関する総費用の低減・資産の活用・生産性と即応性の向上を実現するアプリケーション・インフラストラクチャー
  • ビジネスの俊敏性と効率性の向上というSOAのメリットを実現するサービスインフラストラクチャー

アプリケーションの開発から統合までのプロセスをシームレスに集約するOracle WebLogic は、企業がソフトウエアに費やす時間やコストを節減し、システム連携を容易にし、IT開発スタッフの生産性を高めます。さらに、複雑性を排除することで、IT組織は刻々と変化するソフトウエア要件に機敏に対応することができます。

J2EEをより使いやすく

Oracle JDeveloper
Oracle Enterprise Eclipse Pack

世界をリードするアプリケーション・サーバー

Oracle WebLogic Server

高性能および安定性を提供する基盤

Oracle JRockit/VM RealTime

ビジネスの俊敏性と効率性の向上というSOAのメリットを実現する サービス・インフラストラクチャー

Oracle Fusion Middlewareは、アプリケーション中間層として実行されるプラットフォーム製品群で、SOAでのシステム設計に対応した統合型アプリケーションプラットフォーム製品ファミリです。ほぼ全てのプラットフォーム上でサービスを構築し、サービスの検出、セキュリティー設定、管理を行い、サービスからコンポジット・アプリケーションやプロセスを組み立てることができます。

ビジネスプロセスを記述、実行、最適化する

Oracle BPM Suite

プロセスをシステム上に定義、実行する

Oracle BPEL Process Manager

エンタープライズポータルなどをサービスインフラストラクチャー上で構築できる

Oracle WebCenter Suite

ID管理、SSO、Webサービス管理などの統合セキュリティー・インフラストラクチャー

Oracle Identity Management Suite/Oracle Web Services Manager Enterprise Security

大量/高速なデータ連携サービスの構築、変更、再利用を実現する

Oracle Data Integrator

異種混合環境でのサービスの管理を効率化

Oracle Service Bus
Oracle Service Registry

導入のメリット

Oracle WebLogic

WebLogicの基本的なシステム構成は、クライアント層にブラウザー中間層にWebLogic Serverそしてデータ層にデータベースなどを配置したn 階層アーキテクチャーを適用します。

Web Logic
クライアント層 中間層 データ層
JSP、Servletのダイナミックコンテンツ作成能力によってリッチなユーザーインターフェースをHTMLで提供 EJBフレームワークによる高い生産性 強力なトランザクション管理による高速のデータベースアクセス
コンポーネントテクノロジによる再利用性
ブラウザー オンラインモール、文章管理、社内掲示板、情報検索 RDBMS、ObjectDB
TCO削除 短期間開発 コストパフォーマンスの向上
運用・管理コストの削減
  • クライアントはブラウザーのみの環境のため、非常に低コストなシステムの構築可能です。
  • 中間層にビジネスロジックを集中させることにより、運用・管理コストの削減が見込まれます。
  • 中間層に集中させたトランザクションを分散させることにより、優れたパフォーマンスを実現いたします。

Oracle Fusion Middleware

IT面のメリット

複雑さの低減

標準に基づく高い互換性により、複雑で時間のかかるポイント・ツー・ポイント統合を極力不要にします。

再利用性の向上

ビジネスサービスを繰り返し再利用することで、COLA(Compose-Once-Leverage-Anywhere:一度組み立てればどこでも利用)の理念に沿った効率性を実現できます。

ライフサイクルコストの削減

レガシーアプリケーションを再利用可能なサービスとして活用することで、保守および統合のコストを削減します。

ビジネス面のメリット

即応性の向上

コンポジット・アプリケーションの組み立てモデルを利用することによりビジネスのニーズに応える新しいサービスを迅速に投入し、市場機会を確実に捉えることができます。

効率性の向上

連携が取れずに機能が重複しているプロセス群をサービスに変換し、再活用と共有を促進することで保守コストを削減します。

俊敏性の向上

ビジネスを止めることなくアプリケーションを実装・更新しながら、複雑さと手間は最小限に抑え、カスタムビジネスロジックの所有権も保持します。

モデルケース

TISでは、ミッションクリティカルなWebサイトから、社内の基幹システムまで、Oracle Fusion Middleware/WebLogicを組み合わせた大規模システムの導入実績が多数あります。これらは、企業のIT戦略に対して大きな効果を上げており、導入・運用サポートの豊富な実績において、多くのお客さまの信頼を得ています。

大手電機メーカーさま

製品の設計・開発・製造・販売・生涯収支に関わるさまざまシステムをBEA WebLogic/BEA AquaLogic(現Oracle WebLogic/Oracle Fusion Middleware)を利用して構築し、保守開発および製品サポートなどトータルにサポート。

大手飲料メーカーさま

受発注などの基幹システムを構築し、保守開発および製品サポートなどトータルにサポート。

大手販社メーカーさま

販売・在庫・購買管理などの基幹システムを構築し、保守開発および製品サポートなどトータルにサポート。

その他

大手クレジット会社さま、メーカー、流通など

サービスメニュー

TISが提供するWebソリューション

TIS株式会社は、日本オラクル株式会社の販売パートナーであるとともに、Oracle WebLogicおよびOracle Fusion Middlewareを利用したシステム提案、構築、開発、運用まで広範なサービスを展開いたしております。

Java が誕生し、Web技術が普及したこの数年、情報システムの構築方法が大きく様変わりしようとしています。これまでの高機能パソコン端末によるクライアント・サーバーシステムから単機能なブラウザーを利用した、Webベースシステムへの移行が急速に進みつつあります。こうした状況の中、Oracle WebLogicに代表されるアプリケーションサーバーへの関心、期待も日増しに高まっております。

一方で、アプリケーションサーバーに求められるもの、生産性、スケーラビリティ、アベイラビリティ、といった、ともすれば抽象的な概念ばかりが先行しがちであるのも皆さま方がご承知の通りです。

当社としましてはOracle WebLogicを中心としたこの分野において、より具体的かつ、明確なシステム提案を行っていく上で幾分なりとも御社のお役に立つことができればと考えております。

サービス内容

お客さまのメリット

  • お客さまの投資計画に基づき、段階的なシステムの拡張が容易に行える
  • Oracle WebLogic を採用することにより、信頼性の高い・高機能なサイト運営が行える
  • 実績と信頼を有するTISのシステム構築・運用サービスを活用することにより、お客さまは実業務に専念できる

通常の製品サポートにおける悩み

システムトラブルにおける、お客さまの役割は、通常、障害の切り分け・回答・サポート窓口の指示による対応といったさまざまな業務対応が必要です。

システムトラブル時における業務の流れ

近年、情報システムが複雑化し、システムのトラブルを追求するための、障害切り分け業務が極めて困難なものになっています。TISではOracle WebLogic製品の導入・運用サポートにおいて、多くのお客さまのより信頼を得ています。ミッションクリティカルなWebサイト運営から、社内の基幹システム運用において、迅速かつ信頼できるサポートサービスをご提供いたします。

TISのSIサポートサービス活用のメリット

  • システム導入からシステム運用まで、お客さまの要望に応じた個別のサポートサービスを提供
  • 豊富な導入実績とノウハウでミッションクリティカルなシステムをサポート
  • 高い技術力による迅速な保守サービスの提供
  • 地域の利便性を生かしたサポート
  • ※OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

関連コンテンツ

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
Oracle WebLogic/Oracle Fusion Middleware-TIS Direct Web
Oracle WebLogic/Oracle Fusion Middlewareのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。Oracle WebLogic/Oracle Fusion Middlewareのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年12月18日 15時13分

PAGE TOP