公有財産管理システム

自治体で保有する、公有財産の管理事務を支援します。貸し付け・使用許可・借り受け・価格改定・建物共済などの周辺業務まで網羅します。

  • 財産管理の正確さを向上
  • 事務処理の大幅な省力化
  • 財産の有効活用
  • 公会計対応に伴う台帳の整備
  • EUCを実現する検索機能

特長

「公有財産管理システム」は、公有財産の異動更新や履歴管理を効率よく行い、財産状況の集計や報告書が簡単に作成できるソフトウエアです。当社の経験豊富な実務スタッフのデザインによるこのシステムは、各種情報をデータベースに一元化することにより「手間をかけず」「速く」「正確に」さまざまなデータの登録、参照を実現し、各主務担当への速やかな情報提供を可能にします。
このシステムを導入することで、さまざまな角度から財産を分類、集計できるため財産の現状把握が容易になり、未利用財産などの有効活用が促進されます。

公有財産台帳の整備

公会計対応では公有財産台帳の整備が必要となります。公有財産台帳を精緻化することで、自治体の保有する財産の適切な管理および有効活用に役立てることができます

提供システムの内容

  • カスタムメードシステム:弊社パッケージをベースにお客さまのニーズを取り込み、カスタマイズサービスを付加して構築したシステムを提供。
  • レディーメードシステム:弊社パッケージをそのままご利用いただき、コードテーブルなどを自治体さまの仕様に合わせて設定いたします。

主な機能

弊社システムは、公有財産・貸付借用財産台帳を一元管理し、財産内容の変更(異動・価格改定)を適宜台帳更新する機能を実装しています。また、財産内容を即時把握する検索集計機能、決算時の帳票出力機能を実装しています。

主な出力帳票

  • 台帳
    施設財産台帳、財産台帳(土地集計・明細)、財産台帳(建物集計・明細)、財産台帳(工作物)、財産台帳(用益物権) など
  • その他帳票
    土地及び建物に関する調書、財産増減集計表、財産増減明細表、公有財産状況表、財産現在高集計表(土地・建物・工作物) など

導入のメリット

公有財産台帳の整備

新公会計対応やファシリティマネジメントでは公有財産台帳の整備が必要となります。公有財産台帳を精緻化することで、自治体の保有する財産の適切な管理および有効活用に役立てることができます。

  • 財産管理の正確性向上
  • 財産の実態把握と有効活用のツールとして
  • 一元化により財産の現状把握が容易かつ迅速になります
  • データベースからのデータ抽出が容易に行えます
  • 新公会計対応に伴う台帳の整備にも有効

開発実績

8県14市町1事務組合 への開発実績があります。

モデルケース

A市 財産データ整備例

  1. 1.土地データ整備計画
    1. ①土地財産台帳(デジタルまたは紙データ)をパンチ入力した土地財産データと、資産税課税台帳(デジタルまたは紙データ)から、土地財産データを整備します。
    2. ②評価額の設定方式は自治体さまと打ち合わせの上決定しますが、地区別・地目別平均単価より設定する方式を想定しています。
  2. 2.建物データ整備計画
    1. ①建物財産台帳(デジタルまたは紙データ)をパンチ入力した建物財産データと、建物共済関連資料(デジタルまたは紙データ)をパンチ入力した建物火災保険データから建物財産データを整備します。

サービスメニュー

動作環境

サーバー

OS:Windows server 2008,2012/DBMS:PostgreSQL

クライアント

OS:Windows 7,10

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
公有財産管理システム-TIS Direct Web
公有財産管理システムのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。公有財産管理システムのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年12月18日 15時36分

PAGE TOP