クラウドサービス TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service(IaaS)

クラウドサービス TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service(IaaS)

単一のプラットフォームだけではできない。だからこそ、TISのクラウドがある。

お客様の様々なビジネス要件と向き合い、我々が出した答えは、 「単一のプラットフォームだけですべての要件は満たせない」ということ。
その答えが、自社クラウドサービスの 「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」を提供することでした。
パブリッククラウドの強み、我々のクラウドの強み、 それぞれを掛け合わせることで、 お客様のビジネスに新たな可能性を生み出します。

TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service とは

ビジネスの中核に安心・安全なクラウドを

「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」は、TISが提供するエンタープライズ向けのクラウドサービスです。
クラウド黎明期からのサービス提供実績と、金融業界を中心に 長年に渡って培ったシステム開発・運用のノウハウを活かし、安心・安全なクラウドサービスを提供しております。
2010年よりサービスを開始し、おかげさまで延べ400社 以上のお客様にご利用いただいています。
益々ITがビジネスの中心になる時代だからこそ、お客様 のビジネスの中核を担う、安心・安全なクラウドをTISは提供します。

サービスラインナップ

「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」は3つのサービスから構成されています。
企業のITシステムにおける様々なシーンに、 サービスを組み合わせることでお応えします。

中規模(仮想マシン20台~)以上のシステムに最適な専有型クラウドサービス(IaaS)
仮想マシン1台、1か月から使える共有型クラウドサービス(IaaS)
お客様拠点とクラウドをセキュアに接続するマネージドネットワークサービス

特長

クラウド利用時に直面する4つの課題

クラウドを利用しているとき、以下の4つの課題に直面するケースが多くあります。
「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」は、4つの特長でそれらの課題を解決し、お客様のクラウド活用を促進します。

課題1:単一プラットフォームでは要件を満たせない ⇒ 「多様なニーズに応えるプラットフォーム」で解決!

単一のプラットフォームでシステムを構成すると、以下のような懸念や課題に直面することが多くあります。

  • システムによって求めるものが異なるためすべての要件を満たせない
  • ベンダーロックインを避けたい

「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」では、柔軟性の高いサービスで、多様なニーズにお応えします。

課題2:運用負荷が高く本業のビジネスに集中できない ⇒ 「本業に注力できるマネージドサービス」で解決!

クラウドを利用しても、以下のような課題に直面し、本業のビジネスに集中できないケースが多くあります。

  • 運用に想定より要員やコストがかかっている
  • 運用に必要な専門性を持った体制を維持するのが難しい

「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」では、様々なマネージドサービスでお客様の運用負荷を軽減します。

課題3:サービスの仕様やサポートに不安がある ⇒ 「透明性が高く手厚いサポート」で解決!

クラウドを利用しているとき、サービスの使用やサポートに関して、以下のような懸念や課題が発生することが多くあります。

  • クラウド基盤に使用されている製品や設計の情報が非公開である
  • 障害やトラブルの際も、サービス責任範囲内の限定的なサポートだけでなく、システム復旧まで一貫して対応してほしい

「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」では、透明性が高く手厚いサポートをご提供します。

課題4:サービスレベルに懸念がある ⇒ 「エンタープライズレベルの確かな品質」で解決!

クラウドを利用しているとき、サービスレベルに関して、以下のような懸念や課題が発生することが多くあります。

  • クラウド事業者による予期せぬメンテナンスにより、システムに影響が出たことがある
  • サービス責任範囲におけるセキュリティに不安がある
  • PCI DSSなどの国際的なセキュリティ基準に準拠しなければならない

「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」では、ビジネスに求められる確かな品質でサービスをご提供します。

4つの特長

特長1:多様なニーズに応えるプラットフォーム

リソース専有型/共有型の2形態のクラウドサービスと、プラットフォームをセキュアに繋ぐネットワークサービスをご用意しております。
柔軟性が高いサービスだからお客様の要件に合ったプラットフォームを構成できます。

特長2:本業に注力できるマネージドサービス

プラットフォームの運用はもちろん、お客様のビジネスを支えるITの管理はTISにおまかせいただけます。
PCI DSS準拠対応を楽にするサービスなど様々なマネージドサービスをご用意しております。
ITの管理はまかせて本業のビジネスに注力できます。

特長3:透明性が高く手厚いサポート

サービスのアーキテクチャを公開し、透明性の高いサポートをご提供しております。
障害時には専門のエンジニアが復旧から原因究明まで一貫してサポートします。
お客様に寄り添ったサポートでクラウド活用を支援します。

特長4:エンタープライズレベルの確かな品質

安心・安全をお届けするため、複数の国際的なセキュリティ基準(※)を満たしています。
また、事前報知した上での仮想マシン無停止メンテナンスや物理機器の冗長化など、ビジネスに求められる確かな品質でサービスを提供します。

※クラウドサービスに特化した国際規格であるISO/IEC 27017に基づく「ISMSクラウドセキュリティ」およびクレジットカード業界のセキュリティ基準「PCI DSS」の認証を取得しております。
「ISMSクラウドセキュリティ」は、日本政府もクラウドサービスの信頼性を判断する基準として活用することを推奨しており、お客様は、本認証を導入時や年次の監査結果として活用することができます。

活用イメージ

「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」は、様々なシーンにご活用いただけます。

セキュア基盤として

TIS Managed Security Serviceと組み合わせて、PCI DSSに対応した高セキュアなプラットフォームとしてご利用いただけます

アプリケーション基盤として

アプリケーション開発プラットフォームと組み合わせて、セキュアで効率的なアプリケーション開発基盤としてご利用いただけます

SaaS基盤として

リソースを柔軟に伸縮可能なSaaS基盤としてご利用いただけます

データ分析基盤として

SIEMなど、予測できないデータ増加にも、柔軟な拡張性で需要に対応可能なプラットフォームとしてご利用いただけます

ERP基盤として

障害に強く、拡張性に優れたERP基盤としてご利用いただけます

クラウド連携

オンプレミスや大手クラウドサービスと連携し、ハイブリッドクラウドを構成可能です

バックアップ災害対策

システムの重要度に応じた最適なバックアップ環境やディザスタリカバリ環境としてご利用いただけます

ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)のサービス提供

自社運用で培ったノウハウで、お客様のハイパーコンバージドインフラストラクチャーの安定活用を支援いたします

ケーススタディ

ケーススタディ1:クレジットカード決済システムの場合

  1. クレジットカード決済システムをクレジットカード業界のセキュリティ基準「PCI DSS」へ早急に準拠させなければならない
  2. 将来を見据えたシステム基盤を構築したい
  3. 災害時に備え、データを安全な場所へ保管しておきたい



  1. PCI DSS準拠サービスを利用することで、1年かかるシステム基盤のPCI DSS準拠対応が1/2の6ヶ月で完了。
    その後の運用も年間約25人月の工数を削減。
  2. 拡張性の高いハイパーコンバージドインフラストラクチャーを採用しているため、ビジネスの拡大に合わせたシステム拡張を実現
  3. 複数のデータセンターを利用して、自社のBCP計画に沿ったディザスタリカバリシステムを実現

ケーススタディ2:オンプレミスとのハイブリッドクラウドの場合

  1. 自社のセキュリティポリシー上、データセンターの所在地が非公開のクラウドを使えない
  2. オンプレミス環境のサーバリソースが一時的に不足しており、必要な分だけすぐにサーバを調達したい
  3. 費用を予算内に収める必要がある

  1. 見学可能なTISデータセンターで提供されているサービスのため、セキュリティポリシー上問題なく使えた
  2. ポータルからオンデマンドで仮想マシンを作成できるため、一時的なサーバリソース不足に対処できた
  3. データ転送やディスクアクセスでの追加課金がなく、利用リソースに基づいて月額課金されるため、予算オーバーすることなくクラウドが使えた

ケーススタディ3:多拠点とクラウドサービスの接続の場合

  1. ハードウェアの保守切れに伴い、「HOSTED PRIVATE Service」へシステムをスムーズに移行したい
  2. 複数のキャリアWANサービスを組み合わせて拠点間を接続していたが、拠点統廃合の都度、すべてのWANの設定変更が必要となるなど、運用負荷が高い
  3. 近い将来、パブリッククラウドを活用し、新規事業立ち上げのためのプロトタイピングを行いたい

  1. データ移行に必要なネットワーク帯域を広く取れるため、オンプレミス環境から「HOSTED PRIVATE Service」へのシステム移行計画の柔軟性が高まった
  2. 「MANAGED NETWORK Service」に統一されたことで運用負荷が軽減した
  3. 「SHARED SERVER Service」や大手クラウドサービスと接続するネットワークを物理工事なしでいつでも拡張可能となった

TISプラットフォームサービス

TISプラットフォームサービス

よくあるご質問はこちら

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
クラウドサービス TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service(IaaS)-TIS Direct Web
クラウドサービス TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service(IaaS)のページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。クラウドサービス TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service(IaaS)のご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年12月18日 15時9分

PAGE TOP