エネLink VPP+

エネLink VPP+

VPP・DR向けトータルソリューションで確実かつスピーディな「仮想発電所」事業の立ち上げを支援

近年、自然災害などによる電力需給のひっ迫やブラックアウト(大規模停電)などを契機に「バーチャルパワープラント(以下VPP:仮想発電所)」事業の重要性と注目度が高まっています。

さまざまな観点から従来のエネルギー供給システムからの転換が求められる中、 電力需要抑制システムを統合制御するVPP事業の新規立ち上げ・システム導入ニーズの高まりに応えるため、TISはアグリゲーター向けソリューション「LAMS」※1を国内向けにローカライズいたしました。さらに蓄電池最適化API「ENES」※2を新たに組み込むことでより利便性を高め、「エネLink VPP+」としてプラットフォーム型で提供いたします。日本国内における確実かつスピーディなVPP事業立ち上げを支援します。

導入実績の豊富な「LAMS」と、日本の電力市場に対する知見を集約した「エネLink VPP+」により、次世代電力・エネルギー事業展開において重要な要素の一つである調整力公募や、VPP実証実験について、お客様の事業展開に沿った高品質な支援が提供可能です。

※1 LAMSは株式会社アイオンコミュニケーションズの製品です。 ※2 蓄電池最適化API「ENES」は株式会社Sassorの製品です。

特長

『エネLink VPP+』は、VPP事業の開始に必要な機能群を提供する国内初のクラウドサービスです。「ベースライン算出」「ディマンドリスポンス(以下DR)イベント管理」をはじめとしたDR業務に必要な機能や、次世代の電力・エネルギー事業展開の国の重要な取り組みである調整力公募やVPP実証事業を実施するための機能などをクラウド形式で提供し、確実かつスピーディなVPP事業立ち上げを支援します。

トータルでDRの業務フロー全体を支援する機能群

提案プロセスからDR発動、精算までのDR業務フロー全体をカバーする機能群を具備しており、 確実かつスムーズな業務実現を行います。また日本のエネルギー・リソース・アグリゲーション・ ビジネスガイドライン(ERAB)等日本の制度設計に従ってシステムをローカライズしており、「需要家の DR実施可否評価支援」をはじめ、DR運用時に必要な「DR資源管理」「システム連携」「DRイベント管理」「計量情報管理」「グラフ」「履歴・ログ」「精算」等の機能が具備されています。 これらがパッケージングされたサービス提供は国内初となります。

企画から実証事業対応のITシステム導入までお客様の状況に応じたご支援

既にVPP実証事業・調整力公募への対応予定がある事業者様にはサービス導入により具体的・ スピーディなご支援を、参入検討段階にある事業者様には事業の企画立案からPoCまで、 お客様の状況やフェーズに応じた幅広いご提案が可能です。

エネLinkシリーズの基盤を活かしたエネルギー事業のトータルコーディネート

エネLinkシリーズは、TISがエネルギー業界のお客様で培ってきたシステム構築技術・ノウハウを もとに、エネルギー業界で求められるあらゆるシステムをスピーディに提供するトータルソリュー ションです。これらを基盤とし、エネLink VPP+と組み合わせて提供することで、新サービスの 創出や、DRを活用した電源調達力の強化、需給管理ソリューションと連携した最適な業務実現など、 将来を見据えたエネルギー事業全体のトータルコーディネートをご支援します。

主な機能

VPP・DRに一連の業務をスムーズに運用するための機能群がパッケージングされています。

アグリゲーター向けソリューション「LAMS」について

I-ON LAMSは需要反応(DR, Demand Response)市場の参加顧客別に資源登録のためのRRMSE評価段階から参加顧客別の資源管理、(遠隔)ゲートウェイデバイス認証・計量データ管理、信頼性・経済性DRスケジューリング/シミュレーション、そして減縮した結果による精算段階まで、需要管理事業に必要なすべての段階をシステム内の1つのプロセスに一元化した、効率の高くて便利な需要管理事業者向け運用システムです。

蓄電池最適化API「ENES」について

「ENES」は住宅や工場など施設ごとの特性によって変動する消費電力量と、天候によって変動する太陽光パネル発電量を予測し、経済性や自給率が最大化する蓄電池の最適な充放電スケジュールを算出するエンジンです。
スケジュール算出結果はAPIにより提供し、各施設の蓄電池制御にご利用頂けます。

Bルート活用サービスについて(※)

Bルート活用サービスは、スマートメーターのBルートからデータを取得・活用するために必要な、ゲートウェイ機器・端末集中管理システム・メーターデータ管理システムをワンストップで提供します。

※)本機能はオプションサービスとなります。

エネLink VPP+を活用したDR業務フロー

現在、DRを行うためには多くの煩雑な業務が必要であり、電力業界に精通したTISが、提案プロセスにおけるベースライン評価など、最適なDR実現のためのご支援を行います。

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
エネLink VPP+-TIS Direct Web
エネLink VPP+のページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。エネLink VPP+のご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年12月14日 15時17分

PAGE TOP