リアルタイム・マス・トランザクションサーバ「Q-CORE」

リアルタイム・マス・トランザクションサーバ「Q-CORE」


Q-CORE

クラウドサービス向けに設計された、高性能リアルタイム・マス・トランザクション・サーバ製品

クラウド決済サービスを実現するためには、決済のトランザクションを短時間に集中的に処理する必要がありますが、従来のサーバ構築の手法では、高負荷に対応するために複数台の高性能サーバを並列に並べて処理する必要がありました。
Q-COREを使用することで、これまでのサーバ構成を不要とし、小規模なサーバ構成でも高速で安定した処理が可能となり、シンプルで省エネ、省スペース、ローコストなシステムを実現します。

特長

Q-COREはごく短時間に大量のトランザクションが集中するような状況(リアルタイム・マス・トランザクション)の処理に特化した設計がなされたサーバ製品です。

特長1 大量トランザクション処理

Q-COREはトランザクションを複数の処理用プロセッサに高速に振り分けることに特化したディスパッチ用プロセッサ(CCU)と、大容量メモリでそのプロセスを共有しつつ、トランザクションを処理する複数のプロセッサ(CCP)から構成されており、短時間に大量のトランザクションが集中した場合にも遅滞を生じることなく安定的に処理を続けることが可能となっております。

特長2 セキュリティ対応

各種セキュリティモジュールをスロットに挿入することで、電子マネー決済のような高いセキュリティが要求されるトランザクションにも対応することが可能となっております。

サービスイメージ

Q-COREを活用したサービスとして、「統合ID連携ソリューション」「シンクライアント型決済サービス」を検討しています。

統合ID連携ソリューションサービスイメージ

統合ID連携ソリューションサービスイメージ
Q-COREでクラウド化されたサービスを統合することで、1枚のICカードで様々なサービスの利用が可能

メリット1

住民はお手持ちの1枚のICカードで複数のサービスを受けることが可能

メリット2

新しいサービスの追加の際は、Q-COREとの接続を行えばよいため、サービス追加が容易に実現

次世代シンクライアントサービス

次世代シンクライアントサービス
Q-COREを活用し、カードおよび決済端末をシンクライアント化

メリット1

カードのデータがQ-CORE上に展開されているため、カード側のアプリケーション追加が容易

メリット2

同様にカードのデータがQ-CORE上に展開されていることから、EC決済での利用も可能

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
リアルタイム・マス・トランザクションサーバ「Q-CORE」-TIS Direct Web
リアルタイム・マス・トランザクションサーバ「Q-CORE」のページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。リアルタイム・マス・トランザクションサーバ「Q-CORE」のご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年1月30日 9時59分

PAGE TOP