イノベーションを加速するシリコンバレーのインキュベータ
Plug and Play Tech Center

GoogleやApple、Intel、Oracle、HPといった企業を生み出し、大きなイノベーションを起こし続けるシリコンバレー。その要因は様々ですが、近年そのイノベーションを加速するスタートアップ・インキュベータの存在感を増しています。 TISは、1998年にシリコンバレーにR&Dセンターを設立移行、ITビジネスの最先端技術・ビジネスモデルの調査・研究を実施してきました。 今回は、TISが小さなオフィス・スペースを借りているインキュベータのPlug and Play Tech Center(以下、PnP)をご紹介します。

TIS R&D Center, Inc.
Director 姥谷幸一

インキュベータとは??

ベンチャー企業(スタートアップ)は一般的にエンジェル投資家やベンチャーキャピタル(VC)から資金を調達し、大学や研究機関、企業と連携しながら成長していきます。その際には弁護士や会計士などのスペシャリストの手を借りる必要もあります。
そのような事業開発のエコシステムを効率良く実現し、イノベーションを加速するのがスタートアップ・アクセラレータやシード・アクセラレータと言われるようなスタートアップ・インキュベータです。
世界的に有名なクラウド・ストレージ・サービスのDropboxなどの成功実績を多く持つY Combinator、日本のスタートアップや企業の関わりも深い500 Startupがシリコンバレーでは著名です。
シリコンバレーには、このようなインキュベータが多数存在しています。

TISオフィスのある、PnPの紹介

PnPはイランからシリコンバレーに移住してきたSaeed Amidi氏によって設立されました。Amidi氏らが所有するスタンフォード大学に近いPalo Alto市の小さなオフィスビルに設立当時のGoogleやPayPalが入居したことがきっかけでPayPalに投資をし、PayPalがeBayに買収されたことで大きな資金を得て、2006年にPalo Altoから少し南のSunnyvale市にPlug and Play Tech Centerを開設しました。現在は、Sunnyvale、Palo Alto、Redwood Cityの3個所にインキュベーション施設を持ち、350ものスタートアップを支援しています。今回ご紹介するSunnyvaleキャンパスはその中でも最大規模で地理的にシリコンバレーの中心に位置します。

正面入口を入って直ぐの受付の上部にはeBayに買収されたPayPalを含め、PnPが関わって成功した(他企業に買収された)ベンチャー企業のロゴが掲げられています。

またその近くには関係国の国旗が掲げられており、コーポレートプログラムに参加する各国からの企業のロゴが掲示されています。その中にはChrysler、United Airline 、PayPal、Sprint、Best Buyといった米国企業だけでなく、Hitachi、Panasonic、KDDI、Toyota等の日本企業や、Samsung、Mercedes Benz、Volkswagen、Huawei等の海外大手企業も含まれます。これらの企業は定期的にニーズに応じたベンチャー企業の紹介などのサービスをPnPから受けています。

PnPはベンチャー企業だけでなく、弊社のような海外からの企業や政府機関にオフィス・スペースを貸し出しており、1~2人の小さなキュービクルから数十人のドア付きのオフィス・スペースまで種々取り揃えています。

PnPはベンチャー企業だけでなく、弊社のような海外からの企業や政府機関にオフィス・スペースを貸し出しており、1~2人の小さなキュービクルから数十人のドア付きのオフィス・スペースまで種々取り揃えています。

PnPの特徴

① 投資家・VC達専用スペースの設置

ベンチャー企業にとってエンジェル投資家やVCからの資金集めは非常に重要です。PnPにはAngel & VC Pavilionというエリアがあり、提携するエンジェル投資家やVC達が使えるスペースが用意されています。現在、DFJ、Menlo Venturesといったシリコンバレーの一流VCやSoftbank Capital等の名前が掲げられており、それらの投資家向けにベンチャー企業がピッチ(会社を売り込むプレゼンテーション)を行うイベントが定期的に開催され、ベンチャー企業にとっては、投資家のアドバイスが得られ、出資をしてもらう機会を得られることになります。

② ビジネス展開のためのフルサポート機能

ベンチャー企業に必要なものはオフィス・スペースや投資家だけではありません。会社設立のための弁護士や財務会計を支援する会計士、給与処理等の人事関連、アプリケーション画面のデザイナーなどを探すのも一苦労です。PnPではそれらを提携のサービスパートナーからサービスを受けることも可能です。また、これ以外にも海外から来た人が知らない生活に必要な情報の提供もPnPが行うことができます。

③ 大学との連携

PnPは大学との連携も強く、地元のスタンフォード大学やカリフォルニア大学バークレー校だけでなく、MITやコーネル大学などとも連携し、大学発のベンチャー企業の支援も積極的に行っています。シリコンバレーの大学では先生が優秀な学生に起業を促すこともあり、その際には起業立上げの支援者としてPnPを紹介することもあるそうです。また、PnPは学生起業家にはBoot Campと呼ばれる短期間の起業支援サービスを優遇することもあります。

④ その他さまざまな特長あり

PnPでは入居するベンチャー企業の中から毎月Hottest Companyという注目企業を表彰しています。Hottest Companyに選ばれると、企業名と企業概要が階段に貼り出されるだけでなく、最も便利な駐車場が割り当てられるという特典が得られます。ちなみに投資家は常に良い場所に駐車できるようになっています。

PnPには小さなミーティングスペースから中規模のホール、大きなイベントスペースが用意されており、3ヶ月に一回開催されて一般にも公開されるExpoや毎月開催されるモバイルやヘルスケアといったテーマ毎のセッション、毎週開催されるEIR(Executives-in-Residence)セッションなど多くのイベントが開催され、ベンチャー企業のピッチや、大手企業のベンチャー企業探しのアピールのプレゼンテーションなどが行われており、大きな会場で立ち見が出るほど参加者が集まることもあります。EIRではベンチャー企業にアドバイスを与えることのできるメンター(ベンチャー企業の成功者、大企業のエグゼクティブ、大学の研究者など)が訪れて、ピッチや事業内容への助言を行います。メンターはそれ以外に人や企業の紹介も行うことでベンチャー企業の成長を助けます。メンターにとってはベンチャー起業が投資先や協業先となり得ることも有ります。

PnPはこれまでご紹介したような様々なサービスによりベンチャー企業を支援し、そのイノベーションを加速させます。PnPはシリコンバレーの縮図といっても良いほどシリコンバレーの要素が詰まった場所で、シリコンバレーを知る上で恰好の場所と言えます。従って訪問者も多く、各国からの訪問者に対するPnP案内ツアーなども日常的に行われており、シリコンバレーの名所といった雰囲気もあります。日本からの訪問者も多く、企業からの出張者だけでなく、種々のイベントに合わせたツアーや大学主催の学生ツアーなどの訪問者も多くなっています。また各国の政府機関からの訪問者も多く、イノベーションを重要視するオバマ大統領も訪問したことがあるようです。

最近、PnPでは日本企業との関わりも増えており、ウェブサイトに日本語のページが追加されました。日本語を話せるスタッフ もいます。ご興味があれば、直接コンタクトしてみては如何でしょうか。
http://plugandplaytechcenter.com/japan/

TIS R&D Center, Inc. Director からのメッセージ

現在、弊社以外にもKDDI、キョーセラ、ベネッセ、富士通、東京エレクトロン、福岡県など、日本の企業や組織が入居しており、オフィス・スペースとして利用し、ベンチャー企業と接触する機会が得られるだけでなく、日系企業同士で気軽に情報交換が行えるようになっているのもメリットの一つと言えます。シリコンバレーは世界で最もイノベーションが起こっている地域であると言えます。メディアの情報などで、そのエコシステムをある程度の理解は可能とは思いますが、実際に足を踏み入れ、PnPやベンチャー企業、VCなどの関係者と話しをすることで、その一端を垣間見、体感することができるのではないかと思います。

TIS R&D Center, Inc. 姥谷幸一

お問い合わせ

更新日時:2018年12月18日 15時51分

PAGE TOP

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)