サイト内検索
サイト内検索を閉じる

マイグレーションによるシステム移行は安全なの?メリット・デメリットも解説

2021/05/25

あなたが会社で使っているシステムの基盤はサポート切れを迎えようとしていませんか?古い基盤で使われているシステム(レガシーシステム)はサポート切れからシステム移行を検討するフェーズになります。ひとつのシステム移行手段として、「マイグレーション」という方法があります。しかし、はじめてのマイグレーションは不安があると思います。今回は「マイグレーションによるシステム移行は安全なのか?」と「メリット・デメリット」について解説いたします。

1.マイグレーションによるシステム移行の概要

システムというものは同じ環境で使用し続けることが限りなく不可能に近いです。ハードウェアやミドルウェアのバージョンアップに伴い、その上で稼働するシステムもバージョンアップしなくてはなりません。システムのバージョンアップをしないと、新しい環境でDB更新がうまくいかない、帳票の形式が崩れるなど様々な不具合が発生する可能性があります。マイグレーションによるシステム移行では、既存システムのソースコードを最大限に活用し、自動変換ツールや手修正を用いて新しい言語に変換して、新しい環境でも移行前の環境と同じようにシステムが使えるように移行を行います。既存システムの資源を最大限に活用することで、一から作り直すよりも安全かつ低コストにシステム移行を行うことができます。

2.スクラッチ開発との比較

システム移行に関して、マイグレーションと比較対象になるのがスクラッチ開発です。マイグレーションは既存システム資源を最大限に活用した上で、新しい環境でも可能な限りそのまま稼働させるために実施します。一方、スクラッチ開発は既存システムを分析した上で、業務要件やシステム仕様などを一から設計し、新しいシステムを作り出すために実施します。どちらも新しい環境で新システムを稼働させるという点では同じですが、スクラッチ開発で実施する分析・設計作業は有識者が十分に確保できていないとうまくいかないことが想定されます。マイグレーションは既存システム資源を活用することで、有識者が少なくても移行を進めることができるため、失敗が少なく安全にシステム移行を進められると考えます。

3.どのようにシステム移行を進めるのか?

前項ではマイグレーションとスクラッチ開発の違いについて簡単に説明をしました。スクラッチ開発でのシステム移行は「要件整理→設計→製造・テスト→移行」と比較的わかりやすいと思いますが、マイグレーションはイメージしづらいかと思いますので、本項ではマイグレーションによるシステム移行の進め方について、工程を分けてご説明します。

※以下は移行先のシステム環境(基盤、プログラム言語など)が決定した後の進め方となります。 移行先のシステム環境選定から相談に乗ってほしいなどのご要望があれば別途お問合せいただければ幸いです。

①既存システム資源(ソースコード、DB、帳票など)の分析
移行対象の資源について分析を行い、システムで使用されている資源の種類やロジックのパターンなどを洗い出します。既存ロジック構造を新システムでも引き継ぐため、「ラッパー」という部品で言語の違いを吸収できるよう分析を行います。
また、分析結果から開発ベースラインを作成・徹底管理し、移行漏れが起きないプロジェクト推進を実現します。
 
②プロトタイプ開発
①の分析結果からプロトタイプ開発の対象を選定します。
プロトタイプ開発を行うことで、変換作業で使用する自動変換ツールの変換率を高めるためのチューニングができ、自動変換精度の向上を図ることができます。自動変換精度を向上させることで、変換作業の効率化、品質向上を実現します。
また、変換後の画面・帳票のイメージを事前に確認することができ、変換後のシステムについて「思っていたものと違う」となるリスクを抑えます。

③移行設計(マイグレーション設計)
①、②の結果から移行設計を行います。
移行前後の変換方式をできる限り細かく設計書としてまとめ、移行方針を定めます。移行方針の内容については、別の機会に詳細な解説をしたいと思います。

④変換・単体テスト
移行元の資源に対して自動変換ツールと手修正を用いて変換を行います。
変換後には必ず「プログラムとして確実に動くこと」を確認し、単体テストを実施します。
単体テストでは、既存システムと新システムを同じ操作・データで実行し、見た目や動作に差異が生じないか確認を行います。単体テストの合格条件は「既存システムと新システムの実行結果が一致すること」なので、既存システム仕様を確実に踏襲していることが確認できます。仮に言語や稼働環境の都合で差異が発生した場合は必ず報告を行い、そのままとするか差異を解消するかの協議をした上で対応を実施します。

⑤結合テスト・システムテスト・本番移行
単体テスト完了後は結合テストを実施します。結合テストでは主に業務シナリオや外部接続の確認を行います。実業務により近い形でテストを実施し、本番後にギャップが生まれないようしっかりと確認を行います。
システムテストでは、実際に新システムが稼働する環境に資源を配置し、環境面や性能面で問題がでないか確認を行います。
結合テスト、システムテストで問題ないことが確認できた上で本番移行を行い、マイグレーションは完了です。(本番後支援や引継ぎ作業は別途行います)

4.マイグレーションによるシステム移行のメリット、デメリット

マイグレーションのメリット、デメリットについて改めて記載します。

〇メリット

  • 「既存システムと同じように動くこと」が要件となるため、要件定義や外部・内部設計作業が不要となり、設計作業での認識齟齬が発生しない
  • 既存システムのソースコードを最大限に利用するため、有識者が十分にいなくても、分析・設計作業の品質が落ちにくい
  • 現新一致という明確な合格条件があるため、認識相違が起きにくく、システム品質を向上させやすい

〇デメリット

  • 変換作業と並行して同時に大幅な仕様変更を行うことが難しいため、原則仕様変更をしない前提で開発を進める必要がある
  • マイグレーション期間中、既存システムへ変更が入った場合は、手戻りが発生するため、開発の後半で追い付き対応を検討する必要がある。

5.マイグレーションによるシステム移行は安全なのか? まとめ

今回はマイグレーションによるシステム移行の概要や進め方を解説しました。
既存システムをそのまま新しい環境で動かしたい場合は、各工程で必要な管理や品質確保が確実に行われるので、安全に移行ができることがご理解いただけたかと思います。
マイグレーションのメリット・デメリットについてはあまり詳細な部分まで触れられていないので、別の機会に詳細な解説ができればと思います。

当サイトでは、システム移行をお考えの方に向けて、参考になるダウンロード資料をご用意しております。『システム移行 変換率と品質向上サービス「オープンマイグレーション」基本ガイドブック』は、御社のシステム移行の意思決定のヒントになるはずです。
ぜひ、ダウンロードページより資料をご覧ください。

その他ブログのご案内

オープンマイグレーションサービスでは、その他下記のようなブログをご用意しております。

PAGE TOP

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2023年1月6日 13時42分