TIS INTEC Group

アプリ、システム、プロダクトのUXデザインならTISにご依頼ください。

社会を彩る、デザイン。

私たちは、TISのUXデザインを担う集団です。

一人ひとりの個性や感性を色ととらえ、
重ね合わせながら、
彩り鮮やかな未来を描く共創型デザインスタジオです。

ここにあなたの色を加えませんか。

あなたの色は可能性です。
あなたの色があることではじめて描ける未来があります。

Works私たちの仕事

デザインパートナー事業

丸紅様とカタールの国営事業の節電を支援

コンセプト開発、行動経済学を活用した行動変容のデザイン、 スタイリング

社内新規事業

  • 健康問題

ASTARI リブランディング&UXデザイン

サービス・プロダクトの価値の再定義、コンセプト開発、新機能設計、ユーザーインタビュー、プロトタイピングを用いたユーザビリティテスト

社内新規事業

  • 都市への集中・地方の衰退
  • 金融包摂

会津財布、沖縄MaaS
サービスデザイン&UXデザイン支援

事業戦略策定・サービス設計のサポート、スタイリング、販促支援、地域デザイナーと協働によるロゴ制作

デザインパートナー事業

  • 低・脱炭素

脱炭素社会を実現するソリューションブランド
Carbony

ブランドコンセプト、ブランド名、ロゴデザイン

Service私たちにできること

ServiceService

Emotional UX(意味的UX)

新しいサービスやプロダクトを
生活に取り入れる動機や意味のデザイン

私たちがデザインしていくなかで大切にしているもの、
それは「意味」です。

生活者の目線で考えたとき、
普段の行動や習慣のなかに取り入れる意味がきちんとデザインされているか。

美しく使いやすいだけでなく、
嬉しさや楽しさがあり、使い続ける意味があるものになっているか。

「使ってみたい」と「使い続けたい」をデザインする。

私たちはこれを「意味的UX」と呼んでいます。

Solutions私たちが提供するソリューション

使いたくなるプロダクトやサービスを
共に考えるUX design & Behavior design

人間中心設計手法に行動経済学のナレッジを加えた独自のデザインプロセスを構築、
生活者が使いたくなるモノゴト造りに伴走します。

パーパスやブランドコンセプトを
共に考えるPurpose design & Branding

事業やチームのパーパス、ソリューションのブランドコンセプトを
ワークショップ形式で一緒に考えていきます。

アイディエーションや
コンセプト開発を支援するIdeation & Concept design

デザイナーならではの視点や発想で課題抽出・アイディエーション・コンセプト開発をご支援しています。

リサーチ用の動画や
プロトタイプ開発を支援するResearch & Prototyping

サーチ設計からリサーチで使用するモノづくりまで幅広くご支援しています。
(4コマシナリオ、イラストを使ったショート動画、デザインモック、プロトタイプなど)

デザイン人材の育成に貢献するHR development

デザインに関する勉強会の開催、事業企画者へのメンタリングなどをご支援しています。

Functional UX(機能的UX)

デジタルプロダクトのUI/UXデザイン

「使ってみたい・使い続けたい」を叶えるための「使いやすさ」のデザイン、
私たちはこれを「機能的UX」と呼んでいます。

そして機能的UXのデザイン範囲は生活者が使うサービスだけでなく
業務システムであっても同様です。

ビジネスを支えるのは、ヒトです。
ビジネスの現場で日々使われるものに使いやすさを与え、
ビジネスに変革とスピードをもたらします。

テクノロジーとデザインの専門家により、お客様のビジネスに貢献していきます。

Teamチーム紹介

代表

鈴木 翔一朗Shoichiro Suzuki

デザインマネージャー/UXデザイナー

加藤 有通Arimichi Kato

チーフデザイナー/UXデザイナー

濱野 祐香Yuka Hamano

UX/UIデザイナー

川添 仁子Satoko Kawazoe

コミュニケーションデザイナー

広野 智之Tomoyuki Hirono

デザインリサーチャー

熊谷 優介Yusuke Kumagai

UXデザイナー

伊藤 一樹Kazuki Ito

クリエイティブディレクター

伊藤 淳Atsushi Ito

ありがとう、をKPIに。

デザインの目的は「造ること」ではなく、
社会や人々、お客様、そして共に働く仲間たちに喜んでもらうことだと、
私たちは考えています。

仕事を通じて、
何回「ありがとう」が言えただろう。
何回「ありがとう」と言ってもらえただろう。

「ありがとう」を原動力に、社会を彩るデザインを私たちと一緒にしませんか。