株式会社ACCA様「365すぽーつでぃ」

アクセス集中が予想されるコミュニティサイトをクラウドサービスで迅速かつ低コストに構築

2010年7月7日、個人が手軽にスポーツに参加する機会を創出するトータル・ライフ・コミュニティサイト「365すぽーつでぃ」がスタートしました。そのシステム環境の構築に用いられたのがTISのクラウドサービス「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」。大量のアクセス集中にも安定した運用が求められるWebサイトが、短期間かつ低コストでサービスインしました。

主催 株式会社ACCA様
実施開始 2010年7月
目的 スポーツ人口の増加による地域貢献・社会活動、ユーザマッチングにおけるスポーツ機会創出とライフスタイルの提案、スポーツ大会の主催・協賛・支援 等
URL http://www.365spo.com/
株式会社ACCA様「365すぽーつでぃ」

課題

集中的なアクセスが想定されるサイトに不可欠な、高い安定性

自らカラダを動かしてスポーツを楽しみたい人にとって、いざ始めようとしても、適切なトレーニングの仕方が分からずおっくうになったり、足腰を痛めてしまったりと、長続きしないケースは多々あります。団体スポーツも、対戦相手を探すのに追われたり、週末の運動競技場は予約で埋まっていたり。スポーツに参加する前には、いくつものハードルがあるのが現状です。
スポーツを楽しみたいと願うすべての人が手軽に始められ、しかもこうしたハードルを下げて持続できるよう、2010年7月にオープンしたのが、トータル・ライフ・コミュニティサイト「365すぽーつでぃ」。インターネットを介して個人と個人、個人とチーム、チーム同士をつなぐ機能をはじめ、プロアスリートが実践するトレーニングやテクニックの解説を有料で提供する映像配信サービスや、有名スポーツ選手が参加するスポーツ教室・セミナーの開催など、スポーツを中心に幅広いコミュニケーションが実現するような豊富なサービスが提供されています。
同サイトは、発起人に名を連ねている中田英寿氏の抜群の知名度に加えて、元ヤクルトの古田敦也氏や、昨年、現役を退いたばかりのテニスプイヤーの杉山愛氏、オリンピック女子マラソンメダリストの有森裕子氏など、一流アスリートが多数参加することが予定されています。そのため、サービス開始当初から月間80万件近くの大量のアクセスが見込まれるとともに、マスコミで取り上げられた際など、さらにアクセスが急増する事態も想定されました。
このことから同サイトの構築・運用を手がける、株式会社ACCA.(以下、ACCA)は、中田英寿氏のオフィシャルサイトである「nakata.net」の突発的なアクセス増の対応を経験していることから、サイトの立ち上げに際して、急変するアクセスにも万全に追随できる、柔軟性や安定性に優れたシステム環境を想定する必要がありました。しかし、一方では新たに展開するビジネスということもあって、低コスト・スモールスタートで臨む必要がありました。そんな同社が着目したのが、コンピュータリソースを用途や規模に応じて必要な分だけ「サービス」として自在に利用し、それに応じて従量制で料金を支払うクラウドサービスの導入でした。

提案

信頼性と経済性のバランスから、TISのクラウド環境を選択

低コストでの構築や運用を目指して、ACCAは当初から海外の大手パブリック・クラウドサービスの導入を検討していましたが、コンピュータリソースの提供に対して万全な信頼性が確保できない可能性がありました。また海外ベンダーのサービスということで、十分なサポートが得られるかどうかは未知数でした。
しかしコミュニティサイトを運営するにあたっては、多くのお客様に対して安定してサービスを提供する点、また膨大な数のユーザプロファイル(個人情報)も取り扱うことから、サービスの信頼性の高さや充実した運用サポートが得られること、セキュリティが堅牢であることは不可欠な条件でした。そこでACCAでは、システム基盤を安心して任せられるよう、国内のデータセンターをベースに、国内ベンダーによって提供されるクラウドサービスを選定対象としたのですが、検討を開始した時点では、導入可能なクラウドサービスの選択肢は限られており、システム要件を満たすようなサービスを提供していたベンダーは数社しかなかったといいます。
そこでACCAは、2009年12月、仮想化技術を使った情報基盤の構築経験が豊富で、大手企業のシステム構築を数多く手がけてきた実績から、今回のコミュニティサイトの情報基盤として、コンピュータリソースをクラウドサービスとして提供できないか、TISに打診しました。TISでは、同年9月から社内でクラウド環境の試験運用を実施。企業ITシステムにクラウド環境を導入した際の課題やメリットについて検討を重ねるなど、サービス化に向けた土台は十分に整っていました。また、実際にIaasと呼ばれる領域において、企業向けのクラウドサービス化の準備を進めていたこともあって、TISではACCAの求める価格面や機能面での要件を満たすクラウドサービスの実現に向けて尽力することになりました。
TISのクラウドサービスの導入を決めた経緯について、ACCAは「アスリート秘伝のテクニックを伝授する映像配信など有料で提供するサービスも展開しており、料金に見合うサービスを提供する上、コミュニティやソーシャルネットワークを構築するためにシステムの信頼性やセキュリティの確保も必須だったのです。海外大手の安価なクラウドサービスも比較検討しましたが、経済性と信頼性のバランスを考慮した結果、TISのクラウド環境を導入するに至りました」と振り返ります。

解決

クラウドサービスにSIを組み合わせ、システム構築に尽力したTIS

「365すぽーつでぃ」の立ち上げに向けたシステム構築は、2010年の年明けから本格的にスタートしました。ACCA側ではシステム要件を固めつつ、サイト上で実際に機能する各種アプリケーションを開発。TISは、先方のニーズに応じたサーバ設備をデータセンターに完備すると同時に、ルータ設備などのネットワーク機器の導入をはじめ、ファイアウォールなどのセキュリティ機能やロードバランサの負荷分散対策など、今回のシステム構築に見合ったスペックのネットワーク環境を短期間で構築。またSIとして、システム実現に向けたACCAのさまざまな要求に、一つひとつ確実に応えていきました。
一方でTISは、価格面やサポート面などさまざまな項目に関して社内調整を行うなど、クラウドサービスの実用化に向けて全社を挙げて取り組みました。さらに、サーバ環境を「サービス」として提供するにあたっては、万全な信頼性や安定性を確保するべく、詳細なテストを実施。社内チェック体制もフルに活用することで、短期間で信頼性の高いクラウド環境のサービス化を実現させました。なお、2010年3月にはTISのクラウドサービスの名称が「T.E.O.S.(TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service)」に決まり、信頼性や安定性の高いクラウド環境をサービスとして提供できる状況が整いました。

展望

低コストかつ安定したシステム環境で、より多くの人が利用できるサイトに

こうして「365すぽーつでぃ」は無事にサービスが提供できる環境が整いましたが、実際にサイトがオープンするのは、実施に向けた準備期間やより効果的なビジネス展開を考慮して、2010年7月となりました。
同サイトはTISのクラウドサービス「T.E.O.S.」のもと、プロモーション活動に合わせて、あらかじめサーバリソースの増強を図ってアクセス集中に備えたり、その後はアクセスの伸びに合わせてリソースの増減を行ったりと、利用状況に応じたシステム環境を低コストで利用できる環境が整いました。ACCAでは、国内で推定7,400万人いると言われるスポーツを始めたい人を対象に、より多くの人にサイトを利用してもらい、スポーツを楽しんでもらえることを目指しつつ、一層魅力的なサービスを展開したいと考えています。
今回の取り組みを通じて、ACCAは「コンピュータリソースを必要に応じてサービスとして導入しつつ、TISのSIや運用サービスを駆使して、このサイトの進展に迅速に対応できる環境が整いました。TISは、サービスやシステムの提供を通じて、私たちの要望を最適なカタチで実現してくれる力強いビジネスパートナー、尽力に感謝しています」と評価しています。
TISでは今後も、アクセス集中にも即座に対応できる環境をクラウドサービスとして提供しつつ、必要に応じてSIや開発支援を行うなど、柔軟な体制でACCAへのサポートを展開することで、スポーツの楽しさをより多くの人と共有し、広めることが可能な「365すぽーつでぃ」の活動を支援していきます。

TIS担当者から

TIS株式会社
IT基盤サービス事業部 IT基盤サービス営業部
主査 嶋村 誠

クラウド環境を先行して社内で導入していたこともあり、システム要件に応じたサーバを短期間で提供するのに大きな問題はありませんでした。サービス化するにあたり、信頼性やセキュリティの確保は、データセンターや企業の基幹システムを手がけてきた当社として譲れない部分であったことから、お客さまにもご協力いただき、万全なサービスをカタチにして提供することができたと自負しております。
「T.E.O.S.」は、IaaSに加えて、SIや運用サービス、開発支援機能を自在に活用でき、スモールスタートの小規模システムから企業ITシステム全体まで、さまざまなシーンでご利用いただけます。今回のお客さまは「T.E.O.S.」の第一号ユーザ。TISではこれからも、さらなるアクセス増加を見込んだ通信ネットワークを構築するなど、安定運用を維持し、本サイトの運営サポートを通じて、スポーツを愛するすべての人にご利用いただきたいと思います。

IaaSに加えてSIや運用サービス、開発支援機能を自在に利用でき、スモールスタートのシステムから通信インフラの整備、企業ITシステム全体までさまざまなシーンで利用できるサービスです。クラウドの長所である「俊敏性」「経済性」「信頼性」の高さに、お客さまのニーズに応える「柔軟性」を加えて、アプリケーション開発からシステム運用まで、TISがトータルにサポートします。

図版:「T.E.O.S.(TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service)」
  • ※TIS、TISロゴはTIS株式会社の商標または登録商標です。
  • ※その他の会社名、商品名、サービス名は各社の商標またはサービスマークです。

PDF資料ダウンロード

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
株式会社ACCA様「365すぽーつでぃ」のケーススタディ(事例)です。TIS Direct Webは、ITソリューションによってビジネス課題の解決策をご提供する情報サイトです。

更新日時:2016年10月6日 16時14分

PAGE TOP