サイト内検索
サイト内検索を閉じる

ソニー株式会社様

ソニーのスマートウォッチ「wena 3」にSuica決済機能を短期間で実装

ソニーはスマートウォッチ「wena」(ウェナ)第3世代モデルに、Suica決済機能を実装することを計画した。スマホからwenaのSuica初期設定やチャージを行うためのアプリ開発にあたり、TISの「デジタルウォレットサービス」を活用。ウェアラブル端末をSuica決済に対応させる仕組みを一括で提供することで、アプリ開発期間の大幅短縮が実現した。

本社 東京都港区港南1-7-1
設立 1946年
資本金 30億円(ソニーグループ株式会社 100%出資)
事業内容 エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション 等
URL https://www.sony.co.jp/
ソニー株式会社様

背景

アナログ腕時計をスマートウォッチ化できる「wena」シリーズ

ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)/SSAP」から生まれたスマートウォッチ「wena」シリーズは、2016年から販売を開始。腕時計のヘッド(盤面)部分ではなく、バンド部分にスマートウォッチ機能とディスプレイを集約した、個性的なウェアラブル端末だ。愛用しているアナログ時計のヘッドにwenaを組み合わせ、手軽にスマートウォッチ化することもできる
wena事業室の對馬哲平氏は、同製品のコンセプトについて「アナログ時計の美しさや長年培った文化・伝統と、スマートウォッチの便利さを一つにできないかという発想が、事業化のきっかけでした」と説明する。
2020年11月には、大きく進化した第3世代「wena 3」を発売開始。それまでバンドの複数のコマに分散させていたスマートウォッチのモジュールをバックル部分に集約し、バンドのデザインの自由度が大きく向上した。
電子マネー対応も強化され、Suica(スイカ)決済への対応を果たした。「従来モデルでは楽天Edy、iD、QUICPayに対応していましたが、最も利用者の多いSuicaは未実装。事業開始から約5年、ユーザーの方々から“Suica対応はまだか”と言われてきましたが、ようやくお応えできました」(對馬氏)。
Suica対応により、スマホを持たずに外出しても、腕時計のバックル部分をかざすだけで駅の改札を通過したり、店舗レジで支払いができるようになる。

※「wena 3」の場合、ラグ幅18mm~24mmまでの、市場の約7割の腕時計に装着可能。

選択

スマホアプリの開発期間を圧縮するためTISのサービスを採用

ソニーがwena 3の開発に着手したのは2019年。実機と同時並行で、スマホをwena 3にペアリングしてSuicaの初期設定やチャージを行ったり、歩数や心拍など活動ログを閲覧する機能を持つ「wena 3アプリ」を開発することとした。
ここで課題となったのが、アプリ開発期間をいかに短縮するかであった。wena事業室の鎌田秀和氏は「我々チームは、ハードの開発は得意分野ですが、高いセキュリティレベルが求められる決済系のネットワーク構築に十分な知見がなく、自社開発ではかなりの期間を要すると見込まれました。これがボトルネックとなり、wena 3の発売計画に影響することも懸念されました」と語る。
そこで2019年秋、モバイルFelicaの要となるFeliCaサーバを運用しているフェリカネットワークスに、モバイルFelicaに関わる開発経験があるベンダーの紹介を依頼。この時、候補として紹介されたのがTISであった。「メジャーな決済アプリをいくつも世に出していて、技術面での実績は十分。いただいた提案書には、アプリ開発の短期化に役立つツールが具体的に説明されており、この会社なら安心して任せられると判断しました」(對馬氏)。

開発

3つの機能を提供するサービスで、アプリ開発期間を大幅短縮

今回TISが提案したのは、スマホ向けアプリにさまざまな決済手段を加える「デジタルウォレットサービス」のメニューを組み合わせたもので、大きく次の3つの機能を提供する。
まず1つめは、スマホアプリとFeliCaサーバの中間地点に設ける、Felica通信情報を制御するためのウォレットサーバの提供。
2つめが、同サーバと安全な通信を可能にするスマホアプリ用のSDK(ソフトウェア開発キット)で、Android版とiOS版の2種類が提供された。
そして3つめは、Suica専用wenaコールセンターが、紛失申請などに対応する際、Suicaの顧客データベースを閲覧するツールの提供。
これら機能について鎌田氏は、「すべての仕組みを我々がイチから開発した場合、2年の開発期間ではとても間にあいません。既に品質が担保されたサービスを利用することで、大幅なショートカットが可能になりました」。
TISは、サービス提供とあわせて、FeliCaサーバに接続する品質認定が得られるよう、フェリカネットワークスとの技術情報のやりとりを含め、Felica認定に必要なテストケースを実施した。
アプリ開発の最終段階では、TISがwena 3実機を利用して、約3カ月におよぶ結合テストを行い、やり取りする情報の正確さと安全性が確認された。

展開

時計メーカーとの協業で、wena市場の裾野拡大を目指す

2020年11月のwena 3発売以降、TISが提供するウォレットサーバやSDKのサービス品質に満足していると鎌田氏は言う。「TISは既に何社もの大手企業にウォレットのサービスを提供しており、品質面での不満の声は一度も聞いたことがありません。前評判どおり、安心して運用を任せられると実感しています」。
現在ソニーは、時計メーカーが容易にスマートウォッチ市場に参入できるよう、wena 3のバックル部分をパーツとして提供するBtoBのビジネスモデルを展開している。「腕時計は、服・靴・メガネのように好きなデザインを選択できる自由があるのが理想。時計メーカーとの協業で、身に付ける喜びと、便利さを兼ね備えた腕時計という、新しい市場をつくっていきたいと思っています」(對馬氏)。
時計メーカーとの協業にあたってTISに期待する役割を鎌田氏は「スマートウォッチ市場に参入する際、電子マネー決済のネットワーク構築やアプリ開発など、時計メーカーの負荷は小さくありません。そこで、今回TISと協力して構築した仕組みをパッケージ化して提供し、負担軽減をお手伝いしたいと考えています」。
最後に對馬氏は、wenaシリーズのモバイル決済の今後についてこう語る。「新たな電子マネーやクレジットカード決済への対応など、やりたいことはたくさんあります。TISは、クレジットカード事業者や決済事業者とのつながりも強み。長期的なパートナーとして、スマートウォッチ市場を一緒に大きくしていきたいと思います」。

時計メーカーとの協業で、wena市場の裾野拡大を目指す

お客さまの声

對馬 哲平氏

ソニー株式会社
モバイルコミュニケーションズ
事業本部
wena事業室 統括課長
對馬 哲平氏

鎌田 秀和氏

ソニー株式会社
モバイルコミュニケーションズ
事業本部
wena事業室
鎌田 秀和氏

今回TISには、ウォレットサーバ開発プロジェクトの中枢メンバーとして協力いただきました。技術的な問い合わせへのレスポンスが速く、内容もこちらの意図を的確にくみ取ったもので、コミュニケーションのレベルの高さが印象的でした。
TISが提供するSDKはアプリに組み込みやすく、ドキュメントも非常に分かりやすい。コールセンター用のツールについても、UIが洗練されており、現場の目線に立った使いやすさがオペレータから好評です。

TIS担当者から

久保田 恭介

TIS株式会社
DXビジネスユニット DX営業企画ユニット
DX企画部 エキスパート
久保田 恭介

小谷 拡司

TIS株式会社
DXビジネスユニット DX営業企画ユニット
DX第1営業部 上級主任
小谷 拡司

世界を代表するメーカーであるソニー様のウェアラブル端末に、Suica決済機能を実装するお手伝いができ、うれしく思います。
wena3のSuica対応への反響は大きく、多くのユーザーが待ち望んでいたことを実感しました。
今後、wenaシリーズが対応する電子マネーやクレジットカードについて、裏側で情報を受け渡す仕組みをTISで一元管理できないか、検討を行っています。これにより、新たな決済手段を追加しやすくなり、ユーザーに新しい利便性を提供できる可能性が広がります。
これからもwena事業の拡大をお手伝いできるよう、ソニー様の期待に添えるパートナーとして頑張っていきたいと思います。

※ TIS、TISロゴはTIS株式会社の商標または登録商標です。
※ 「wena」はソニー株式会社の商標です。
※ その他の会社名、商品名、サービス名は各社の商標またはサービスマークです。

PAGE TOP

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
ソニー株式会社様のケーススタディ(事例)です。TIS Direct Webは、ITソリューションによってビジネス課題の解決策をご提供する情報サイトです。

更新日時:2023年1月6日 15時51分