株式会社バンク・ビジネスファクトリー様

業務専用端末の仮想デスクトップ化で高セキュアな銀行向け事務受託システムを実現

セブン銀行の100%子会社である株式会社バンク・ビジネスファクトリー(以下バンク・ビジネスファクトリー)は、全国の銀行から受託したBPO業務を効率的かつ安全に遂行するため、銀行別に用意した仮想デスクトップで作業を行うことを計画した。TISは長年の経験で培った技術を駆使して、銀行の業務専用端末の仮想化を成功へと導き、事務受託事業のプラットフォーム構築を支援した。

本社 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134番地 横浜ビジネスパーク イーストタワー
設立 2014年 7月
資本金 5,000万円(2015年9月末現在)
事業内容 金融機関等からの事務受託業務
URL
株式会社バンク・ビジネスファクトリー様

課題

銀行事務に特化したBPOサービスを提供

バンク・ビジネスファクトリーは、セブン銀行の事務センターを前身として、2014年7月に設立された。代表取締役社長の中嶋良明氏は、企業化の背景をこう語る。「全国の銀行は、常に業務合理化・効率化の手段を模索されています。そこで我々がセブン銀行で培った事務効率化のノウハウをBPOサービスとすることで、お役に立てるのではと考えました。目標は、お客様であるさまざまな銀行のコスト削減に貢献できる、安心・安全な事務スキームの提供です」。
銀行から受託する事務は、口座の開設申込書や振込依頼書のエントリー業務をはじめ、住所・氏名変更の対応、カード紛失時の対応などがある。いずれも銀行の中心的な業務に深く関わる事務作業であるが、この領域に特化したBPOサービスは、同社が先駆けとなる。「銀行事務は求められるセキュリティ・正確性のレベルが非常に高いのが特徴。さらに、業務への深い理解が必要で、一般的なBPO事業者では対応が困難でした。銀行のお客様からは、当社がセブン銀行で培った経験・知識を高く評価いただいています」(中嶋社長)。

デスクトップ仮想化で受託業務の合理化を

同社は会社設立前年の2013年から、BPOで提供するサービス内容を策定するため、改めて銀行事務に共通する課題を洗い出した。「銀行のお客様のお悩みの一つに、変動する事務作業量に対する、適切な作業人数・端末台数の確保がありました。たとえば、振込依頼書の多くは給料日付近に集中するため、システムへのエントリー作業の量もピークとなります。しかし、この最大値に合わせて人員と専用端末を行内に確保することは、銀行にとって大きなコストの負担となっていました」(中嶋社長)。
このエントリー作業をバンク・ビジネスファクトリーがBPOサービスとして請け負うには、同社側に、各銀行に合わせた高度なセキュリティを保ちつつ、変動する作業量に柔軟に対応できる作業環境を用意することが不可欠である。そこで、システムを担当する社員から出たアイデアが、デスクトップ仮想化の技術を利用した端末環境の構築であった。
同社のサーバ上に銀行別の仮想デスクトップを用意し、オペレータは手元のクライアント端末から仮想デスクトップを呼び出して作業を行う。「この方法なら、作業量に合わせて端末台数を柔軟に増減できます。さらに、オペレータを適切な人数に調節する運用を加えれば、コストは十分に抑制ができ、サービス化は可能と考えました」(中嶋社長)。さらに、デスクトップ仮想化は、シンクライアントやゼロクライアントと組み合わせることで、クライアント端末側にデータが残らないため、銀行の求めるセキュリティ要件をクリアできる見込みも高かった。
こうして事務受託事業のプラットフォームを構想するなかで、2014年に入って、ある地方銀行が同社のBPOサービスの計画に強い関心を示す。これを機に、デスクトップ仮想化を利用したプラットフォーム構築に向け、本格的な取り組みがスタートした。

選択

デスクトップ仮想化の経験と技術力を重視

同社が計画した、デスクトップ仮想化を利用した銀行事務の受託事業はビジネスモデルとして前例がなく、システム構築を託すSIベンダーの役割は重要となる。そして会社設立直前の2014年6月、SIベンダーの選定がスタートした。
同社システム部の柚木雅之氏は当時を振り返る。「デスクトップ仮想化という技術自体は、既に一般的となりつつありますが、当社は銀行からの受託事務を行うことから、高度なセキュリティの確保をはじめ、さまざまな技術面での課題が予想されました。そのため、過去の実績を重視して、大手ベンダー数社に提案を打診しました」。
その一社として提案に参加したTISの印象を、柚木氏はこう振り返る。「国内でシンクライアントの普及が始まった2000年代初頭から、導入に携わっているとのこと。銀行での仮想デスクトップ導入実績も豊富で、経験値は申し分ないと感じました」(柚木氏)。

“重要な一歩”を託せるITパートナー

最終的にTISを選択した理由は、デスクトップ仮想化の経験の豊富さと、技術力の高さだったと柚木氏は言う。「6月から7月にかけて候補のSIベンダーとディスカッションを重ねました。TISの技術者とも何度か意見交換を行いましたが、シンクライアント端末などハードウェアの知識や、Windows XP環境を仮想化する際のトラブルへの対処法など、幅広い知識に感心しました。他のベンダーも“デスクトップ仮想化に強い”とアピールしていましたが、TISほどの信頼感を与える会社はありませんでした」(柚木氏)。
また中嶋社長は、TISをパートナーに選んだ背景をこう語る。「今回は、単なるシステム構築ではなく、新しい会社の事業基盤をつくる非常に重要なミッション。そのため、セブン銀行でお取引の実績があるSIベンダーだけで検討するのではなく、各社横並びで比較検討することとしました。どの会社が最もデスクトップ仮想化の技術に精通しているか?当社と長くお取引していけるのはどの会社か? 今回、TISはその選択条件に最も合致するSIベンダーでした」。
そして、2014年7月にバンク・ビジネスファクトリーが設立され、9月にはファーストユーザとなる地方銀行から、振込依頼書のエントリー事務の受託が決定。こうした動きのなか、デスクトップ仮想化を利用したプラットフォーム構築は、TISに正式発注となった。

導入

難関となった業務専用端末の仮想化

TISは2014年9月末から要件定義に取りかかったが、ほぼ同時期、バンク・ビジネスファクトリー システム部は予期していなかった課題に直面する。「地方銀行のお客様から、行内事務で使用している業務専用端末の詳細情報を提供いただいたのですが、デスクトップ仮想化への対応が困難であることが明らかになったのです」(柚木氏)。
この業務専用端末は、入力作業用のアプリケーションを開発したベンダーが、Windows XP搭載PCに同アプリケーションを組み込み、業務用途に特化したもの。アクティブディレクトリ環境での利用を想定した構成になっていなかったことが、デスクトップ仮想化の障壁となった。
「ベンダーから提供いただく、アプリケーションを含んだOSイメージは、手を加えないことが条件となっていたため、TISが技術的な解決策を講じることになりました」(柚木氏)。そして、TISはアクティブディレクトリ環境でも動作するよう、ユーザープロファイルの管理方式の見直しを提案。試行錯誤を重ね、最終テストでは、仮想化した業務専用端末の起動に無事成功した。

こうして、国内に約70台、大連に約30台のシンクライアント端末が設置され、データセンターのサーバとネットワーク経由で接続。その後、バンク・ビジネスファクトリーはオペレータのトレーニングやテスト運用を行い、プロジェクトの全工程は2015年6月にカットオーバーを迎えた。「技術的な部分だけでなく、進捗管理についてもTISがしっかりバックで支えてくれたおかげで、円滑にプロジェクトを進められました」(柚木氏)。

効果

効率的作業で銀行のコスト抑制に貢献

こうして完成した仮想デスクトップのプラットフォームを利用して、2015年7月、地方銀行から受託した振込依頼書のエントリー業務が始まった。「本番稼働を開始して2カ月が経過しましたが、システム障害は一度も発生しておらず非常に安定しています」(中嶋社長)。
当初の計画どおり、日によって変動する受託作業量に対して適宜、適切な数の仮想デスクトップおよびオペレータを割り当てることで、効率的な業務が実現している。「お客様からはお礼の電話もいただきました。満足のいくコスト削減効果が出ているのではないでしょうか」(中嶋社長)。
この仮想デスクトップを利用したBPOサービスに対して、強い導入意向を持つ新たな地方銀行も増え、既に大連のオフショア拠点の現地視察も行われている。「今後の事務受託事業の拡大を見越し、より多くの銀行の仮想デスクトップを用意できるよう、TISの力を借りてプラットフォームの基盤強化を進めています」(柚木氏)。

高セキュアな作業環境で信頼を獲得

銀行との商談を通じ、作業環境のセキュリティ面への関心の高さも、改めて実感しているという。「銀行ごとに独立した仮想デスクトップを用意して事務を行うこと。そして、国内・中国の拠点には仮想デスクトップの画面転送を行うだけで、顧客情報などのデータは一切送信しない当社のBPOを説明すると、“それなら安心して任せられる”と好反応をいただけます」(中嶋社長)。
また銀行にとって、委託事務用に業務専用端末を用意せずに済む点も、評価されるポイントになるという。「当社のシンクライアント端末が、そのまま各銀行の業務専用端末になると説明すると、関心を持たれるお客様も多いですね」(中嶋社長)。
完成した仮想デスクトップのプラットフォームを利用して、より多くの銀行の課題解決に貢献していきたいと中嶋社長は締め括る。「当社が成長していくために欠かせない基盤をしっかり作っていただき、TISへの信頼は大いに深まりました。引き続きTISならではの提案をいただきつつ、一緒にプラットフォームを大きく育てていければと願っています」。

効率的作業で銀行のコスト抑制に貢献

お客さまの声

左から
株式会社バンク・ビジネスファクトリー
代表取締役社長 中嶋良明氏
システム部 調査役 柚木雅之氏

仮想デスクトップによる銀行事務受託事業というビジネスモデルは、金融業界の新しい挑戦だと思います。そのため要件がなかなか定まらず、TISには無理なお願いをしましたが、真摯に受け止めていただき感謝いたします。全国の銀行の収益拡大に貢献するという目標を考えれば、今回のプラットフォームの実現は小さな一歩ですが、その意義は非常に大きいと感じています。TISには今後ともITパートナーとして、力強い支援を期待しています。

TIS担当者から

TIS株式会社
プラットフォームサービス本部
プラットフォームサービス事業部
プラットフォームサービス第2部主任
笹村俊之

これまでに手がけたデスクトップ仮想化の案件のなかでも、今回の業務専用端末の仮想化は、特に技術的な難易度の高い挑戦となりました。それでも、お客様と協力してその壁を乗り越えて、リリース後の障害ゼロ件を達成できたことは、開発担当として大変うれしく思います。
バンク・ビジネスファクトリー様とTISは初めてのお取引でしたが、提案の時点から当社の技術力を高く評価いただき感謝いたします。これからもデスクトップ仮想化分野におけるスペシャリストとして、銀行業務の事務受託の課題解決に貢献していきたいと思います。

  • ※ TIS、TISロゴはTIS株式会社の商標または登録商標です。
  • ※ その他の会社名、商品名、サービス名は各社の商標またはサービスマークです。

PDF資料ダウンロード

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
株式会社バンク・ビジネスファクトリー様のケーススタディ(事例)です。TIS Direct Webは、ITソリューションによってビジネス課題の解決策をご提供する情報サイトです。

更新日時:2019年4月16日 11時55分

PAGE TOP