ASTERIA

ASTERIAは、ハブ型連携で「つなぐ!」マルチプロトコル&マルチプラットフォーム対応の汎用データ連携サーバーです。TISではインフォテリア社のASTERIAを利用し、企業内外に偏在するシステム間のデータの”つなぎ”を実現させます。
ASTERIAを利用することにより、年々増加しつつある企業内・企業間におけるデータのやり取りやシステム開発・運用で発生する「課題」を解決することが可能となります。

課題

  • 既存システム間でインターフェースが異なる。
  • 既存システム間でデータフォーマットが異なる。
  • 片方のシステムにおいて仕様変更が発生した場合に、データ連携部分に大きな改修が必要となる。
  • 接続先の追加が柔軟に行えない。
  • システム構築にできるだけ注力し、他システムとのI/F開発はできるだけ効率化・開発期間の圧縮をしたい。
  • 運用段階のI/F改変を柔軟に、かつ簡単に行いたい。可能なら、お客さま側情報システム部門でもできるようなものにしたい。

特長

開発生産性の高いGUIベースの開発環境

  • アイコンを並べて設定するだけで開発が可能
  • ノンコーディングでシステム開発
  • システム構築時の開発効率の向上が可能
  • プログラムの属人性を排除
  • 処理フローやデータ変換内容などの仕様書が出力可能

ハブ型のデータ連携サーバー

  • 必要なデータを必要とする形で必要な対象へLoad
  • 基本的に接続先システムに手を加える必要がなく、導入が容易
  • 将来的に何種類かのシステムとのデータ交換が必要、あるいは連携項目、方法に変更が生じる可能がある場合に大きな効果を発揮

他製品では実現の難しい、特徴的な連携機能

  • Excelファイル連携(オプション)
  • PDF出力
  • メール自動送受信連携
  • ノーツデータ連携(オプション)
  • XML連携用各種機能

導入のメリット

ビジネス面

  • データの流れを見える化および人為的ミスの低下
  • システム開発効率UPおよび管理・運用コストを削減
  • ビジネスの変化にスピーディーに対応する企業システムで競争力を向上させる
  • Excel資産のデータ連携自動化

豊富なデータ連携

Excelファイル連携(オプション)
ASTERIAは、Excelのワークシート上のセルデータを読み取ったり、セルにデータを書き込んだりすることができます。現場で起こしたExcelの伝票をそのままメールで送ってもらって社内の基幹DBへ格納したり、逆にセンター側にテンプレートのExcelを用意しておき、そこに顧客毎のデータを埋め込んで定期的に顧客へ配信するといった業務を自動的に行うことができます。
PDF出力
ASTERIAは、Excelで表現できる程度の簡易帳票であれば、PDFを抽出・加工・生成することができます。さらに自動的に運用させることが可能です。
メール自動送受信連携
ASTERIAでは、メールを1つの通信プロトコルとして実装しているため、メールの大量処理や自動処理に活用できます。「受信したメールの添付ファイルを抜き出し、内容を加工してDBに格納する」「DBから抽出し、内容を加工したデータをメールに添付して相手に送る」といったことを自動で行うことができます。
Notesデータ連携(オプション)
ASTERIAは、Notes文書のデータ読み込みや書き込みが可能です。Notesとのリアルタイムな連携処理、Notesから他のDBへの移行処理、他の業務データを元にNotes文書を自動生成するといった処理ができます。また、Notesの添付文書の抽出も行うことができます。
  • この他、さまざまのアプリケーションとの連携が可能なっています。
    対応プロトコル:SOAP,HTTP,FTP,SMTP,POPE,IMAP4,LDAP,全銀TCP/IP
    対応データフォーマット:Record,CSV,固定長,XML,HTML,Parameter List,Binary,TEXT,FILE,XBRL,ZIP,PDF,Excel,MIME,S/MIME

開発・運用面

  • 短期開発、他システムとのインターフェース設計・開発効率化による開発コストの削減
  • 属人プログラムからの脱却、システムの可視化でメンテナンス効率UPによる運用コストの削減
  • 急なシステム変更や最新のテクノロジーにも即時対応可能

GUIベースの開発環境

システム設計開発ツール「Flow Designer」によるGUIベースの開発は、従来の複雑なコードプログラミングによる開発工程に比べ、開発作業がはるかに容易になります。
また、処理内容を可視化したフローにより、開発内容を開発者や管理者の間で確認がとりやすくなります。そのため、実装が可能・不可能な部分の判断をより早期に発見し、開発工程の間にも、システム仕様上の問題点の解決も取りやすくなります。
意向のすれ違いにより一度作り上げたシステムを再度構築しなおすようなトラブルも軽減され、開発作業の負荷軽減が望めます。また、開発工程全般の工数削減につながります。

モデルケース

データの集配信

さまざまなシステム間のデータ連携基盤としてASTERIAを採用し、データの集配信を実現します。

例)
  • 各店舗へのマスターデータ配信など、多くの拠点間でのデータの集配信をASTERIAで実現。
  • 各店舗のPOSデータの集配信にてASTERIAを導入。

DWH構築・データ連携の基盤

DWH構築の中核として、多くのデータベース間連携をASTERIAにて実現します。

例)
  • 各種基幹システムのデータを収集し、用語、単位の違いを吸収してDWHへ投入。
  • BIシステムへのインターフェースとして活用。

その他

その他、さまざまな活用方法があります。

例)
  • WebサイトのSEO対策として、サイトの静的HTMLページの大量生成をASTERIAにて実現。
  • 納入業者に対する納品書のPDF生成およびメール配信をASTERIAにて実現。

導入事例

経営計画システム構築

企業プロフィール

  • 資本金 約1億2000万円
  • 従業員数 約35,000人
  • 業種 製造業

導入前の状況

  • さまざまな情報(システム)が個々に乱立し統合化できていない。
  • 経営計画の策定が年度内に渡って携わる必要があるが連携されていない。
  • 各部署単位で集計や展開をしているため、各部署が最終的な集計数値を確認するのに莫大な工数がかかる。

発生していた問題

  • タイムリーな情報確認ができない。
  • 計画の進捗や決裁の進捗などを正確に捉えきれていない。
  • データ転記作業における無駄な工数が発生。
  • 現状の会議体では最新見込みがないため数字合わせに追われた会議になっている。
  • 過去の実績に対する会議しかできない。

導入したシステム

新システムにより実現できたこと

  • 経営情報の「一本化」と「見える化」・・・会社全体・事業部・部署・プロジェクトごとの状況が迅速に把握可能に!
  • 計画策定工数の削減・・・計画策定工数(主に営業部門・経理部門)の大幅削減に寄与!
  • 会議革命・・・課題の“見える化”を図ることで、今後の具体的対策やアクションの検討に重点を置いた会議体への移行が実現!!

企業内外のシステムと連携を可能にする革新的なプラットフォーム構築

ダイナミックなWeb/Mailアプリケーション基盤

ASTERIAのノンコーディングなシステム開発特性を最大限に生かしてユーザーインターフェースを統合することで、ユーザーの要望に迅速に対応できるアプリケーションを実現します。

  • Web/メール/ファイルなど、あらゆるチャネルに対応
  • テンプレートベースによるデザインとロジックの分離
  • Excelマクロに依存しない真のシン・クライアント環境
  • データベースからPDFを動的に生成することも可能

インターネットを介した企業間システム連携基盤

さまざまな企業間システムのパターンに対応するためマルチ・プロトコル通信、マルチ・フォーマット変換をサポートしています。

  • メッセージベースの高信頼性BtoBシステム
  • Webサービスによる簡易BtoBシステム
  • WebEDIサイトの自動巡回

バックエンドデータを連携させる社内システム連携基盤

従来のEAIと異なり、各サブシステム単位の視点でインターフェースを取りまとめることができます。これにより、社内システム連携にまつわるさまざまなリスクを回避することができます。

サービスメニュー

TISは、ASTERIAを利用したシステム構築や導入・保守に関するサービスメニューを用意し、スムーズな運用をサポートします。

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
ASTERIA-TIS Direct Web
ASTERIAのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。ASTERIAのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年12月18日 15時40分

PAGE TOP