ACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)

ACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)

本動画では、TISのACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)の特徴や画面イメージをご紹介します。

動画再生はこちらから

ACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)は、基幹・周辺システムからのあらゆるトランザクションデータを統合データハブとして収集し、会計イベントモデルと仕訳パターンのマッピングにより、一元的に自動仕訳変換を実現します。

こんな課題でお困りではないですか?

  • IFRS対応、内部統制対応、企業再編・・・さまざまな事業環境の変化に対応できていない。
  • 個別業務のIT対応はできているのに、グループ全社の状況をつかむのに苦労している。
  • 複雑で運用負荷の高いシステム、重複した機能の維持など不要なITコストが発生している。
  • 透明性、信頼性が重要な会計業務だが、システム対応が万全ではない。
  • 子会社からの業績報告データの精度が悪く、集計に時間がかかる。
  • 海外子会社の会計処理の見える化や一元化によりグループ全体のガバナンスを強化したい。

特長

複数システムから仕訳生成機能を分離

複数のシステム(データ発生源)から仕訳生成を機能として分離し、集中管理します。会計基準変化への対応が容易になり、システムのメンテナンスコスト削減に寄与します。

仕訳情報から生成元伝票まで追跡可能

生成した仕訳情報は、仕訳情報から生成元伝票まで追跡が可能です(ドリルダウン機能)。各種監査にも迅速に対応できます。

仕訳生成をルールベースで一元管理

専用の画面で仕訳生成ルールを登録でき、またルール毎に世代管理をサポートしています。
仕訳生成機能を集中化することにより、システム間、グループ会社間で異なっていた仕訳粒度の整理および統一することが可能です。

会計システムを問わない柔軟な連携

多種多様な会計システムとの連携、海外子会社での利用が可能な多言語対応など、幅広いエンドユーザー様にご利用いただけます。

導入のメリット

環境変化への柔軟な対応

  • 国際会計基準(IFRS)への日本基準のコンバージェンスにより変化していく仕訳生成ルールに迅速・柔軟に対応します。
  • 複数帳簿に対応できるため、国際会計基準と各国基準それぞれの帳簿を持つことができます。
  • 組織変更、業務拡大に伴う業務フロー、仕訳生成およびルール変更にも迅速・柔軟に対応します。

経営管理の高度化

  • 財管一致(精度、タイミングの両面)を実現し、迅速で高度な財務分析を可能にします。
  • グループ経営、グループ会計の実現に向けての基盤を構築します。グループ各社毎の仕訳生成や、会社間取引の仕訳生成も可能です。

会計業務の効率化、コスト削減

  • 複数の仕訳生成データを自動で集約することで、会計業務が効率化されます。
  • 通常業務においての仕訳や、決算時の残高管理・伝票照合といった業務を自動化し、人的負荷の軽減やミスを排除することにより業務の効率化を推進します。
  • グループ企業での会計システム共同利用、自動仕訳機能のシェアードサービス化を推進します。

コンプライアンスの強化

  • 仕訳生成ルールが透明化されるので仕訳の根拠が明確となり、会計監査、システム監査の要件を満たします。
  • 承認機能により未承認の仕訳生成ルールの変更を排除できるため、内部統制の強化につながります。

モデルケース

「現行システムを有効活用したIFRS対応」

このような課題をもつお客さま

  • 現場向けにフロントシステムをスクラッチ開発していて、IFRS対応での改修コストが気になる。
  • 稼働システムが多く、会計情報のインターフェースが複雑で維持・管理が大変だ。
  • 導入済みERPパッケージの複数帳簿機能を生かしてコストをかけずにIFRS対応を行いたい。

課題解決ポイント

活用メリット

  • 会計仕訳に関する設定を一元化・集約する事で、今後のIFRS・日本基準の変更にも柔軟に対応が可能です。
  • 複数業務システムのマスター管理から一元管理にする事でIFRS対応を契機としたTCO削減が可能です。
  • 会計業務や仕訳作成のプロセスをシステムを通じ標準化する事で今後のシェアードサービス化やグループ経営高度化に向けた基盤づくりを推進します。

サービスメニュー

TISは、ACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)の導入に対して、現状分析フェーズ~サポートフェーズまでシステムライフサイクルサービスをご提供します。

導入アセスメントサービス(無料)

お客さまとのセッションを基に、導入計画・概算費用提出、ハードウエアサイジング・推奨機器構成定義、機能Fit&Gap検討支援を無料にて実施します。

基本導入コンサルテーションサービス

お客さまへのヒアリングを基に、インスタンスセットアップ、製品セットアップを実施いたします。また、保守性・運用性を考慮した運用設計コンサルティングや各種マニュアルのご提供を行います。

製品ライセンス提供

自動仕訳エンジン(ACTIONARISE Journal Engine)、Framework、Application Server、Database等、動作環境に必要な製品のライセンスをご提供します。

個別導入作業(オプション)

仕訳(債務・債権)要件定義、データ入出力カスタマイズ、アドオン開発、性能チューニング等、お客さまの状況に応じた導入支援を実施します。

ハードウエア導入/設定(オプション)

導入アセスメントサービスにてご提案させていただく推奨機器の導入、設置からOSの設定までを行います。

トレーニングサービス

経理担当者向け、保守担当者向けに操作トレーニングをご提供します。

保守サービス

TISが一次窓口となり、障害対応、問い合わせ対応、マイナーバージョンアップ対応などの保守・サポートを行います。

関連コンテンツ

本動画では、TISのACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)の特徴や画面イメージをご紹介します。

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
ACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)-TIS Direct Web
ACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)のページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。ACTIONARISE Journal Engine(自動仕訳エンジン)のご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年12月18日 15時38分

PAGE TOP