サイト内検索
サイト内検索を閉じる

クラウド脆弱性診断サービス

こんな課題をお持ちではありませんか?

  • クラウドにシステムを構築したが、様々な設定項目があるので設定ミスがないか確認したい。
  • オンプレからクラウドにシステム移行したが、設定内容に不安があるため攻撃者視点から穴がないか確認したい。
  • 環境リリースまでに時間が無いので、早期に最低限の設定確認を実施したい。

サービス概要

クラウドコンソールへアクセスし、実際にクラウドシステム内の各項目について設定不備がないか専門家の目を通して調査するサービスとなります。
AWS/Azure/GCP/Salesforceに対応しており、様々なクラウドセキュリティを評価します。

特長

大手3大クラウド(AWS/Azure/GCP)+Salesforceに対応

読み取り権限のみ付与したアカウント/ロールをご連携いただき、ツールや専門家による評価を組み合わせ、各クラウドの利用形態に沿った診断を実施します。

  • AWS(Amazon Web Services)
  • Azure(Microsoft Azure)
  • GCP(Microsoft AzureGoogle Cloud Platform)
  • Salesforce

サーバレス環境やコンテナ環境など利用形態に応じた診断が可能

専門家による手動診断有無やクラウド利用形態に合わせて、複数のプランをご用意しています。
クラウド利用形態での実施可否や診断内容の詳細については、お問合せください。

お問い合わせ

サービスイメージ

ツールなどを駆使し、専門家による攻撃者目線での調査を実施いたします。

サービスメニュー

診断期間やご予算・診断内容のご希望に合わせ、複数の診断プランがございます。

クラウド診断(ライト)

クラウド資産を棚卸しし仮想マシン・ストレージバケット・コンテナなどクラウドワークロード内のマルウェアやOS・ソフトウェアの脆弱性・設定ミス・不適切な場所に保存された個人情報や鍵などパブリッククラウド環境内のセキュリティ上の問題を検出します。
合わせてCISベンチマーク項目への準拠状況もご報告します。

クラウド診断(フル)

ライトプランの内容に加えてクラウドセキュリティに特化したエンジニアが攻撃者目線でマニュアル診断を行います。
ツールが苦手なIAM・Cognitoなどの認証認可サービスの設定や設計仕様に関連した問題まで対応することが可能です。
認証認可基盤を利用したサービスや、個人情報や金融情報などの重要な情報を扱うサービスにおすすめです。

Salesforce診断

アクセス制御系の権限回りとデータセキュリティを中心にレビュー。
ゲストの設定診断のほかカスタマーユーザーや認証済みユーザーにおける認可制御の不備がないかなどsalesforece組織の設定と管理のセキュリティを包括的に診断します。

お問い合わせ

PAGE TOP

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
クラウド脆弱性診断サービス-TIS Direct Web
クラウド脆弱性診断サービスのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。クラウド脆弱性診断サービスのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2023年1月6日 14時34分