Oracle DB クラウドマイグレーションサービス

Oracle DB クラウドマイグレーションサービス

※ITメディアの外部サイトへリンクします。全文読んでいただくためにはITメディアの会員登録が必要になります。

サービス概要

世界的なクラウド化の流れの中で、Oracle DBのクラウド化は一つの課題となっています。長年Oracle DB上でERPシステムや基幹系システムを運用してきた企業にとっては、大規模化したDBがハードルとなり、クラウド環境への移行が難しい状況となっています。大量のDB管理容量に加え、ライセンスコストの問題、Oracle DBと移行先であるクラウドサービス(IaaS) の双方に精通しているSIerが少ないことが、その難易度の高さの理由に挙げられます。

そこでTISは、こうしたクラウド環境への移行が進められない企業の課題を解決するために、「Oracle DB クラウドマイグレーションサービス」を提供しています。

「Oracle DB クラウドマイグレーションサービス」は、IaaSレイヤーだけでなく、Oracle DBのミドルレイヤーも含めたクラウド環境への移行・運用を支援するサービスです。TISは、 Oracle Platinum PartnerおよびAWS Partner Networkのプレミアコンサルティングパートナーに認定されており、本サービスは、この双方の実績・ノウハウを組み合わせ提供します。
本サービスによりOracle DBをクラウドに移行することで、ソフトウェアライセンスのコスト最適化やDBの最新バージョンへのアップグレード、運用負荷軽減や効率化、サーバーリソースの有効活用などのメリットを実現します。

本サービスは、現行のシステム基盤をTISがアセスメントし、クラウドへ移行する基本方針及び実行計画を策定します。移行では、IaaSの構築/移行に加えてOracleDBの移行やバージョンアップなども一貫して実施します。また、運用サービスではIaaSとDBの統合運用監視も可能です。

機能・特長

アセスメントやTISの独自の移行サービス・アセットにより、大規模な基幹システムを安全にクラウド環境へ全面移行

大規模・ミッションクリティカルな基幹システムの導入実績や移行・運用ノウハウが豊富なTISだからこそ、Oracle DB・ミドルウェアおよびアプリケーションも含めクラウドへ全面移行することが可能です。

OracleDBとAWS(IaaS)を組合せたサービスの提供

TISは、 Oracle Platinum PartnerおよびAWS Partner Networkのプレミアコンサルティングパートナーに認定されており、本サービスは、この双方の実績・ノウハウを組み合わせ提供しています。

IaaSレイヤーだけでなく、Oracle DBのミドルレイヤーも含めたクラウド環境の運用・保守

移行後はIaaSだけでなく、Oracle DBも含めたシステムの運用・保守を支援します。

マルチプラットフォームの統合監視

マルチプラットフォームに対する監視サービスは、オンプレミスおよびクラウド環境問わず統合監視が可能です。

導入メリット

インフラ運用負荷の軽減・TCO削減

クラウドへ移行後、IaaSだけでなく、DBも含めて統合運用監視・管理をTISにて行いますので、お客様のインフラ運用負荷を軽減します。また、クラウド上での稼働により、IT資産をスリム化し、ハードウェア、ソフトウェアの購入・導入・保守費用のTCO削減を実現できます。

システム規模拡大や展開への柔軟性確保

事業規模の拡大や展開に応じてシステム変更の手間やコストが発生していましたが、基幹システムも全面クラウド化することで利用サービスの追加、廃止等も容易となります。

災害時の事業継続性確保

クラウド上で稼働させることで災害対策として、事業継続性を確保することが可能です。

DB最新バージョンのメリット享受

DBは最新バージョンで稼働することができ、機能面でもセキュリティ面でもメリットがあります。

DBライセンスコストの最適化

アセスメントにてDBサーバのCPUスペックが余剰でないか等を確認し、サイジングの見直しによりライセンスコストの最適化を行います。

DB運用・管理の効率化とDB運用負荷軽減

クラウド、オンプレ環境を問わず、SaaS型の統合監視およびOracle DBの監視・管理することができ、効率化を実現できます。

DBサーバリソースの有効活用

複数の異なるOS、異なるバージョンのOracle DBを集約し、DBサーバリソースを有効活用できます。

データセキュリティの確保や内部統制への対処

クラウドサービス毎にセキュリティのベースラインおよび企業毎セキュリティポリシーを定義し、クラウド環境のセキュリティ監視を実現します。またAPIベースの監視によりクラウドサービス毎・利用者毎の細かな挙動を監視することが可能です。

導入プロセス

Oracle DB クラウドマイグレーションサービスの進め方は以下通りとなります。

サービスメニュー

サービス概要

「Oracle DB クラウドマイグレーションサービス」は、既存システムをアセスメントしクラウド移行の基本方針を策定する「アセスメントサービス」と、実際のクラウド環境やDB基盤の構築からDBの移行やバージョンアップ・検証を実施する「クラウド環境移行サービス」、移行後のIaaSレイヤーとDBレイヤーの運用監視などを行う「運用サービス」などで構成されています。各サービスの特長と内容は以下になります。

  • アセスメントサービス
    Oracle DBを利用している現行のシステムをアセスメントし、クラウド環境へ移行するための方針、実行計画を作成します。現行DBのリソースを確認し、クラウドのリソースやソフトウェアライセンスのコスト最適化を提案します。また、各機能への影響調査なども行い、何(システム)を、いつ、どのように、いくらでクラウド環境へ移行するのかを検討します。

  • クラウド環境移行サービス
    実行計画に基づいて、これまでの実績で培ったアセットやツールを活用して安全かつ効率的にOracle DBも含めたクラウド環境への移行を行います。必要に応じDBのバージョンアップも実施します。同時にクラウド環境における運用方法を検討し、IaaSレイヤーとDBを含むミドルレイヤーの運用監視方法についても検討します。

  • 運用サービス
    クラウド環境へ移行した後、IaaSと、DBも含めて、統合運用監視・管理を行います。また、TISのITアウトソーシングサービス拠点である「MSCC(Managed Service Control Center)」が提供するサービスを利用することで、24時間365日の体制でシステム監視やリモートオペレーション対応なども可能です。

  • セキュリティ対策サービス
    不正アクセスなどのセキュリティリスクの早期発見のため、クラウド環境へのアクセス監査を行い、セキュリティ・ガバナンスを支援します。

導入費用

  • アセスメントサービス:50万円(税別)より
  • クラウド環境移行サービス:100万円(税別)より
  • 運用サービス:月額サービス利用料2万円(税別)より
  • セキュリティ対策サービス:個別見積り

関連コンテンツ

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
※ アマゾン ウェブ サービス、AWS は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
Oracle DB クラウドマイグレーションサービス-TIS Direct Web
Oracle DB クラウドマイグレーションサービスのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。Oracle DB クラウドマイグレーションサービスのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2019年1月29日 11時0分

PAGE TOP