サイト内検索
サイト内検索を閉じる

Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービス

Oracle DB × Exadata × OCIに精通したTISがExaCSへのシステム移行を支援
Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービスはお客様のオンプレミスで稼働しているExadataおよびエンタープライズDBシステムをOCIのExaCSへ移行するサービスです。コンサルティングから移行・運用保守までのライフサイクルを通じトータル支援します。

Oracle Exadata Cloud Serviceとは?

Oracle社が提供するExadata Cloud Serviceは、オンプレミスでもクラウド環境でもOracle Databaseの処理に最適なプラットフォームであるOracle Exadataをパブリッククラウドで提供するサービスです。エンタープライズ領域において、コストを含めた最適なDB基盤環境への移行を実現し、他クラウド環境と連携したマルチクラウド化にも対応します。クラウド上でDBが統合管理されるため、システム運用の負荷が軽減されます。ハイブリッドクラウドにも対応するため、現在オンプレミスで運用しているExadataのBCP対策/DR対策としても利用可能です。

このような課題を解決します。

  • 現行オンプレミスExadataをEOSLのタイミングでクラウド化したい
  • 現行オンプレミスの複数DBをクラウド上で統合管理して運用負荷を軽減したい
  • 現行オンプレミスExadataのBCP対策/DR対策を最適コストで実現したい

Oracle Exadata Cloud Service導入のメリット

Oracle Exadata Cloud Serviceは、Exadataを利用した他のサービスと何が違う?

Exadata機能の利用パターンとしては下表の通り、オンプレミスのOracle Exadata Database Machine、オラクルクラウドで利用するOracle Exadata Cloud Serviceの他、お客様データセンタでOracle Exadata Cloud Serviceを利用するOracle Exadata Cloud@Customer、インフラからDBまでオラクルが管理するフルマネージドで自律型DBのOracle Autonomous Databaseの選択肢があります。
Oracle Exadata Cloud Serviceは大きな初期投資無しに容易にExadata環境を利用でき、OSログイン可能なためソフトウェア追加など柔軟な運用ができます。

Exadata機能の利用パターン比較

TISが提供する「Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービス」とは?

TISが提供する「Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービス」は、お客様のオンプレミスで稼働しているエンタープライズDBシステムを、Oracle Cloud Infrastructure(以下OCI)のExadata Cloud Service(以下ExaCS)へ移行するサービスです。
Oracle DBを含むシステムのOCI ExaCS移行を、コンサルティングから、移行・運用保守まで、ワンストップでサービスを提供します。
Oracle DB × Exadata × OCIに精通したTISだからこそできるサービスです。

Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービス構成図

1.アセスメント

アセスメント

4つの工程でExadata Cloud Serviceの導入移行の計画策定を支援します。Fit&GapではTIS独自のExadata Cloud Service導入ガイドラインを活用しながら、制約への対処や各種方式、運用ポリシーなどをお客様システムに合わせ整理していきます。

アセスメント事例資料はこちら

PoC

Exadata Cloud ServiceおよびOCIにおいて移行、性能、運用の3つの観点で検証することによりフィージビリティを確認します。Oracle DBバージョンアップによるSQL影響の実機確認や、オンプレ/クラウド間ネットワーク性能の実機検証などのサービスを提供します。一部メニューのみの選択も可能です。

2.導入・移行

Exadata Cloud Serviceの導入・セットアップからOracle DB移行・システム切替えまでをOCIのIaaSレイヤも含め支援します。TISのExadata Cloud Service導入・移行アセットテンプレートを使いながら効率的に導入・移行やDBバージョンアップを実現します。要件に応じて高可用性構成やディザスタリカバリへの対応、停止時間を極小化した移行の実現など、ノウハウと実績豊富なTISならではの技術力で支援します。

3.運用保守フェーズ

Exadata Cloud ServiceおよびOCIの運用保守をトータル支援します。TISがもつOracle統合運用管理サービスを拡張し、 Exadata Cloud Serviceにも対応します。以下の2つのメニューで、継続的な保守運用と改善提案を行います。また、お客様自身で運用される場合は、手順書やナレッジトランスファーを十分に行い、担当者へ引継ぎます。

Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービスの価値とは?

Exadata Cloud ServiceはExadata固有機能やOCI利用作法を理解した上で導入・運用をする必要があります。30年以上のOracle DB取扱い実績とExadata・OCIの実績・ノウハウをもつTISが、Exadata Cloud Serviceへのスムーズな移行と安全な運用を実現します。

●Oracle Exadata Cloud Service + TISのDBコンサルティング・統合運用管理サービス が必要な訳

コンサルティングサービスの必要性

  • Exadata Cloud Serviceの導入コンサルティングにて、総合的な判断の中で別のDBaaSがマッチする場合もあります。OracleDB基盤の選択肢は複数あり、システムによって最適解は様々です。選択肢も含めた評価・選定をコンサルティングできることも重要です。TISではDBアセスメントの実績・ノウハウも活用しながら、OCI/DBaaSとOracleDBに精通したプロフェッショナルが、お客様システムを最適解に導きます。

Exadata Cloud ServiceとTISの統合運用管理サービス

  • Exadata Cloud Serviceにより、システムのクラウド化とミッションクリティカルDBのサブスクリプション利用を実現し、インフラ運用管理コストの削減を達成します。
  • しかし、データベース全体管理はオンプレミス同様、お客様管理のため、DBA業務が完全になくなるわけではありません。またOSログインが可能なため、エージェントソフトウエアをインストールした場合は、ログ監視運用なども必要となります。
  • TISの統合運用管理サービスは、ミッションクリティカルシステムの24/365オペレータ支援や、IaaSも含めDB稼働状況をクラウドネイティブにモニタリングし、定期的な分析・改善提案を行うことで、安定運用とTCO削減に貢献します。

TISがご提供する価値

  • TIS独自のExadata Cloud Service導入ガイドラインの活用
  • DBバージョンアップによるSQL影響も効率的に把握
  • Databaseの無停止移行にも対応できる技術力と実績
  • 統合運用管理サービスによる24/365の監視とオペレーション体制
  • Infrastructure as Code(IaC)を用いた環境構築や運用機能実装による品質強化
  • AWS/Azure等とOCI ExaCSとのマルチクラウドにも対応
  • オンプレミスのBCP対策/DR対策等のハイブリッドクラウドにも対応

サービスメニューと期間

*1:PoCは別途クラウドサービス利用料が必要 *2:統合運用管理サービスは別途初期費が必要

PAGE TOP

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービス-TIS Direct Web
Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービスのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。Oracle Exadata クラウドマイグレーションサービスのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2023年1月6日 14時38分