TIS - Curation as Business Innovation

TIS - Curation as Business Innovation

TIS - Curation as Business Innovationは、事業特性に応じたIoT(Internet of Things)/IoE(Internet of Everything)のビジネス活用戦略とその実現化プランニングを支援するコンサルティングサービスです。市場の技術動向や競合分析を通じて、現実的な活用範囲や実現化ステップのデザインを行い、新しいビジネスモデルによる価値創出を支援します。

IoEによる価値の創出

企業のIoE活用の課題を解決します

近年のビジネスのデジタル化トレンドのひとつとして、インターネットと様々なモノが繋がることで実現される世界を意味するIoEのビジネス活用への取り組みが急速に注目を集めています。しかしながら、そのプランニングには様々な検討要素があり、活用の実現には多くの時間と労力を要します。

企業のIoE活用の課題を解決します

推進に必要なスキル・ノウハウがない

IoEビジネスを推進・拡大していきたいが、何をどこから着手すべきか分からない。また、IoEの活用テーマでは情報システム部門と業務部門等の組織横断プロジェクトとなる事が多く、効率的な推進方法が見当たらない。

IoEを活用したビジネス拡大を見出せない

センサーやログ、画像等、収集したIoEデータを自社ビジネスのどのようなことに活用すれば良いか分からない。或いは、効率的な活用方針が導出できない。

コンセンサスを図るのに時間を要する

IoEビジネスは不確実性が高く投資効果算出が難しい為、社内の合意形成を図る事に多大な時間を要し、事業拡大の機会を損失してしまう。

特長

業種や市場などクライアントのニーズに則したIoEビジネスについて、TIS独自のアプローチと得意とする業務改善プロセスを用いて、満足度の高いサービスを提供します。

TIS Value

将来的な手戻り防止(トータルコスト低減)や、短期間かつ着実な導入(Quick-win)と効果の早期刈取りの点から、中長期的なあるべき姿を見据えた上で、段階的なあるべき姿を実現していくことがビジネス活用にとって重要なポイントです。投資効果の算定からIoEのビジネス活用の具現化を含めた概括的な方針検討を実施します。

当面の達成すべき目的を設定し着実に遂行することと、IoE事業を活用しながら育てるための柔軟性の確保が重要

進め方

TIS - Curation as Business Innovationでは、IoEビジネスのポリシー決定から、サービス定義、中長期ロードマップ策定やPoC計画の立案までをスコープとしてTISが支援致します。また、個別な技術調査なども実施可能です。

TIS - Curation as Business Innovation

関連サービス

TISのIoE関連サービスは以下のようになっています。詳細情報は、ページ下部の関連リンクからご確認ください。

TIS のIoE関連サービス

よくあるご質問はこちら

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
TIS - Curation as Business Innovation-TIS Direct Web
TIS - Curation as Business Innovationのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。TIS - Curation as Business Innovationのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2016年10月11日 19時13分

PAGE TOP