Oracle GoldenGate(データレプリケーションソリューション)

Oracle GoldenGate(データレプリケーションソリューション)

異種バージョンのDB・異機種HW間のデータ移行、
複数DBの統合、データ連携、災害対策などに最適!

Oracle GoldenGateは、ゼロダウンタイムでのデータ移行やほぼリアルタイムでのデータ連携(データレプリケーション)のためのOracle社の製品です。データベースのログから変更データを抽出(Change Data Capture)することで、既存システムへの影響は最小限で、柔軟性と拡張性を備えたリアルタイムなレプリケーション環境を実現します。

TISは、Oracle GoldenGateを活用し、新環境へのスムーズなデータベース移行作業やビジネスデータ活用のためのデータ連携基盤の強化をご支援いたします。
最適な移行計画をご提案し、事前準備から移行作業、アフターフォローにいたるまで、お客様のご要望にお応えいたします。

お客様が抱える課題

年々増加し複雑化する企業内のデータや、拠点毎・システム毎に散在したデータに対し、お悩みをお持ちではないでしょうか。企業の競争力を向上させるために、リアルタイムでのデータ連携や次世代データベース基盤へのゼロダウンタイム移行といった課題を多くの企業が抱えています。
このようなデータ移行やリアルタイムでのデータ連携、複製・同期(レプリケーション)をめぐって企業が抱える課題を解決いたします。

データーベース移行に伴い抱える課題

  • ミッションクリティカルなシステムのため、極力業務への影響を少なく新しいデータベースへ移行したい
  • 移行元と移行先は異なるデーターベースのバージョン、OSだが、安全に/スムーズに移行したい
  • もしものときは簡単に旧環境へ切り戻しを行いたい
  • 移行検証は何度も行い安全に移行したい
  • データーベースサーバー移行による手間やコストは抑えたい

データー連携に伴い抱える課題

  • データーべースやネットワークへの負荷は最小限に抑えたい
  • 連携元と連携先は異なるデーターベースのバージョン、OSだが、限りなくリアルタイムにデータを連携したい

災害対策に伴い抱える課題

  • データーべースやネットワークへの負荷は最小限に抑えたい
  • 連携元と連携先は異なるデーターベースのバージョン、OSだが、安全に/スムーズに連携したい
  • もしも本番データベースがダウンしたら、代替サイトのデーターベースで業務を遂行したい
  • ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ※Oracle とJava は、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

特長

データ更新をキャプチャし独自の方式でログを取得・転送
データ移行、レプリケーション、業務ごとの双方向同期など
様々な用途で利用可能。異機種間連携も可能

ほぼリアルタイムでスピーディなデータ連携が可能

  • 「Oracle GoldenGate」はソース・システムからのデータ抽出機能(Extract)とターゲット・システムへのデータ複製機能(Replicat)から構成され、OracleのREDOログ情報などから必要なデータのみを、ほぼリアルタイムにレプリケーション(複製)を実施
  • 「Oracle GoldenGate」ならActive-Activeで使用できるので、ターゲット・システムのデータベースも有効活用が可能
  • 「Oracle GoldenGate」を活用することで、社内データベースの統合、分散、データベースマイグレーション、災害対策などを実現

様々な構成(異OS、異DBバージョン、異HW)に柔軟に対応

  • 汎用的なフォーマットでレプリケーションを行うため、異機種環境におけるデータ連携を実現
  • 異種連携により社内に存在する多様な環境間でのデータ連携を容易に実現が可能

データベースへの負荷は最小限

  • データベースのログファイルに直接アクセスするため、データベースに負荷のかかるトリガーなどを使っていない
  • データベースに対して実行された差分情報だけを転送するため、ネットワーク転送量が少ない
  • 常に最新のデータを小さな処理単位で取得するため、急激に負荷の上昇がない
  • 低負荷でレプリケーションをすることで、現行の業務に負荷をかけずにデータの切り出しや統合、システム移行、並行稼動が実現可能

もしもの時でもリカバリが容易

  • 移行先DBに対する更新が、全ての移行元DBにも遅延なく反映され、常に同じデータを格納
  • データを逆同期させることで、迅速な切り戻しが可能となり、もしもの時でも迅速にリカバリが可能

導入のメリット

ゼロ・ダウンタイムでの移行やバージョンアップを実現

データベースやハードウェアの移行をゼロ・ダウンタイムで実施できます。また、ソースとターゲットサイトのOSやデータベースのバージョンが異なるシステムでも対応可能です。

低コストで災害対策やデータ保護を実現~事業継続性の向上~

ストレージのミラーリング機能の代わりに利用することで、ディザスタリカバリ環境のためのコストを抑えることができます。また、トランザクション単位で変更をデータ伝搬することで、回線コストも抑えることができます。

データの統合や負荷分散が可能

業務ごとに分散したデータをリアルタイムに統合できます。また、逆にデータを分散することで、システムのパフォーマンス向上や安定稼働のための負荷分散環境も構築できます。

リアルタイムBIへの活用が可能

ほぼリアルタイムにデータベースを複製できるため、BI用の読み取り専用データベースを追加することも容易です。また、データレプリケーション機能により、まさに今の状況を分析できるリアルタイムBIが実現できます

経験・知識豊富なTISのエンジニアによる移行支援により、スムーズな移行を実現

「Oracle GoldenGate」を活用した移行作業は、経験・知識豊富なTISのDBエンジニアたちがサポートいたしますので安心して導入していただけます。

ケーススタディ

「Oracle GoldenGate」を活用したデーターベースの移行やデータ連携をテーマにしたケーススタディをご紹介します。

ケース1 ミッションクリティカルなデータベースサーバを無停止で移行

プロジェクトテーマ

センター移設を契機に、365日24時間稼動のミッションクティカルなシステムのデーターベースサーバーを移行。
新機器には、次世代データーベース基盤として「Oracle Exadata」を導入し、最新のデーターベースのバージョンで構築。

お客様の抱える課題

  1. 1.システム停止を極小化し、サービスへの影響を最低限抑える
  2. 2.データーベースやネットワークへの負荷は最小限に抑える
  3. 3.移行元と移行先は、異機種・異なるバージョンだがスムーズに移行したい
  4. 4.リスクを考慮し、もしものときに簡単にリカバリしたい
  5. 5.移行検証を何度も行い安全に移行したい
  6. 6.移行による手間やコストを抑えたい

システム全体像

  • データ移行ツールとして、「Oracle GoldenGate」を活用
  • 「TIS EAラボ」を利用し、新データベース構成の実現方法についての検証を実施
  • 「Oracle GoldenGate」を活用した移行の手法・手順を事前に何度も検証し移行リスクを回避

移行イメージ

Oracle GoldenGateの機能で差分同期をしておき、当日の作業は切替作業のみ。
TISが移行作業を全面サポートし、入念に移行準備を行うことでトラブル発生リスクも除去。

導入効果

ほぼ無停止で新データベースサーバへ移行

  • 10分未満の移行時間で、システム移行を達成
  • 新データーベースサーバの「Oracle Exadata」により、処理に要する時間を大幅短縮

本ケーススタディをマンガでわかりやすく説明!「止められないシステムのデータベース移行の成功術」はこちらをご覧ください

ケース2 データ活用のための複数システムのデータ連携

プロジェクトテーマ

  • 海外、国内の各拠点の生産・販売・在庫などの企業情報を連携
  • 次世代DWH基盤として「Oracle Exadata」を導入し、最新のデーターベースのバージョンで構築

お客様の抱える課題

  1. 1.異種システム間でもデータを連携したい
  2. 2.リアルタイムにデータを連携したい
  3. 3.連携によって既存のDBに影響は極小化したい
  4. 4.国内・海外拠点でバラバラに管理しているデータを連携したい
  5. 5.連携にバッチ処理やカスタマイズでコストをかけたくない
  6. 6.ビックデータの活用のため、データ統合基盤の整備を行いたい
  7. 7.DBの乱立による運用負荷の見直し

システム全体像

データ連携ツールとして、「Oracle GoldenGate」を活用し次世代データ統合基盤を構築

導入効果

各国・各地の拠点のバラバラのデータを1つのデータベースに統合・連携リアルタイムにデータ分析することができ、分析結果をビジネス活動に活用

本ケーススタディをマンガでわかりやすく説明!「バラバラのデータベースのデータをリアルタイムに統合・連携する解決策」はこちらをご覧ください

サービスメニュー

ハードウェア更改やデータベース統合などによるデータベース移行作業を安全かつ確実に実施するためのTISの支援サービスです。特にミッションクリティカルなシステムは、システム停止時間が業務停止時間とイコールとなり、重要な業務へ影響を与えてしまう可能性があります。データ量の増加などによりデータ移行は想像以上に手間のかかる高度な作業といえます。TISが移行業務を全面サポートいたします。

サービスメニュー一覧

トータルソリューション

No サービス名 概 要
1 IT戦略コンサルティングサービス 「IT戦略コンサルティングサービス」は、TISのIT戦略立案コンサルタントが幅広い企業のCIO並びにCxOの皆様に対し、IT戦略立案から企業が抱える様々な経営課題の解決を支援するサービスです。
2 概念実証サービス アプリケーションからハードウェアまでのシステムの概念実証を行い、効果的なIT戦略の立案を支援します。「TIS Enterprise Architecture Laboratory」という研究・検証施設を活用し、投資前の費用対効果の検証やシステムパフォーマンス検証を行います。
3 システム構築サービス 金融業を始めとした数多の大規模のミッションクリティカルなシステム構築実績により培った技術力により、お客様の様々なご要望・課題に対し、システムの要件定義から設計、構築を行うサービスです。
Oracle GoldenGateの設計・構築に加え、新データベース環境の設計・構築、周辺のインフラ基盤やネットワーク環境などの設計・構築をいたします。
4 移行サービス 最適な移行パスと移行方式を決定し、既存環境から新環境へのデータベースへの移行(DBマイグレーション)をリハーサルから本番までご支援いたします。移行作業は事前に複数回行い移行方法や手順を確立し、移行リスクを回避いたします。
5 運用・保守サービス 創業以来40年の運用実績で培ったノウハウを基に、ITILに準拠した高品質な保守・運用をワンストップでご提供します。運用サービスとしては、システム監視からBPOまでお客様の様々なニーズにお応えする幅広いサービスメニューをご用意しております。お客様の情報システムの保守改善・運用最適化・コスト低減・事業継続に貢献いたします。
6 データセンターサービス 高品質でハイセキュアなデータセンターをご用意し、創業以来40年以上にわたるミッションクリティカルな情報システムの運用サービス実績により培われたノウハウをもって、お客様の情報システムの運用最適化・コスト低減等に貢献いたします。
東名阪、中国天津など複数拠点のデータセンター網で、お客様の事業継続やグローバル対応など、様々な経営課題を解決します。

関連コンテンツ

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
Oracle GoldenGate(データレプリケーションソリューション)-TIS Direct Web
Oracle GoldenGate(データレプリケーションソリューション)のページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。Oracle GoldenGate(データレプリケーションソリューション)のご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年7月9日 12時4分

PAGE TOP