ホワイトカラー生産性改革ソリューション
~RPA(Automation Anywhere)を活用した働き方改革~

ホワイトカラー生産性改革ソリューション ~RPA(Automation Anywhere)を活用した働き方改革~

「シェアードサービスセンター(SSC)による集約化」や「ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)による外部化」が成熟した欧米では、さらなる業務改革を実現する方法として、事務処理業務を中心に、RPAソフトウェアを活用した「自動化」が普及しています。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。生産年齢人口の減少が深刻な問題として予測される日本において、定型業務からの開放と、高付加価値業務への要員シフト策として、RPAは有効な取り組みとなります。

RPAの特徴・効果

RPAはバーチャルな労働者としてヒトに代わって事務処理などに関する労働力を提供します。人のオペレーションと比較して非常に速く、正確な処理が自動的に行えることを特徴としています。

特長と期待効果

適用効果の高い業務

RPAの適用効果の高い業務は、次のような特性のある業務です。

  • 電子データを起点に始まる業務(デジタル化されたインプット情報)
  • ルール化が可能な業務
  • 繰り返し処理の多い業務
  • 複数名で担当している同一種類の業務
  • 複雑な判断や例外ケースの少ない業務
  • 費用対効果を望むことができそうなボリュームのある業務

適用業務例

バックオフィス
  • 契約管理事務
  • 顧客管理事務
  • コールセンタ業務
  • 会計・人事におけるオペレーション業務
情報調査・不正検知
  • 価格調査・変更
  • 保険料調査
  • 特許・論文検索
電子商取引・業務代行
  • 商品登録
  • 受注処理・売上計上
  • 在庫連携
マーケティング
  • サービス提供プラットフォーム
  • コンシェルジュ
  • レコメンド
  • ブログ・SNS 投稿
その他
  • レグレッションテスト
  • CMSコンテンツなどのデータ移行

TISの導入実績・事例

TISでは、特にエンタープライズRPA製品でグローバルでリーダーに位置付けられている「Automation Anywhere」について、国内において10社100業務以上の豊富な導入実績を有しています。

*Automation Anywhere:エンタープライズ向けRPA分野のリーディングカンパニーである米国 Automation Anywhere, Inc.が提供するRPA製品。Automation Anywhere社のホームページはこちら

主なAutomation Anywhere導入事例

業種 適用業務 自動化業務の内容 使用システム 導入効果
サービス 請求書発行業務 経理部門における請求書発行及び確認依頼。請求書発行及び責任者への確認依頼を自動化。 ERP/メール/Office 年間1,000時間を効率化
金融 会員の入会・退会に伴う登録処理 会員の入会・退会に伴い発生する基幹システムへの入力・更新処理を自動化。 Web/独自システム/メインフレーム 基幹への入力処理の自動化及びチェックを強化。年間数十万件を処理。
製造 プロジェクト管理用WBS構築 案件受注毎に必要情報をERPへ入力し、プロジェクト管理用WBSを作成する。1回あたり60分、月数十回の入力作業が発生しているERPの入力作業を自動化。 ERP/メール/Office/独自システム 年間800時間を効率化。
製造 経費支払先のチェック及びマスタ登録 経理部門における経費支払い先のチェック及びマスタ登録。依頼書の受信を契機として経費支払い先のチェック及びマスタ登録を自動化。 ERP/メール/Office 年間400時間を効率化。
製造 システム利用状況報告 グローバル50以上の拠点のシステム利用状況をExcelで収集し定期的に本社にてレポートする業務を自動化。 メール/Office 問題のある拠点をルールに基づき抽出し改善促進。
製造 品質分析資料の自動作成 作業時間の削減、更新の即時反映・品質向上を狙い、Webシステムの情報から資料更新作業を自動化。 Web/Office 年間数百時間を効率化。資料更新6ヶ月に一回→毎月。
製薬 医薬品情報の収集・調査業務 医薬品の副作用等に関する情報を所定のサイトから収集。前回との更新内容の差分チェック、製品比較を行い、調査結果を生成する。 Web/Excel/GoogleChrome/GmailBox サイトからのデータ収集から内容のチェック、比較を行い調査結果を生成する業務を一連で自動化。年間数百時間の効率化
製造 製品販売後のアフターフォロー進捗状況報告 製品販売後のアフターフォロー進捗状況を可視化し、報告する業務。 独自システム/Excel 膨大なデータを独自システムから取得し、製品別、拠点別、担当別等の様々な切り口で分析しやすい状態に加工し、報告書を生成する業務を自動化。
小売 センターへの商品送付数量確認業務 物流企画部門における、各センターへの商品の発送数確認業務 Web/Excel 商品の発送予定数を送付。拠点からの返送を受けて、数量を確定する業務を自動化。
食品 営業サポート業務 営業サポート部門における、POS情報のダウンロード、加工、登録業務など Web/メール/独自システム/Office等 情報のダウンロード、加工、登録業務など、年間数百業務、数万時間の削減を狙って試行中。
製造 人事系管理業務 勤怠管理のおける申告と実績の乖離チェック、人事系申請受付業務の自動化 Web/メール(Notes)/独自システム/Office等 勤怠管理のおける申告と実績の乖離チェック、人事系申請受付業務の自動化。
食品 固定資産管理業務 固定資産登録申請にもとづく基幹システムへの登録業務の自動化など Web/メール(Notes)/EBS/独自システム 固定資産登録の自動化を試行中
小売 経理系管理業務 銀行WEBサイトからの帳票出力、会計システム操作、手管理エクセル操作業務の自動化 Web/Excel/独自システム/PDF 6業務にて年間数百時間を効率化

サービス概要

TISは独立系のシステムインテグレーターとして、お客様の立場で最適なRPA製品の選定から導入、定着化サポートまでトータルにご支援いたします。また、幅広い業界・業務知識や大規模システム構築プロジェクトでの推進ナレッジをベースに、RPA導入によるお客様の目的達成に向けて、プロジェクトを成功に導きます。

TISのRPAソリューション/Automation Anywhereの特長

投資対効果の最大化・早期効果創出
  • アジャイル型のスピード開発によりRPAの導入効果を早期に導き出します。
  • RPA適合性判断指標を用いて適合度を可視化し、業務選定を行うことで効果の最大化を狙います。
  • RPA導入を通じて、現場が主体となってリソースの有効活用を考えるきっかけをご提供します。
標準化されたRPA導入品質
  • TISのRPA開発フレームワークの適用により生産性・品質・保守性を高めます。
  • 他のプロジェクトで得た知見を活用することで生産性と品質を高めます。
RPA導入を通じた業務改善の実現
  • IT実現化と業務コンサルティングを得意とするメンバーのタッグによりRPA適用効果を高めます。
豊富な実績に基づく確実なプロジェクト推進
  • 国内外、及び自社での実績にもとづくナレッジ活かしてプロジェクトの成功に貢献します。

RPA導入ステップ

まずは、トライアル導入により実際の業務でRPAを体験されることをご提案します。これにより期待効果、実現性、課題を早い段階で確認可能です。
※プロジェクトによって内容・期間は変動します。

関連するニュース

TIS、RPAを活用した横河電機の本社業務の生産性改革を支援
~ 他社に先駆けて米国Automation Anywhere社のRPAを導入し、経理部門や業務支援部門などの適用対象業務を85%削減 ~

関連コンテンツ

RPAの製品評価や試用後の本格導入時に直面する大小様々な障壁について対処法を事例を踏まえて解説しております。

本動画はRPA(Automation Anywhere)による業務自動化のデモンストレーションです。例として、SAP S/HANA在庫一覧出力の一連の作業をRPAで実行させた内容をご紹介しています。

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
ホワイトカラー生産性改革ソリューション ~RPA(Automation Anywhere)を活用した働き方改革~-TIS Direct Web
ホワイトカラー生産性改革ソリューション ~RPA(Automation Anywhere)を活用した働き方改革~のページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。ホワイトカラー生産性改革ソリューション ~RPA(Automation Anywhere)を活用した働き方改革~のご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2018年8月9日 11時0分

PAGE TOP