OSS統合監視ソフトウェア Zabbix

Zabbixとは、OSS(GPL version2)のもと公開されている統合監視ソフトウェアです。ラトビアのZabbix社により開発が行われています。SNMP監視やエージェントレスといったシンプルな監視機能に加え、Zabbix Agentを導入することによる高機能な監視の実現が可能です。国内でも数百台、数千台といった非常に大規模な環境の監視実績もあります。TISはZabbixの認定パートナーです。

OSS統合監視ソフトウェア Zabbix

Zabbixの特徴とメリット

完全なOSS

Zabbixはフリー版、エンタープライズ版といった区別がなく全機能をオープンソースとして公開されています。そのため、利用に際してライセンスコストが不要です。

各種OSに対応したZabbix Agent

Zabbix Agentを導入することでより高機能な監視が実現できます。Linuxをはじめ、Windows、AIX、HP-UX等非常に多くのOSに対応しており、非常に幅広い環境に対応可能です。

柔軟なアクション設定

障害を検知時、メール送信やコマンド発行などのアクション実行が可能です。障害内容に応じてメール送信先を振り分けたり、アラートエスカレーション機能により確実に通知をすることが可能です。

監視設定自動化機能が充実

監視設定を自動化する機能を豊富に備えているため、あらたに監視対象機器が増えた時や監視対象機器が存在しなくなった場合など、その都度手作業で監視設定を行う必要がありません。

統合的な監視の実現

SNMP/SNMP Trap監視やポート監視、ICMP pingによる死活監視、任意のコマンド実行監視などZabbix Agentが導入できないネットワーク機器等の環境も統合して監視をすることができます。

他拠点分散監視

複数拠点に監視機器が点在する場合でもZabbix Proxyにより監視を統合管理可能です。監視設定や監視結果の確認は1か所のZabbix Serverで完結するため効率良く管理できます。

Zabbixの適用シーン

シーン1: 他拠点にまたがった環境の統合監視

Zabbix Proxyを利用することで他拠点にまたがって環境の監視を統合的に管理することが可能です。

シーン2: 数百・数千台構成で様々な機器が混在する環境の統合監視

ネットワーク機器・ストレージ機器・サーバ機器が多数存在する環境においてもZabbix AgentやSNMP監視、エージェントレス監視により対応が可能です。

Zabbix稼働要件

Zabbixサーバの稼働要件

サポートOS

Linux、IBM AIX、FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、HP-UX、Mac OS X、Solaris、Windows: 2000, Server 2003, XP, Vista, Server 2008, 7, 8, Server 2012 (Zabbix agent only)

ハードウェアスペック

規模 プラットフォーム CPU/メモリ データベース 監視ホスト台数
小規模 Ubuntu Linux CPU: PentiumII 350MHz
メモリ: 256MB
SQLite 20台
中規模 Ubuntu Linux 64bit CPU: AMD Athlon 3200
メモリ: 2GB
MySQL InnoDB 500台
大規模 Ubuntu Linux 64bit CPU: Intel Dual Core 6400
メモリ: 4GB
RAID10 MySQL InnoDB
またはPostgreSQL
1000台以上
超大規模 RedHatEnterprise CPU: Intel Xeon 2xCPU
メモリ: 8GB
Fast RAID10 MySQL InnoDB
またはPostgreSQL
10000台以上

監視結果保存用DB

DB種別 バージョン
MySQL 5.0.3以上
Oracle 10g以上
PostgreSQL 8.1以上
SQLite 3.3.5以上
IBM DB2 9.7以上

Zabbixプロダクトサポート価格

プロダクトサポート価格はこちらをご参照ください。
http://www.tis.jp/service_solution/osssupport/

Zabbix用拡張機能・付加機能の開発

AWS・vSphere環境監視プラグイン「HyClops for Zabbix」

HyClops for Zabbixは日々動的に変化するクラウド環境(Amazon Web Services)や仮想環境(VMware)の情報を自動的に収集し、Zabbixと連携するプラグインツールです。
インスタンスの状況にあわせた監視設定の自動化、およびインスタンスの情報の自動収集を実現します。

PostgreSQL監視用Zabbixテンプレート「pg_monz」

PostgreSQLを運用する際に重要なポイントを監視するためのZabbixテンプレートです。
バッファ状況やチェックポイントの発生状況、スロークエリの発生状況、DB毎のサイズなどの監視をZabbixで実現可能になります。

JobScheduler連携プラグイン「HyClops JobMonitoring」

HyClops JobMonitoringはJobSchedulerのジョブ実行状況をZabbixで自動監視できるように連携するプラグインツールです。
ジョブ実行の状況に応じて自動的にZabbixの監視閾値を調整するといった機能も備えています。

Zabbix向けAWS監視テンプレート

統合監視ソフトウェア「Zabbix」でAWSの各種サービスを監視するための設定をまとめたテンプレートです。
ユーザはクラウド特有の課金情報や、各サービスの稼働状況など様々な情報をZabbixで集約管理することができます。

Zabbix関連団体での活動

Zabbixパートナー会

Zabbix Japan社のパートナー企業が集まるパートナー会に参加。
Zabbix最新版の機能検証活動等に積極的に参加し、より安心した技術サポートを提供するための活動を展開。
パートナー間ネットワークを形成し、より適したソリューション提供を実現。

MIRACLE ZBX WORKS

MiracleLinux社の提供するMIRACLE ZBXの活用企業を中心とした団体に参画。
オリジナルのZabbixだけでなく、MIRACLE ZBXのサポートも可能なスキームを構築。

ZABBIX-JP

Zabbixの日本のコミュニティZABBIX-JPのスタッフメンバーとして参画。
オープンソースカンファレンスでのブース展示協力やZabbixの技術情報に関するセミナー開催等を実施。

OSS運用管理勉強会

ZabbixをはじめとしたOSSの運用管理ツールを企業システムで活用するための情報交換や情報発信を目的としたOSS運用管理勉強会に参画。
定期的に開催される勉強会にてTISの取り組みを発信。

書籍の執筆

2014/2/7
書籍「Zabbix統合監視徹底活用 ~複雑化・大規模化するインフラの一元管理」出版
著者: TIS池田
出版社: 技術評論社

概要
- Zabbix2.2対応
- クラウド環境や仮想環境の監視をZabbixで実施するための活用術集
- Zabbixだけでなく外部ツール(fluentdやChef、GateOne等)との連携術を紹介

書籍「Zabbix統合監視徹底活用 ~複雑化・大規模化するインフラの一元管理」
お問い合わせ

お電話にてお問い合わせください
0800-600-9817
050-5816-9812:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
OSS統合監視ソフトウェア Zabbix-TIS Direct Web
OSS統合監視ソフトウェア Zabbixのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。OSS統合監視ソフトウェア Zabbixのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2017年2月17日 13時57分

PAGE TOP