サイト内検索
サイト内検索を閉じる

PMO支援サービス

サービス概要

PMO支援サービスでは、PMOのスペシャリストがプロジェクトマネジメントにおけるお客様の課題解決を支援いたします。

こんなことでお困りではないですか?

  • 大規模プロジェクトを実行することになったが、社内に経験者がいない。
  • 複数のベンダーコントロールを任せたい。
  • 社内に統一ルールがなく、プロジェクト毎にバラバラな手法で推進している。
  • 品質管理プロセスの改善や品質意識の向上をはかりたい。
  • プロジェクトリスクを可視化し対策を打ちたいが、状況が正しく分からない。
  • システム保守・運用の現場課題を改善したい。
  • プロジェクトマネジメント人材に必要なスキルと教育プログラムを体系化したい。
  • PM教育を実施したいが、適切な研修の判断・選定が難しい。

紹介パンフレット ダウンロード

お問い合わせ

PMOの必要性

近年、システム導入・刷新プロジェクトの約5割は失敗しているという調査結果があります。
ビジネス環境の変化、DX戦略に伴うユーザ要求の多様化、最新技術の利用などにより、プロジェクトは従来よりも複雑化・大型化・早期リリースなど、その難易度は飛躍的に高まっています。このような状況において、プロジェクトマネージャが1人で意思決定や管理業務を担うには限界があるため、マネジメント経験が豊富なPMOを設置し、プロジェクトマネージャを支援するケースが多くなってきました。
PMOがプロジェクト状況をスピーディーかつ正確に可視化しつつ、しくみの整備や現場の教育を行うことで、リスクの早期検知と原因特定、対策の実行が可能となりプロジェクトを成功へと導くことができるのです。
このようにプロジェクトに応じた適切なマネジメントが成功の鍵であり、それを担うPMOの必要性は益々高まっています。

お客様の声はこちら

サービスメニュー

PMO支援サービスでは、4つのサービス領域をご提供しています。
各サービス領域のメニューからお客様のニーズに合わせた組み合わせが可能です。

1.プロジェクト実行支援

心強い参謀役として100%の成功へ

プロジェクトの立上げから推進全般において、お客様の参謀役として直接プロジェクトに参画し、貴社メンバー、及び外部開発メンバーを指揮統括し、プロジェクトを成功へと導きます。

▼対応領域
RFP作成支援/プロジェクト計画策定・推進支援/テスト計画策定・推進支援/移行計画策定・推進支援/ベンダー選定支援

2.組織支援

お客様のIT組織の成長を強力にサポート

ITマネジメント基盤の確立やシステム開発の内製化に向けたプロジェクト管理の標準化/効率化を、PMOコンサルタントとして幅広くご支援いたします。
また、個別課題に対しても直接解決へ向けご支援いたします。

▼対応領域
RFP作成支援/プロジェクト計画策定・推進支援/テスト計画策定・推進支援/移行計画策定・推進支援/ベンダー選定支援

3.診断/アセスメント

ビジネスドクターとして課題の”根治”へ

プロジェクトの現場資料の調査やアンケート、プロジェクトマネージャーへのヒアリング実施により、マネジメントの視点からリスクの洗い出し、対策の提言までをご支援致します。

▼対応領域
プロジェクトリスク診断/プロジェクト健康診断/保守・運用業務診断/各種計画書診断/PM・PMOスキル診断

4.PM教育支援

プロジェクトマネジメント人財教育をワンストップでコーディネート

SIerとしての豊富なITプロジェクトマネジメントの知見と多彩な提携研修パートナーを通してお客様に最適なプロジェクトマネジメント人財教育をご提案いたします。

▼対応領域
プロジェクトリスク診断/プロジェクト健康診断/保守・運用業務診断/各種計画書診断/PM・PMOスキル診断

お気軽にお問い合わせください

サービスメニューの組み合わせ例

PMO支援サービスでは、複数のサービス領域のメニューを組み合わせたご提案も可能です。

CASE1:プロジェクトで得られたノウハウや教訓を社内へ展開し、定着させたい

プロジェクトの立上げから、直接プロジェクト計画策定・推進支援しプロジェクトを成功に導き、プロジェクトで得られたノウハウや教訓をお客様社内に展開し定着させるためのナレッジ基盤構築を行います。

 

CASE2:プロジェクトメンバーを育成し、組織力の強化を図りたい

現状のPM・PMOスキルを診断し、課題点の洗い出しを行い、SIerとしての豊富な知見・実績と多彩な提携研修パートナーを通して最適な研修を実施し、プロジェクトメンバーを育成、組織力強化に向けたチーム力向上支援を行います。

CASE3:保守・運用の実態を把握し、生産性・品質を向上させたい

現状の保守・運用業務の診断を行い、課題点を洗い出し、品質保証に向けた組織支援を行います。

お気軽にお問い合わせください

特長

国内ITサービス企業希少の実践的PMO専門組織がお客様のIT組織改革を支援いたします。

特長①:様々なプロジェクト開発経験から蓄えられた豊富な専門知識

  • 現場でのプロジェクト開発経験からのエンジニアリング知識
  • クレジットカード、金融、製造、販売を中心とした、豊富な業務知識
  • PMP、プロジェクトマネージャ(情報処理技術者試験)、PRINCE2等の資格補修者が多数在籍

特長②:大規模プロジェクト・高難易度プロジェクト開発における豊富なプロジェクトマネジメント経験

  • 大規模プロジェクト・高難易度プロジェクト開発において、プライムベンダーとして豊富なプロジェクトマネジメント経験
    • 数千人月規模プロジェクトにおけるPMO
    • 複数ベンダー、中国を含む複数拠点で構成されるプロジェクトにおけるPMO
    • 短納期、高品質が求められるプロジェクトにおけるPMO

特長③:独自のツール/フレームワークの活用による確実なプロジェクト推進

  • 独自のプロジェクトマネジメント標準やアセスメントツールを活用
    • プロジェクトマネジメントフレームワーク:実プロジェクトで活用されたノウハウ・資産をベースとしたテンプレート・サンプル集。
    • プロジェクトリスクアセスメントツール:計画~運営フェーズのプロジェクト状況やリスクを評価する診断/可視化ツール

お気軽にお問い合わせください

お客様の声

プロジェクト実行支援/プロジェクト計画策定・推進支援

社内の内製化方針に伴い、システム開発経験が無い中で急遽プロジェクトマネージャーに任命され、他に有識者がいない中マネジメント全般で困っておりました。
TISにはシステム化企画フェーズから移行まで、専門家の観点で適切なアドバイスを頂き、まさに船頭としてPJを成功に導いてくれました。
今ではその開発実績を通じて得られた知見のもと自走型でプロジェクトの推進が出来るようになりました。(金融系企業のお客様)

プロジェクト実行支援/RFP作成支援、ベンダー選定支援

基幹システム再構築プロジェクトを立ち上げるにあたり、大規模かつ高難易度プロジェクトの経験者が社内にいないという問題を抱えていました。
RFP作成やベンダ評価方針策定において、豊富な開発経験に裏打ちされた支援をいただき、プロジェクトをスムーズに立上げることができました。(金融系企業のお客様)

組織支援/プロジェクト管理標準化支援

プロジェクトマネジメントに必要なプロセス/成果物/管理ルールが整備されておらず、ベンダー任せになっているという課題がありました。
TIS独自のプロジェクトマネジメントフレームワークの活用により全社的な標準化を推進いただいたことで、現場の効率化のみならず、システム部門による自律的なマネジメントができるようになりました。(製造系企業のお客様)

PM教育支援/プロジェクトマネジメント研修提供

プロジェクトマネジャーの参謀役として参画いただきましたが、PMOとしての高度なノウハウのみならずSIベンダーとしての知識・経験も駆使し、プロジェクト課題に的確に対処いただいたお陰でプロジェクトを成功に導くことができました。
また、現場に則した品質マネジメント研修を開催いただき、委託先や社内メンバーの育成にも尽力いただいたことに高い付加価値を感じました。(商業系企業のお客様)

紹介パンフレット ダウンロード

サービスラインナップ

「PMO支援サービス」をはじめとした各サービスの詳細については、下記よりご確認ください。

詳細はこちら PMO支援サービス(当ページはこちら)
詳細はこちら PMO支援定額サービス
詳細はこちら アジャイルPMOサービス
詳細はこちら プロジェクト管理自動化サービス「RoboPMO」

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
PMO支援サービス-TIS Direct Web
PMO支援サービスのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。PMO支援サービスのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2021年5月27日 14時25分

PAGE TOP