TIS Marketing Canvas
デジタルの力でマーケティングにイノベーションを

TIS Marketing Canvas

Marketing Platformを中核とした外部システムとの柔軟な連携で顧客起点のマーケティングを実現

本ソリューションは、TISが長年培ってきたデータマネジメント領域(DWH、BI等)、及びマーケティングオートメーションの導入、運用ノウハウをクラウド基盤上に体系的に統合させたマーケティングソリューションです。顧客接点が多様化、複雑化する中で顧客起点のマーケティングが重要性を増す状況において、「散在するデータ資産を統合的に管理し顧客理解を深めマーケティング施策に活用できる仕組み」と「市場変化のスピードに呼応した早期の立ち上げ」が、重要な課題となっています。TISは確かなインテグレーション技術に加え、マーケティング戦略の立案からソリューション導入、運用サポートまでを一貫して提供することでお客様のマーケティング高度化をご支援します。

特長

本ソリューションではクラウド基盤としてオンライン、オフラインの顧客データのID統合を含めたデータ統合及び可視化、リアルタイム処理とバッチ処理双方に対応したマーケティングオートメーションを提供し、柔軟なニーズに対応した顧客起点のマーケティングを実現します。

お客様のご要望に合わせたコンポーネントの組合せによりミニマムなシステム提供が可能

Business Intelligence とMarketing Automationのシナリオテンプレートにより早期立上げが可能

顧客IDの暗号化によりクラウド上での安全な情報管理が可能

リアルタイム実行型とスケジュール実行型のマーケティングオートメーションにより多様な施策を実行

お客様側システムを含めた統合運用マネージドサービスの提供

特長1 お客様のご要望に合わせたコンポーネントの組合せによりミニマムなシステム提供が可能

以下のコンポーネントの組合せによりマーケティングニーズに適合したソリューション提供が可能です。

特長1 お客様のご要望に合わせたコンポーネントの組合せによりミニマムなシステム提供が可能

※1「Cloud Integration」は外部のクラウドサービスとのインテグレーションサービスですが、お客様のビジネス要求に応じてインテグレーション致します。
※2「Contact Policy」は顧客チャネルへの配信制御ソリューションです。Marketing Automation適用時にお客様の配信ポリシーに応じて提供致します。
※3「Platform Management」はお客様のビジネス要求に応じて提供致します。

特長2 Business Intelligence とMarketing Automationのシナリオテンプレートにより早期立上げが可能

Business Intelligence(以降、BI)は、AWS QuickSightをはじめ、SAS Visual Analytics、QlikSense、Tableauなど市場における導入実績が豊富な製品を取り扱い、お客様のニーズにお応えします。

特長3 顧客IDの暗号化によりクラウド上での安全な情報管理が可能

近年顧客データ管理基盤についてもクラウドシフトの動きが増加していますが、一方で個人情報の流出を防ぐためセキュリティへの関心もより高まっています。TISではクラウド上にお客様固有のプライベート空間を構築することに加え、顧客IDの暗号化/復号化機能を提供することで安全を確保しつつデジタルマーケティング運用を実施頂くことが可能です。

特長4 リアルタイム実行型とスケジュール実行型のマーケティングオートメーションにより多様な施策を実行

顧客セグメントに対するデジタルマーケティング施策のスケジュール運用に加え、顧客の行動をリアルタイムに識別したデジタルマーケティング施策を併用することで、より適切なタイミングでのコミュニケーションが可能となり、離脱を防止、購買を喚起する事でコンバージョン率を高めることが可能となります。マーケティングオートメーション機能はオープンソースのMauticを活用したミニマム利用からSAS Marketing Automation、Tealium等の商用ライセンスを利用したデジタルマーケティングの高度利用まで幅広い対応が可能です。

特長4 リアルタイム実行型とスケジュール実行型のマーケティングオートメーションにより多様な施策を実行

オープンソースのMauticについてはTIS独自の機能拡充により、B2B/B2C双方に対応可能なテンプレートを用意しておりそれぞれの業務に対して柔軟な対応が可能です。

特長5 お客様サイト側のシステムとの統合運用マネージドサービスの提供

クラウドサービスの本格活用にあわせ、お客様が保有されているプライベートクラウドやオンプレミスの環境を組み合わせたマルチプラットフォーム環境に対応した統合管理、障害監視、性能分析、運用自動化などのマネージドサービスを提供します。

特長5 お客様サイト側のシステムとの統合運用マネージドサービスの提供

サービスイメージ

マーケティングオートメーションからデータ分析までの機能を一括提供します。クラウド環境でのサービス提供となるため早期に運用を開始できます。
お客様のご予算に合わせてコンポーネントを選択頂けます。

システム構成図

システム構成図

導入のメリット

導入のメリット

顧客起点でのマーケティングが可能となることでカスタマーエクスペリエンスが向上します

ミニマム導入から高度利用まで幅広く対応可能なためマーケティング投資を最適化できます

業務運用を含めたトータルサポートにより、デジタルマーケティング活動を定着化できます

メリット1 顧客起点でのマーケティングが可能となることでカスタマーエクスペリエンスが向上します

顧客理解に基づくマーケティング施策をクロスチャネルで実行することが可能となります。適切なタイミング・チャネルによるコミュニケーションを行うことでカスタマーエクスペリエンスが向上します。

メリット1 顧客起点でのマーケティングが可能となることでカスタマーエクスペリエンスが向上します

メリット2 ミニマム導入から高度利用まで幅広く対応可能なためマーケティング投資を最適化できます

お客様のデジタルマーケティング活動内容に応じたコンポーネントの組合せにより、柔軟・段階的なシステム導入が可能となり投資負担を最適化することができます。
(下記は導入ステップの例)

メリット2 ミニマム導入から高度利用まで幅広く対応可能なためマーケティング投資を最適化できます

メリット3 業務運用を含めたトータルサポートにより、デジタルマーケティング活動を定着化できます

初期導入時のコンサルティングからインテグレーションサービス、導入後の運用サポートまで一貫してお客様のデジタルマーケティング業務を支援することで、デジタルマーケティング業務の定着化が可能となります。

メリット3 業務運用を含めたトータルサポートにより、デジタルマーケティング活動を定着化できます

主な機能

マーケティングを行う上で必要な機能をコンポーネント単位で提供する事が可能です。これ迄一般的に行われてきたスケジュール実行型マーケティングオートメーションに加え、リアルタイム実行にも対応します。また、個人情報を事前に暗号化しておく事でクラウド上でのデータ活用に対する不安を解消します。

リアルタイム実行型マーケティングオートメーション

エンドユーザのオンライン上での行動をストリームデータとして収集し、事前設定したエンドユーザー向けのアクョンをリアルタイムに実行します。

スケジュール実行型マーケティングオートメーション

事前に収集・分類したお客様に対し、メールやSNSを通じたキャンペーンを計画的に実行します。対象となるお客様データの抽出はフロー図で直感的に作成することが出来ます。

スケジュール実行型マーケティングオートメーション
画面例

顧客データの可視化、分析

基本的なテンプレートを提供する事で、サービス導入後のデータの可視化や利活用を速やかに行う事が可能です。
RFM分析、トレンド分析、デシル分析、バスケット分析といった一般的に使用頻度が高い分析用テンプレートを用意しています。
テンプレートのカスタマイズや新規テンプレートの作成も可能です。

顧客データの可視化、分析
画面例

顧客ID暗号化/復号化ソリューション

クラウド環境へ個人情報を保存することなくマーケティングオートメーション基盤を利用するためのソリューションです。
利用する情報に含まれる個人情報を暗号化した上で管理します。メール送信等のイベント実施時に個人情報を復号化します。

顧客サイト側も含めた統合運用管理

オンプレミス、クラウドのサーバ運用を一元管理します。

詳細はこちら マネージドサービス MOTHER





適用モデルケースとコンポーネントの例

① 管理対象データの増大に伴い既存のDWHの拡張性に課題

⇒オンプレミスDWH上のデータをクラウド上に移管し拡張性を担保し顧客分析基盤を構築

管理対象データの増大に伴い既存のDWHの拡張性に課題

② ネットでの行動データも併せた顧客理解に課題

⇒CRMシステム上のデータとWEBサイト上の行動データのIDを統合し、統合顧客データベースとデータ分析基盤を構築

ネットでの行動データも併せた顧客理解に課題

③ 顧客理解に基づくクロスチャネルでの効果的な施策実施に課題

⇒統合顧客データベースを基にしたスケジュール実行型Marketing Automationの導入(個人情報の暗号化含む)

顧客理解に基づくクロスチャネルでの効果的な施策実施に課題

④ 顧客の行動に基づくリアルタイムでの施策実施に課題

⇒顧客の行動を基点にデジタルマーケティング施策をリアルタイムに実行するリアルタイム実行型Marketing Automationの導入

顧客の行動に基づくリアルタイムでの施策実施に課題

⑤ 顧客の行動に合わせてリアル、スケジュール型を複合的に組合せての施策実施に課題

⇒スケジュール実行型とリアルタイム実行型のMarketing Automation導入によるセグメント別アプローチとOne to Oneアプローチの双方を実現

顧客の行動に合わせてリアル、スケジュール型を複合的に組合せての施策実施に課題



※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ アマゾン ウェブサービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
TIS Marketing Canvas-TIS Direct Web
TIS Marketing Canvasのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。TIS Marketing Canvasのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2017年4月26日 14時38分

PAGE TOP