TISマーケティングキャンバスのTOPページ

集客・データ分析から基幹・業務連携まで
マーケティングの全方位をTISが一気通貫サポート

消費者のパーソナルデータとオープンデータをフル活用し、
DX時代にふさわしいマーケティング戦略の実現をサポートします。

NEWS


PICK UP


TISのデジタルマーケティングプラットフォーム TIS MARKETING CANVAS とは


「TIS MARKETING CANVAS」は、TISが提供するマーケティングソリューション群の統一ブランドです。目的で選べる多彩なクラウドサービスをはじめ、既存の業務システムと相互接続するインテグレーションまでをワンストップでご提供。目的にあわせてソリューションをお選びいただくことで、DX時代を勝ち抜く、全社統合型マーケティング基盤を実現できます。

「TIS MARKETING CANVAS」 とは

  • 必要な機能を必要なだけ
  • マーケティング領域をフルカバレッジ
  • 基幹・業務システムと柔軟に連携可能
  • TISだから、大規模システムでも安心

顧客接点ソリューション

データ利活用ソリューション

顧客接点で得られたデータを中心に、社内に散在する顧客情報、3rdパーティーデータなど、あらゆる顧客データを統合する「データ収集・蓄積・連携」領域から、利用部門が自由自在に活用しこれまで見えなかった潜在顧客セグメントを発見し、素早く施策実施に繋げる「データ利活用領域・施策実行」領域まで、1つのプラットフォーム内で実現するデータ利活用ソリューションです。

お客様のビジネスに、TIS MARKETING CANVAS がどのような行動変容をもたらし、価値向上に貢献できるか、現状の検証と同時にTISよりご提案をさせてください。マーケティングの顧客接点からデータ利活用、基幹・業務システムとのシームレスな連動を実現できるのは TIS MARKETING CANVAS だけです。以下よりお問い合わせ、または資料ダウンロードが可能ですので、ぜひ貴社のマーケティング分野のお困りごとをご相談くださいませ。

課題別ソリューション Solutions by Issue


例えば、こんなことで
お困りではないですか?

いまを読み解く Colmun


NEW 2021.02.26

【導入事例】
『三越伊勢丹』のEC戦略!管理コストを削減し、実店舗との連携をシームレスに。

「ECのミカタ」に三越伊勢丹ホールディングス様Salesforce Commerce Cloud導入事例が掲載されました

NEW 2021.02.26

【連載開始】雑誌「宣伝会議」
マーケターが知っておきたい!デジタル・トランスフォーメーション入門

企業内だけでなく、広く社会全体で、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進が必要とされています。そもそもDXとは何なのか?そしてDXの鍵となる、データ利活用のポイントとは?DXの基本となる考え方から実践方法まで、全12回の連載で解説していきます。

2021.01.19

データ流通で地域課題を解決する「情報銀行」×「データ流通市場」
情報銀行:第3回

一般社団法人データ社会推進協議会(DSA)眞野理事 

いま日本では、パーソナルデータ流通・利活用の活性化を目指し、官民をあげてデータ流通基盤(「データ取引市場」「情報銀行」「PDS」など)の仕組みづくりが進められている。過疎化・高齢化などの課題を抱える“地域”では、データ流通によってパーソナルデータを利活用した暮らしやすさの向上が期待される。データ流通の黎明期から、その仕組みづくりに参画してきた、一般社団法人データ社会推進協議会(DSA)眞野浩理事をお招きし、地域とデータ流通の関わりを中心にお話を伺う。

2020.12.08

パーソナルデータ活用の主導権をGAFAから取り戻すために
情報銀行:第2回

世界的にパーソナルデータを保護する流れが強まる中、自社で膨大な1st Party Dataを取得してマーケティングに活用できる大手プラットフォーマーの優位性が高まっている。前回に引き続き、株式会社DataSignの太田祐一社長をお招きし、「情報銀行」に期待されるマーケティング領域におけるゲームチェンジャーとしての可能性を伺う。

2020.11.06

情報銀行のブレイクスルーはいつ起こる?
情報銀行:第1回

パーソナルデータを利活用したビジネスを活性化する、トリガーとして期待が高まる「情報銀行」。この日本発のモデルに対して、諸外国からも視線が注がれている。今回、情報銀行の通常認定第1号となった株式会社DataSignの太田祐一社長をお招きし、情報銀行の今、そして今後の可能性についてお話を伺う。

2020.10.01

【導入事例】機会損失を解決!大手アパレル通販「ワコール」が選ぶECプラットフォームとは

「ECのミカタ」にワコール様Salesforce Commerce Cloud導入事例が掲載されました。

データマーケティングに必要なデータ統合機能と活用機能の連携

ビッグデータのマーケティングへの活用はますます注目を集めています。しかし、実際に活用するに当たってはまだまだ課題も多いのが現状です。そこでTISのデジタルマーケティングブランド「TIS MARKETING CANVAS」のサービスの中核サービスである「データ統合・利活用プラットフォームサービス」を使うことで、どのようなデータマーケティングをおこなうことができるようになるのかを紐解いてみましょう。

クラウド型ECサイト基盤で実現する真の『個客』マーケティング

スクラッチ開発された既存のECサイト基盤の多くは、拡張性が十分ではなく、レコメンド機能等の実装や、新たな決済手段への対応が困難となるケースが少なくない。今回、市場で存在感を高めているクラウド型ECサイト基盤への移行を機に、顧客一人ひとりに最適化したデジタルマーケティングを実現するためのノウハウを聞いた。

ビーコンを組み合わせた次世代型決済基盤で来店行動データに基づくOMOを実現

BtoCビジネスを手がけるマーケターにとって、ECサイトかリアル店舗かを問わず、ユーザーのあらゆる購買行動を取得・分析できる仕組みの構築が喫緊の課題となっている。その一つの鍵となるのが、ポイントシステム(vol.1参照)の活用だが、さらにビーコンを組み合わせることで、取得できる情報の質は大きく向上する。今回、ビーコンのビジネスの草分け的存在であるTangerine社の平井社長を迎え、次世代型の決済基盤のあり方について展望する。

パーソナライズされた最上級の接客体験を実現する

販売チャネルや決済手段を問わず、あらゆる購買情報を把握し、顧客へパーソナライズされた付加価値を提供するには、どのような仕組みが求められているのか?
デジタルマーケティングと決済領域のスペシャリスト達に、ベストソリューションへの道筋を聞く。





お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

ページトップへ戻る

ご提案依頼・お問い合わせ
大規模ポイントシステム7社を徹底比較|ホワイトペーパーダウンロード
お問合せ