いまを読み解く Column

我々TISインテックグループでは、①戦略→②業務・組織→③顧客→④コマース→⑤データ統合・利活用→⑥システムの6つの観点に則し、順序立ててユニファイドコマース導入を進めることが重要と考えます。ここでは、一つひとつの観点を掘り下げてご説明します。

消費者がモノの購入時に抱きがちな不満の整理と、その解決に役立つマーケティング手法「ユニファイドコマース」をご紹介します。そして、ユニファイドコマースの仕組みを早期構築するための進め方について解説します。

私が近年、アパレル業界の案件に携わって気づいたのが、店舗とECの在庫の分断が起きているケースの多さです。特に中堅アパレルでは、他の物販業に比べて、在庫をシームレスに統合管理する仕組みづくりが遅れ気味であると感じます。

アパレルの過剰在庫は、改めて言うまでもなく、長年にわたり業界が取り組んできた重要課題の一つです。今回は、ECと店舗を連携させた、在庫削減の取り組みについてお話ししたいと思います。

TISインテックグループのTISはDXに関する取り組みを実施中・検討中の企業の担当者300人を対象に、「ユニファイドコマースに関する調査」を実施しました。

アパレルや化粧品など、店舗への来店・接客を前提としたビジネスモデルは、長期化するコロナ禍の中で事業プランの見直しを迫られています。

店舗やECサイト、アプリなど顧客接点が多様化する今、さまざまな購買行動データが「誰のものなのか」…

ITで新しいサービスやビジネスモデルを創出するDX(デジタルトランスフォーメーション)。

アパレルや化粧品など、店舗への来店・接客を前提としたビジネスモデルは、長期化するコロナ禍の…

同社では購買客のポイントカードから顧客の購買内容を分析し、「時短ですぐに食べられる食事を好むタイプ」…

もはや毎日、耳にしない日はないDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉ですが、…

「ECのミカタ」に三越伊勢丹ホールディングス様Salesforce Commerce Cloud導入事例が掲載されました

企業内だけでなく、広く社会全体で、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進が必要とされています。

いま日本では、パーソナルデータ流通・利活用の活性化を目指し、官民をあげてデータ流通基盤…

世界的にパーソナルデータを保護する流れが強まる中、自社で膨大な1st Party Dataを取得して…

パーソナルデータを利活用したビジネスを活性化する、トリガーとして期待が高まる「情報銀行」。

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

ページトップへ戻る

ご提案依頼・お問い合わせ
大規模ポイントシステム7社を徹底比較|ホワイトペーパーダウンロード
お問合せ