課題別ソリューション Solutions by Issue

在庫切れで買えないを解消

顧客のよくある不満


お店に行ったのに、フィットする商品の在庫がない
ECで注文後「在庫なし」の通知が来て無効に

解決のヒント


ECを含む全店舗で在庫情報をリアルタイム一元化

ECを含む全店舗で在庫情報をリアルタイム一元化 ECを含む全店舗で在庫情報をリアルタイム一元化

実店舗とECが別々のシステムで在庫情報を管理していると、“情報の分断”が起こりがちです。実際には在庫を持つ店舗があっても、他店からはそれがリアルタイムで把握できず、せっかくの商機を逃しかねません。

夜間バッチ処理などで両システムの在庫データを連携させる方法もありますが、情報がほぼ1日おくれとなり、最新の在庫数とのギャップが生じる課題があります。

そこで有効なのが、受注・在庫・決済等のバックエンドの機能群を「OMS」(オーダー・マネージメント・システム)として分離し、各販売チャネルとリアルタイム連携させる方法です。これにより、常に最新の在庫情報を顧客に提示でき、実店舗でもECでも「ほしい商品の欠品がなく、安心して買える」環境が実現します。

「在庫がなくても売れるお店」 への転換で
アパレルの過剰在庫問題を打開

アパレル業界を悩ませてきた過剰在庫問題の背景
アパレルの過剰在庫は、改めて言うまでもなく、長年にわたり業界が取り組んできた重要課題の一つです。今回は、ECと店舗を連携させた、在庫削減の取り組みについてお話ししたいと思います。

ショップに在庫がなくても
「来店客に安心して買ってもらえる」販売改革を【前編】

アパレルや化粧品など、店舗への来店・接客を前提としたビジネスモデルは、長期化するコロナ禍の中で事業プランの見直しを迫られています。 多くの企業がEC化率の向上に注力する中、次の挑戦テーマとなるのが、オンライン・オフラインを問わず「すべての販売チャネルで欠品がなく安心して商品が買える」心地よい購買体験の提供です。 今回は、ECに対する消費者意識の変化と、リアル店舗とECサイトで在庫情報を一元化する意義について考えてみます。

 
お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

ページトップへ戻る

ご提案依頼・お問い合わせ
大規模ポイントシステム7社を徹底比較|ホワイトペーパーダウンロード
お問合せ