課題別ソリューション Solutions by Issue

接点ごとに
分析

複数チャネルで得た購買行動データが
同一の顧客IDに紐付けできていない

課題


ECサイト、実店舗、コンタクトセンターなど、さまざまなチャネルで収集したデータを効果的に分析するにあたり、取得情報を特定の個人に紐付ける仕組みづくりが重要となります。しかし、市場の変化に伴うチャネル(=顧客接点)種別の増加とともに、データを収集・管理するシステムを個別に構築するケースも少なくありません。この場合、ECと実店舗で顧客管理IDが異なるといった、データの分断を回避することが企業にとっての命題となります。

課題解決のアプローチ


1000万人超えるID運用も可能なエンタープライズ対応クラウド型ポイントサービス

統合型マルチポイントサービス

データの集約・準備からAIによる分析までをフルカバーし、“データの民主化”を実現する、TIS MARKETING CANVASの中核サービス

データ統合・利活用プラットフォームサービス

入電時に顧客が入力したWeb画面情報を見ながら応対できるクラウドCTIサービス

ContactWare for CX

お問い合わせ
お電話にてお問い合わせください
0800-600-9810
050-5816-9805:携帯電話からのお問い合わせ
受付時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

ページトップへ戻る

ご提案依頼・お問い合わせ
大規模ポイントシステム7社を徹底比較|ホワイトペーパーダウンロード
お問合せ