サイト内検索
サイト内検索を閉じる

Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Lite

Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Lite
オープン環境で稼働するOpen COBOLのモダナイゼーションに対してのアセスメントからマイグレーション、マイグレーション後のエンハンスメントやDX推進までを支援。企業のモダナイゼーションを短期間で安全・確実に実現します。
Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Lite

「Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Lite」のアセスメントと
AWSを活用したクラウド基盤検討「インフラ・アセスメント」を合わせた
「脱COBOLアセスメントキャンペーン」を実施中!!

「Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Lite(以下、Xenlon~神龍 Lite)」のアセスメントサービスとAWSを活用したクラウド基盤への移行検討を支援する「インフラ・アセスメント」をセットでお申し込みいただいたお客様に、 最大500万円を値引き する「脱COBOLアセスメントキャンペーン」 を実施します。

「Xenlon~神龍 Lite アセスメント」
現行ソースを分析し、ソースの一部を実際に変換して、リライトの適合性と移行資産範囲の特定、移行方針(アーキテクチャデザインや製品活用)などを立案します。その際に、選定した一部機能を変換ツールでJava化の上、構築したプロトタイプ環境で実際に「動くアプリケーション」として事前検証を実施することも可能です。
「インフラ・アセスメント」
基幹システムだけでなく現行運用中の関連周辺サーバーの環境情報を棚卸し、移行方針の整理・移行可能性の机上確認を行う現状調査・分析サービスをご提供し、移行後の基盤計画策定をご支援いたします。

※キャンペーンの適応には条件がございます。詳細はお問い合わせください。

キャンペーンに関するお問い合わせはこちら

「Xenlon~神龍 Lite」概要

TISでは、これまで数多くの企業システムのモダナイゼーションを支援してきました。それらノウハウをもとに「Xenlon~神龍 Lite」 では、オープン環境で稼働するOpen COBOLのモダナイゼーションに対してのアセスメントから、マイグレーション、マイグレーション後のエンハンスメントやDX推進支援まで行います。 Open COBOLのモダナイゼーションはメインフレームからのモダナイゼーションと比較してアーキテクチャ難易度が低く、テスト工程におけるリスクも少ない為、低価格・短納期でのサービス提供が可能となります。

メインフレームからのモダナイゼーションと比較して低価格・短納期でのサービス提供が可能

「Xenlon~神龍 Lite」の特徴

オープン環境で稼働するOpen COBOLをTIS独自開発のリライトエンジンである「Xenlon~神龍 Migrator」と「実績に基づくナレッジとノウハウ」を活用して、レガシーな言語(COBOL、PL/Iなど)からJavaへのリライトマイグレーションを実施、業務ロジックの100%を自動変換します。これにより短期間で安全・確実にOpen COBOLのモダナイゼーションを実現すると共に、企業DXを強力に推進します。

スピード

TIS独自のリライトツール「Xenlon〜神龍 Migrator」+アーキテクチャソリューションの組み合わせによって、ノーコーディングでのマイグレーションを実現。その為、短期間でレガシー言語からの脱却が可能となります。

コスト

メインフレームからの脱却の場合、難解なアーキテクチャの再現、データ移行に伴うレイアウト特定等のタスクが必要となり、言語変換以外に多大なコストが必要となりました。オープン環境からのモダナイゼーションはそれらのタスクは不要であり、低コストでレガシー言語からの脱却が可能となります。

品質

COBOLコードさえあればTIS独自のリライトツール「Xenlon〜神龍 Migrator」により業務ロジックを100%自動変換。特許取得の独自のメモリキャッシュ機能等の活用により現在ご利用中のシステムの性能を保証します。

「Xenlon~神龍 Lite」のサービス

アセスメントサービスでは、現行ソースを分析し、ソースの一部を実際に変換して、リライトの適合性と移行資産範囲の特定、移行方針(アーキテクチャデザインや製品活用)などを立案します。その際に、選定した一部機能を変換ツールでJava化の上、構築したプロトタイプ環境で実際に「動くアプリケーション」として事前検証を実施することも可能です。
マイグレーションサービスでは、TISの独自リライト技術「Xenlon~神龍 Migrator」と「実績に基づくナレッジとノウハウ」を活用して、Open COBOLからJavaへのリライトマイグレーションを実現し、脱レガシー言語を実現します。

工程 実施概要
1.アセスメント 資産棚卸や現行ソースを実際に変換する「パイロット変換」、プロトタイプ動作検証等を通して実現性判断や期間・工数を算出する。
2.現状分析 マイグレーション対象資産(PG等)の棚卸、分析して、現状を見える化する。見える化した資産に対して資産移行方針を明確にする。
実機検証を行うことで、マイグレーションのフィジビリを高めると共に、発生した課題・リスクの抽出と対策を検討する。
3.移行開発 対象機種に合わせて変換ツールをチューニングする。その後、現言語(COBOL)を変換ツールを利用して新言語(java)へ変換する。
4.現新比較テスト 現行システムと新システムを同一のインプットを利用してジョブネット単位で実行。結果の一致を確認。一致しない場合は、変換ツールや部品の修正を実施。
5.結合テスト 新環境のミドルウェアで処理を実行して、想定通りに稼働するかを確認する。
6.システムテスト 主に業務的な観点で問題ないか、機能の抜け漏れはないかを確認する。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Lite-TIS Direct Web
Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Liteのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス Liteのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2023年1月6日 14時2分