サイト内検索
サイト内検索を閉じる

パーソナルデータ利活用サービス

パーソナルデータ利活用サービス

パーソナルデータを利活用することによる価値創出をサポートする
マーケティングサービス

概要

パーソナルデータ利活用サービスは、高セキュリティなパーソナルデータ管理機能・認証/ユーザ管理・同意管理を中心に、お客様ひとりひとりへのレコメンド/マッチング機能をベースコンポーネントとしたマーケティングサービスです。
企業様毎のビジネスモデルに応じて、サービスデザインコンサルから、ペイメント、マーケティング、ヘルスケアサービス、DXアプリ/地域ウォレットなど、TISの様々なサービス/ソリューションとの組み合わせや、データ品質改善及び、企業様内部の個別システムとのインテグレーションにより、パーソナルデータ活用による新たな価値を創出します。
また、情報銀行/データ取引所との連携、第三者へのデータ提供管理など、高度なパーソナルデータ利活用にも対応します。

お客様の課題

こんな課題を解決します

  • Webサイトやモバイルアプリ等、多様化する顧客接点で取得可能なパーソナルデータを活用するためのステップがわからない
  • プライバシー保護の各種規制に対応しながら、マーケティング活用を検討したい
  • 取得したパーソナルデータを効果的に活用し、新たなサービスの創出等、ビジネスの拡大を狙いたい

全世界的なパンデミックの影響を受けて加速したパーソナルデータのデジタル化。
パーソナルデータの利活用はビジネス視点でも生活者視点でも最重要テーマのひとつとして挙げられています。
一方で、GDPR・CCPA・個人情報保護法等の法規制、脱Cookieなどのマーケティング潮流の変化等、プライバシーの未来に関する議論は混迷を深めています。
しかし、個人情報のデジタル化が止まらないことは確実で、個人のプライバシーを十全に守られた上で、それが「自分自身のため」や「社会のため」に細かく制御されながら、有意義に利活用されることがより重要になります。

パーソナルデータの利活用を狙う事業者・自治体が取り組むべきテーマは3つ。
テーマ1、テーマ2を優先的に進め、さらなる拡がりテーマ3を検討していくことが効果的なステップと考えます。

テーマ1
パーソナルデータ取得時の同意管理

パーソナルデータ取得時の同意管理は、事業者・自治体が最低限取り組まなければならないテーマです。ガバナンス強化のため、個別の同意管理から、ソリューション導入まで提供可能です。

テーマ2
パーソナルデータ利活用による価値創出

取得した事業者・自治体はデータ利活用することによる価値還元を行うことで、新たな価値が創出され、さらなる利活用ビジネスの展開が狙える、まさに最注力すべき領域だと考えます。

テーマ3
パーソナルデータの第三者提供

プライバシーをめぐる国内外の動向に配慮しつつ、次に検討を開始すべきテーマです。サービスデザインから情報銀行やデータ取引所、外部事業者との連携を含めご提案が可能です。

パーソナルデータ利活用サービス全体像

パーソナルデータ利活用サービスは、高セキュリティなパーソナルデータ管理機能・認証/ユーザ管理・同意管理を中心に、お客様ひとりひとりへのレコメンド/マッチング機能をベースコンポーネントとしたマーケティングサービスです。
企業様毎のビジネスモデルに応じて、サービスデザインコンサルから、ペイメント、マーケティング、ヘルスケアサービス、DXアプリ/地域ウォレットなど、TISの様々なサービス/ソリューションとの組み合わせや、データ品質改善及び、企業様内部の個別システムとのインテグレーションにより、パーソナルデータ活用による新たな価値を創出します。
また、情報銀行/データ取引所との連携、第三者へのデータ提供管理など、高度なパーソナルデータ利活用にも対応します。

パーソナルデータ利活用サービスで実現できること

1.パーソナルデータの高度にセキュアな取り扱いを標準で提供

パーソナルデータ利活用ソリューションは、「情報銀行(※1)」等のテクノロジーであるPersonal Data Store等を核にOAuth/OpenIDConnect等の認証基盤と暗号鍵管理の仕組みを組み合わせ、パーソナルデータのセキュアな取り扱いを意識したアーキテクチャ(※2)に準拠したソリューションを標準でご提供します。

2.パーソナルデータ利活用による価値創出を柔軟な個別対応により実現

エンドユーザーから直接同意を得て取得したパーソナルデータを元に、ポイントやバリュー等に加え、パーソナライズしたレコメンドやマッチング提案等、データ提供者であるエンドユーザーへの価値還元を実現します。
パーソナルデータを利活用すること自体に価値を創出し、さらなる利活用ビジネスの展開をサポートします。

3.パーソナルデータの第三者提供を見据えて今後の構想をお手伝い

データの提供先や提供データそのものの分類等、第三者提供をビジネス化するための最適化(サービスデザイン)のご支援に加え、外部の情報銀行やデータ取引所とのシステム的な連携の検討も含め、自社で情報銀行を構築したい事業者をお手伝いします。

ユースケースのご紹介

パーソナルデータ利活用サービスで実現するいくつかのユースケースをご紹介します。
ユースケース群をベースとしつつ、貴社ニーズにあわせてのパーソナルデータ利活用をご提案します。

1.人と店舗のマッチング

特定のスポットに訪れた人に対して周辺店舗をレコメンドし、来店及びその後の決済のコンバージョンを計測します。

■レコメンド詳細
レコメンドには「属性マッチング」「VIPレコメンド」「実績/近隣表示」の3タイプがあり、ラッキースポット提示は「属性マッチング」での実施を中心に据え、VIPレコメンドに該当した場合にはラッキースポットのうちの1っをそれに差し換えるものとした。

2.人と商品のマッチング

ヘルスケアアプリを通して取得した、食事データなどのパーソナルデータとフィジカルスコアをもとに、おすすめの保険商品をレコメンドする仕組み等を実現します。

3.人と店員のマッチング

スタッフ/店員のパーソナリティや多様性がダイレクトに企業の付加価値となっていく可能性があります。
お客様のパーソナリティと店員のパーソナリティをマッチングしてより良いユーザー体験の提供を実現します。

ソリューションコンポーネントについて

下記コンポーネント群をベースとしつつ、貴社課題解決のためのインテグレーションをご提案できます。

【1】PDS(Personal Data Store)
PDS(Personal Data Store)は個人起点・個人主導のデータコントロールを実現するためのパーソナルデータ管理のための高セキュリティな基盤システムになります。
TISでは、Data Sign社のpaspit for X(*)等を活用しPersonal Data Storeを実現し、ユーザー個人の購買履歴等のデータを本人の意思の元で活用できます。

(*)paspit for XはDataSign社により提供されているPDS内蔵の情報銀行プラットフォームです。
DataSign社のpaspitは一般社団法人 日本IT団体連盟より「情報銀行」認定を取得しております。

【2】リコメンドコンポーネント
エンドユーザのパーソナルデータのペルソナを定義し、店舗/商品/店員などの属性情報とマッチングするレコメンドエンジンを提供します。

関連サービス

地域ウォレットサービス/ID決済プラットフォーム
https://www.tis.jp/service_solution/payment-platform/

TIS MARKETING CANVASについて

「TIS MARKETING CANVAS」は、顧客データとデジタル技術を活用することで、これまで以上にお客様を理解し、ユニファイドコマースの実現を支援する、全社統合型マーケティングプラットフォームのブランド名称です。
パーソナルデータだけでなく、さまざまな顧客データとデジタル技術を活用することで、これまで以上にお客様を理解し、ユニファイドコマースの実現を支援します。

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
パーソナルデータ利活用サービス-TIS Direct Web
パーソナルデータ利活用サービスのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。パーソナルデータ利活用サービスのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2021年10月4日 16時51分

PAGE TOP