サイト内検索
サイト内検索を閉じる

クラウド型経費精算システム Spendia

大手企業の経費精算業務はこれひとつで完結
日本企業のための次世代経費精算


Spendia(スペンディア)は企業がシステムに合わせていくスタイルではなく、日本のあらゆる業種・業態に存在する特有要件を考慮しフィットさせることで、企業のマネーコミュニケーションをサポートします。

サービス紹介資料をダウンロードする

経費精算でこんなお悩みはありませんか

  • 一般的な経費精算クラウドでは、独自の経費規程や日当計算ルールに対応できない
  • 部署やグループ会社毎の承認プロセスルールがありシステム化が難しい
  • 自社運用による法制度対応・システム改修に限界を感じている
  • SaaSを導入したいが導入後の社内教育やサポートが大変そう

Spendiaは経費精算に関わる
あらゆる業種・業態の特有要件にフィットします

Spendia(スペンディア)の特長

日本におけるペーパーレス・キャッシュレス社会の到来、従業員の経費精算にかかる時間を付加価値業務へシフトさせると共に、会社と従業員の間のお金にまつわる全てのやりとりの利便性を向上させることで、日本全体の生産性向上に寄与します。

スマートフォンでも簡単操作

  • 直観的に操作できて使いやすい
  • いつでもどこからでも簡単操作
  • マニュアルや説明会は最小限

設定が柔軟で自由度が高い

  • SaaSでもお客様固有要件を実現
  • コマンド入力不要で簡単にカスタマイズ
  • レイアウトやワークフローも自由に

標準で利用できる機能が豊富

  • 1ライセンスの標準機能が豊富
  • 様々な入力サポートで手間を削減
  • 規定違反・申請不備の自動チェック

日本特有業務への対応

  • インボイスや電帳法も対応
  • 経路検索や定期区間を自動控除
  • 仮払申請・精算や源泉税にも対応

大手・グループ企業にも最適

  • 複雑な規定や承認プロセスに対応
  • 階層構造でコストセンターを管理
  • 豊富な経費分析や管理機能

安心のサポート力と開発力

  • 経費精算業務のIT支援実績が豊富
  • 連携・導入・サポートまで支援
  • 信頼のPJマネジメント力とSI力

サービスを詳しく知りたい方はこちら
\1分で入力完了!事例や概要資料をダウンロード/

事例資料集はこちら

機能

詳細機能を見る

Spendiaの全体イメージ図

Spendiaは、申請・手配、支払・精算、分析・連携までワンストップで経費精算業務を支援します。

主要機能

スマートフォン対応

この機能を詳しく見る

入力サポート

この機能を詳しく見る

グループ管理機能

この機能を詳しく見る

自動仕訳・システム連携

この機能を詳しく見る

汎用ワークフロー

この機能を詳しく見る

インボイス制度対応

この機能を詳しく見る

導入事例 Spendia採用のポイント

大成建設 様

建設・10,000名以上(グループ連結)

  • 大規模なエンタープライズ企業での運用実績と用途適性
  • 国内企業が提供するサービスである点
  • 検討時点では未対応の機能でも新たに開発し実装するという柔軟なスタンス

さらに詳しく見る

ツネイシホールディングス 様

海運・造船・4,000名以上

  • 選定候補の中でも特にスマホアプリUIが優れていて直感的な操作が可能
  • ペーパーレスのため郵送が不要、かつ申請者への差戻しも容易
  • 画面上のパラメータを選択するのみで経費申請ルールが設定され、承認フローも直感的に設計できる

さらに詳しく見る

中部テレコミュニケーション(ctc) 様

通信・放送・500名以上

  • 承認・申請ともにスマホで対応可能
  • 生体認証でログインできる優れたユーザビリティ
  • 多彩な交通系ICカード(manaca、Suica等)と連携

さらに詳しく見る

八千代工業 様

製造・5,000名以上(グループ連結)

  • 出張先により異なる複雑な日当計算にも対応可能
  • 海外経費をドル建てで申請し、日本円に換算して精算可能
  • 画面の見やすさ・使いやすさ、スマホ対応の充実した機能

さらに詳しく見る

サマンサタバサジャパンリミテッド 様

アパレル・1,500名以上(グループ連結)

  • 外注先からの「支払依頼書」など、経費精算以外にも対応
  • メールアドレスのドメイン制限といった独自のポリシーにも対応
  • 移動中などの“すきま時間”を使って経費精算が可能

さらに詳しく見る

事例資料をダウンロードする

料金について

お客様の利用シーンに応じた料金プランをご用意しています。

見積もりを依頼する

Spendia関連ページ

Spendiaについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

機能詳細・画面イメージ 新機能や各業務担当者別の機能の詳細と、その画面イメージを紹介します。
電帳法令和3年度税制改正について 令和3年の電子帳簿保存法税制改正への対応についての情報を記載しています。
インボイス制度対応について Spendiaを活用したインボイス制度対応をご紹介します。

受賞実績

多くの利用ユーザー様やクラウドコンソーシアム団体など多方面から高い評価を受けています。

もっと詳しく見る

イベント・セミナー

Spendiaに関するセミナーや登壇イベントのお知らせです。

お客様と成長する経費精算SaaSで実現する経理DX
~大成建設様との共創事例~

開催日時:毎月1回開催中
オンライン開催・各回約30分間

セミナーに申し込む

大手企業の導入事例に学ぶ!
間接業務から始める経営管理DXの進め方
~経費精算プロセスのDX化を起点とした「実現可能なDX」とは?!~

オンデマンド配信期間:2024年3月31日(日)23:59まで閲覧可
オンライン配信・約30分間

セミナーに申し込む

セミナー・イベントを見る

お役立ちコンテンツ

Spendiaや経費精算に関するお役立ちコンテンツを閲覧または資料をすぐにダウンロードできます。

経費精算は、誰もが行う身近な業務でありながら、どこまで経費として認められるか知らない、といった声も聞かれます。そこで今回は経費精算にスポットを当て、その仕組みと課題、解決策をひも解いていきます。

資料をダウンロードする

いよいよインボイス制度が施行となりましたが、今からでも知っておくべき基本事項や役立つ知識をまとめました。 ぜひご覧いただいて、貴社の対策立案にお役立てください。

資料をダウンロードする

「スマホで完結」2分で見れるデモ動画

Spendia(スペンディア)が選ばれる理由“スマホファースト編”を2分間のデモで解説します。

「設定の柔軟性」2分で見れるデモ動画

Spendia(スペンディア)が選ばれる理由“設定の柔軟性”を約2分間のデモで解説します。

業種別コンテンツ

建設業

建設業界における経費精算業務の効率化を支援しています。建設業界が直面している2024年問題である人手不足の解消と労働生産性の改善の一歩を経理DXで実現します。

詳しく見る

サービスを詳しく知りたい方はこちら
\1分で入力完了!事例や概要資料をダウンロード/

事例資料集はこちら

PAGE TOP

サービスに関する資料をご希望の方は、フォームに必要事項を入力いただき、ご送信ください。

資料を請求する

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
クラウド型経費精算システム Spendia-TIS Direct Web
クラウド型経費精算システム Spendiaのページです。TIS Direct Webではお客様の最適なパートナーとして様々なITソリューションを提供しています。業種やキーワードなどからお客様に最適なソリューションをご紹介。また実際のITソリューションのケーススタディ・事例も豊富にご紹介しています。クラウド型経費精算システム Spendiaのご相談ならTIS Direct Webにおまかせ下さいませ。

更新日時:2024年1月24日 14時33分